近所でも評判の美人妻を植木職人に抱かせた・後編

この体験談は約 7 分で読めます。

小由里の狼狽ぶりを楽しんだ後、Aさんは乳首を舐め始めた。
小由里は我慢を決め込んだのかまったく反応がない。
乳首を舐める音が聞こえる。
先ほどと同じように勃起していた。

「小由里さん、乳首が硬くなってきたよ。気持ちがいいんじゃないのか?」

「気持ちよくなんかありません。もうやめてください」

Aさんは、「じゃここはどうかなぁ」と言って、いきなりツルツルのおまんこを舐めた。

「ヒイィ!!いや、そこはやめてぇ・・・!」

舐められた瞬間、小由里は身体をビクつかせた。
さすがに一番敏感なところをいきなり舐められ、体に電気が流れたようだ。
それでも小由里はシーツの端を掴み必死に我慢している。
また、先程と同じようにクチャクチャと音がした。

「小由里さん、いや、いやと言っている割にはもうここはビショビショですよ。こういうことされるの好きなんじゃないの?」

「いや、そんなことない。いや、舐めないで・・・!」

小由里がちょっと上擦った声で言った次の瞬間、Aさんは指を膣に入れてきた。

「うぅ・・・、やめて、指を入れないで!」

小由里は哀願したが、眉間にはシワが・・・。
そう、眉間にシワを作るのは、かなり感じている時である。
指を執拗にこねくり回すAさん。
その指は小由里のGスポットを確実に捕らえている。
小由里はイク寸前までなっていた。

突然、Aさんの指が抜かれた。
すると小由里は、『なぜやめるの?』という顔をしていた。
それを何度も繰り返すAさん。
小由里はもうイキたくて我慢ができなくなっている。
Aさんは小由里の顔に大きく反りかえった肉棒を持っていき、「舐めろ!」と命令した。
小由里はそれでも「いやです」と言ったが、鼻フックで口は開きっぱなしである。
頭を抱えると無理やり突っ込んだ。
ノドまで入れられたのか小由里は苦しそうにしていた。

「上手に舐めないと鋏が刺さるぞ!」

脅された小由里は私の肉棒を舐めるように舌を使い舐め始めた。

「袋も舐めろ!」

Aさんは自分で肉棒を持ち上げ、袋を小由里の口元に持っていく。
小由里は舌を伸ばしゆっくり舐めていく。
するとAさんは道具箱から1本のバイブを取り出した。
小由里に舐めさせたまま、そのバイブを小由里の蜜壷の中に埋め込んだのだ。
もちろんバイブは初めての経験である。
入れられた瞬間、小由里は口から肉棒を出し、「うぅ、ダメぇ・・・」と言った。

「やめるんじゃない」

Aさんは無視してそのバイブを出し入れし始めた。

「うぅ・・・やめて、いやぁ・・・」

小由里は叫びながらも感じていた。
バイブの音が室内に響く。
小由里はその瞬間、「うぅ・・・いやぁ・・・ダメ!止めてぇ・・・」と言ったが、構わず出し入れを続ける。

「気持ちいいだろう?気持ちがよければ素直にいいと言いなさい。小由里さん、イッてもいいんだよ」

「気持ち・・・よく・・・なんか・・・!」

口では言っているが身体はもう・・・。

「強情な人だなぁ。じゃこれはどうだ?」

そう言って言いバイブの振動を最強にした。
その瞬間小由里は、「あぁ・・・あ、ダメ・・・いい・・・、感じるからやめて!」と言った。

「だからイキなさいよ」

「いや、いや、イキたくな・・・い」

Aさんは強情な小由里にバイブを根元まで奥に突っ込んだ。
すると小由里は、「あぁ・・・イク、イク、イッちゃう・・・ぅ、あぁ・・・あ」と言って気を失ってしまった。

小由里が私以外でイッたのを見たのは初めてである。
私はすごく興奮していた。
いつの間にか右手で自分の肉棒を掴んでいたが、いつにも増して膨張していた。

気を失った小由里にAさんがバイブを抜き、自分の肉棒をグチャグチャに濡れた蜜壷にあてがった。

「さあ、お待ちかね。本物を入れるぞ」

「やめて・・・それだけはやめてください」

失神から目覚め、気丈にも最後まで抵抗する小由里だったが、そんな願いも虚しく少しずつ中に沈めていった。

「いいのかい。旦那以外の男のモノが入っていくぞ」

「いやぁ・・・ぁ、入れないで」

小由里は泣き叫んだが、容赦なく肉棒は沈められた。

「さあ、これで小由里さんと一つになったよ」

奥までしっかり入れるとAさんはリズミカルに前後に腰を動かす。
小由里はすでにバイブでイカされているため身体が勝手に反応してしまう。

「あぁ・・・いやぁ・・・」と言いながらも小由里の腰は動いていた。

ピストンにスピードを加えると、「いや、動かさないで・・・ダメ・・・」と言いながらシーツの端を握り締めていた。
お構いなしにスピードをあげると、「あぁ・・・いや・・・ダメ・・・ダメ・・・ダメ・・・」と言い、早くもイク寸前であった。

「どうです。小由里さん、ご主人のモノよりいいでしょ?」

小由里は、「いやぁ、抜いてぇ・・・」と言うのがやっとだった。

Aさんは両足を自分の肩まで持ち上げ、さらに蜜壷奥深く肉棒を突き立てていた。
膣の奥にAさんの肉棒が当たり、小由里はもうイク寸前だった。

「イケよ。素直に!」

小由里が、「いやぁ、イカない、イカないょ・・・ぅ」と言ったその時、Aさんの動きが止まった。
小由里は首を振って催促しているように見えた。

「何だ。身体は欲しがっているようだな」

「・・・」

「口を開けろ」

小由里はAさんの言うままに口を開ける。
Aさんはその口の中に唾を流し込む。
ゴクゴクと小由里の喉が鳴っている。

「どうだ。美味しいか?」

「・・・」

小由里は何も答えない。
Aさんは小由里と唇を重ねる。
小由里はもう嫌がらない。
積極的に舌を動かし、Aさんの舌を自ら吸い上げ、絡ませている。
お互いの唾液が絡みつく。
唇を離すと唾液が糸を引いている。
Aさんの肉棒は小由里の膣に入ったままであったが、動きだした。

「あぁ、イッちゃう、あなた、ごめんなさい・・・ん、イッちゃう」

そこでまたAさんの動きが止まった。

「いや、イカせて、お願い、もっと突いてぇ・・・」

とうとう小由里が言った。
Aさんがここぞとばかりに、「またやらしてくれるか?」と聞くと、「いい・・・」と答えた。

「もっとはっきり、『また小由里のおまんこに入れてください』と言え!」

そう言いながらピストンを速めるAさん。

「あぁ・・・ぁ、いい・・・ぃ、また・・・小由里・・・のお・ま・ん・こに入れてぇくださいぃ・・・。うぅ・・・ぅ、イクイクイクイク、あぁ・・・ぁ、イッちゃうう・・・う」

大きく身体を反らして・・・とうとう小由里はイッてしまった。
それでもAさんは突きまくった。
それから先は何回も何回も小由里はイカされた。

Aさんもやっとイク準備ができたのか、小由里の蜜壷から抜き取り、小由里の口へ、そのマン汁で濡れた肉棒を刺し入れた。
そして大量の精子を小由里の口の中に吐き出した。

「こぼすなよ。全部飲むんだ!」

命令され、喉を鳴らして小由里は飲み干した。
それでも肉棒は衰えを知らず天を向いていた。
そしてまた密壷の中へと突っ込んだ。
今度は先程よりもっと激しく突きまくっていた。
もう両手首を縛っていた紐は解かれていたが、小由里はその両手をAさんの背中にまわし、全身を痙攣させて・・・。

「うぅ・・・ぅ、あぁ・・・あ、ダメぇ・・・死ぬぅ・・・ぅ、死ぬぅ・・・壊れる、壊れる・・・ぅ、あぁ・・・あぁ・・・ぁ」と、白目を剥いて失神した。

Aさんは容赦なく、それでも突きまくっていた。
小由里は時おり目を開け、何回も何回も快感に酔っていた。

最後は体位を変え、小由里を四つん這いにしてバックから責める。
くちゃくちゃといやらしい音が響く。
垂れ下がった2つの乳房を揉みしだくAさん。
小由里の両手を背中に回し、交差させ、腹這いにする。
Aさんの胸が背中に密着しているため、縄で縛りあげたように両手は動かせない。

この状態でAさんは小由里の顔をまっすぐに起こし、両側から口の中に両手の指を入れて引っ張った。
小由里の歯茎が剥き出しになる。
2人の前に手鏡が立て掛けてあり、小由里の顔が写し出されている。
小由里は舌を伸ばし、盛んに動かしている。
もう意識は快楽に酔ってどこかに行ってしまってるようだ。

「そんなにいいのかい、奥さん。旦那以外の男にこんな姿で抱かれて感じているんだよ。お前はドスケベで淫乱な女なんだ」

小由里の耳元で囁く。
もう小由里はされるがままである。

「イクぞ!中に出すぞ!」

「いやぁ・・・ダメぁ・・・中はいやぁ・・・外にしてぇ・・・」

力のない声で言う小由里。
しかしAさんは蜜壷へ、ありったけの精子を放出した。

「イやぁ・・・あぁ・・・イク・・・う・・・」

同時に小由里も果てた。
Aさんが小由里のおまんこから肉棒を抜くと精子がいやらしく流れ出た。

「これでもう小由里は俺のものだ。もう俺の言うことを聞くしかない」

「もう勘弁してください。もう嫌です」

するとAさんはビデオを再生して見せた。
再生されたビデオからは、『あぁ・・・ぁ、いい・・・ぃ、また・・・小由里・・・のお・ま・ん・こに入れて・・・ぇください・・・ぃ』という部分が映し出されていた。
小由里は、「あぁ、いや、止めて」と耳を押さえながら涙を流していた。

「わかっただろう。もう言うことを聞くしかないことが。でないとこのビデオをご主人にもご近所にも配るからな」

小由里はただ黙って泣いていた。

「わかったのか!」

Aさんが大きな声で言うと、小由里は頷いていた。

「今日はこのくらいにするが、次は尻の穴を調教してやるよ」

私はここまで見届けるとそっと外に出た。
何だか頭がボーっとしている。

その日の晩、いつもの時間に私が帰宅すると小由里はやはりいつもとは違った雰囲気だった。
私が「どうした?具合でも悪いのか?」と聞いても、「いいえ、ちょっと疲れただけです」と、本当のことは言わなかった。
言えるはずはないか・・・。

その夜、小由里の身体を求めた。
するといつも以上に何かを振り払うかのように小由里は燃えていた。
私も昼間のことを思い出し、いつも以上に興奮し、激しく交わった。

昼間見たように歯茎にも舌を伸ばしてみた。
小由里は最初ビクッと身体を震わせたが何も言わない。
それより同じように私の歯茎に舌を伸ばしてきた。
なんとも言えない感覚であるが悪くはない。

あれから3日が経った土曜日、Aさんと会った。

「小由里さんのことが気に入った。これからも頼むよ」

あんなセックスを見せられては小由里がどうなるかわからない。

「いや、もうあれで十分だ」

「いや俺はまだ満足していない。もっと楽しませてもらうよ。それにビデオが俺の手にあることを忘れるなよ。嫌なら近所にばら撒くだけだ」

Aさんの豹変ぶりを見て、初めて後悔の念が湧いた。
だが後の祭りである。

あれから3ヶ月・・・。
私が仕事に行っている間、Aさんは自由に我が家に入り浸り、飽きるまで小由里の身体で変態行為を楽しんでいる。
小由里は今ではAさんの言うことなら何でも受け入れる淫乱女に成り下がっている。
あの清楚な小由里の姿はどこにもない・・・。
ほぼ毎日のようなセックス漬けのせいか、体つきもいやらしく変わってしまった。