さすが吹奏楽部!巨乳女子の素晴らしいフェラテク

この体験談は約 3 分で読めます。

とりあえず、当時のスペック。
俺:高2、顔はまあまあと言われる。
告白はたまーに受ける程度。
本当に普通。
サッカー部。
大手ではなく、たいしたことのない塾に通ってる。
でも学校は、県内じゃ一番頭のいい私立高校。
って言ってもここは公立の方が頭いいのでその滑り止め。
俺もその一人。

女の子:高2、普通に可愛い。
ケバくもないし、いい子。
けど、あんまりモテたりしてるのは見たことない。
Cカップらしい。
吹奏楽部。

塾が同じ。
よく話はするけどあんまり知らない。
塾はしょぼいので、近くの広い三階建ての公民館でやってる。
生徒は10人くらい。

では本題。
まあ冷静に考えたら恥ずかしいんだけど、その頃、彼女と別れたばっかりで、勉強より彼女が欲しくてたまらなかったんだ。
んで目を付けたのがこの子。
って言っても、この子は俺に好意を持ってるらしくて、なかなか素晴らしい乳を持っていたから、っていうのが本音。
実際に好意があるからかは知らんが、たまーに腕に乳を腕に当ててくる(当たってる?)んだ。
で、こいつでいいかなーみたいな感じ。

そして、その子(Cって呼ぶことにする)は、俺の女友達(テニス部)とも仲良くて、俺のメアドを教えてもらったらしい。
これは1年の時の話。
なので、まだCに興味なかったから、メールが来ても流したり軽くあしらってた。
正直毎日のように来るからウザかったのだが、そこは我慢してた。

で、2年生になったらクラス替えがあって、俺はさっきのテニスの女の子(以下T)と同じクラスの1組。
Cは3組。
で、その時は部活も忙しかったから、まだ俺は塾には行ってなかった。
Cは行ってた。
んで俺は夏期講習から入ることにしたんだ、Cが居たことは知らん。
そして会うわけだけど、まあまあCと話すのは楽しかった。
で、まあ自分で言うのもなんだが、まだ受験生モードってわけじゃないのでイチャイチャとかしてたわけです。

で、彼女と別れたというのが、この頃。
んで俺は、Cのメールを再開することにしたわけだ。
何日かメールしてたある日、ふざけてエロいメールを送ってみた。
(以下メールの内容)

俺『Cっておっぱい大きいよね~』

C『え、なに?興味ある?』

俺『いや、どのくらいかなーって』

C『触った?』

俺『(ここで普段当たってることを言うと変態がられるかなと思い)いやー』

C『ですよね』

俺『なら触らせてよ』

C『えー・・・』

それから3分後、Cから返信があった。

C『俺君ならいいよ』

正直意外だった、ガードが固そうだったから。

俺『マジで?じゃあ今度触らせてよー』

C『うん』

俺『ありがとーwwwじゃあ眠いからまたねー』

C『うん』

で、その今度っていうのがいつかは決まらず、毎日だらだらとエロメールをしてました。
するとCの方から・・・。

『この前言ってたのいつ?私はいつでもいいけどさ』

キターーーー♪と思いつつ、冷静にメール。

俺『じゃあ今度の塾の休み時間に・・・1回』

C『う、うん、分かった』

で、問題の塾の日。
いざとなるとビビるのね。
するとCが休み時間に席を立ったのよ。
で、おもむろにこっち見たのよ。
マジかと思いつつ、みんなにばれないように2階へ移動。
俺たち以外には誰もいない。
そして、なんか知らんがブラジャー姿になってたCがソファの上にいた。
まだ経験の少ない俺は興奮して飛びつきましたよ。
まあ恥ずかしい話ですけど、興奮し過ぎて、おっぱいの件はあんまり覚えてません。

っていうのも、成り行きで、そのままフェラってもらったから。
休み時間だったので時間は短かったけど、(さすが吹奏楽部!)と言わんばかりの素晴らしいフェラで抜いてもらいました。
絶対Cは経験あるなと思った。

まあ、特に後日談もないんで終わりです。
ここまでいい流れできて尻すぼみですみません。
文句は、あの頃のヘタレな俺に言ってくれ!