取引先の社長に嫁を気に入られて・・・。

この体験談は約 3 分で読めます。

仕事上で大口取引先だと断れない事情があるよな。
きっかけは取引先主催のパーティ。
夫婦で出席するのが慣例なんだけど、そこで俺の嫁を見て社長が気に入ってしまった。

嫁は女子高、女子大を経て清楚な感じの、中年男から見たら『一度は~』というタイプだ。

このご時世、大口に逃げられるのはつらい。
泣く泣く引き受けたわけだ。
30歳手前の嫁には刺激が強すぎたとは思う。

当日はゴルフ旅行という名目だった。
社長夫妻と俺達夫婦4人でまわった。
夕食は2人で食べたが嫁の口数が少なかった。

「後悔してないか?嫌だったら今断って帰ろう」

「しょうがないじゃない、お仕事のためでしょ」

俺の目に涙が滲んだ。
社長夫妻の泊まるロッジに入っていった。
シャワーを浴びて、新しい下着とガウンを身に着けた。
緊張してるだろうからとワインを4人で飲んだ。
そして社長は嫁の傍に座り、奥さんは俺のそばに座った。

「じゃあ、そろそろ」と社長が口火をきった。

嫁はカチコチになっている。
俺は奥さんとキスをした。
50歳を過ぎた熟年の肌はあまり好きでなかった。
社長も嫁にキスをしながらガウンを脱がした。
ブラジャーとパンティになった嫁。

「素晴らしい体だ。綺麗だね」と社長。

恥ずかしがる嫁を3人で見た。

「本当に綺麗ね。羨ましいわ」と奥さん。

社長は嫁の腰に手を回し、嫁に夫婦生活や過去の質問をしていた。

その後、ブラを外し、いよいよ始まった。
Dカップの胸を社長が吸い始めた。
いつもと違い、固くなっている嫁。
俺は奥さんとしながら嫁を見ていた。

嫁が喘いでいる。
喘いでいると言っても俺に遠慮しているようだった。
社長が嫁の体を舐め回している。
この頃から嫉妬に似た感情を憶えた。

社長がパンティに手をかけた時、嫁が手で押さえて抵抗したようだった。
でも社長が脱がしてしまった。
嫁は手で顔を覆った。
クンニをしていた。
喘ぎながら嫁が、「いやー」と言った。
その時は一瞬体を起して嫁を見た。
社長が嫁に「大丈夫だよ」と促している。

コンドームを装着し、嫁の足が広げられた。
広げられないように頑張っている嫁。
心の中で申し訳ないと思った。
いよいよだ・・・。
俺は入れたれるところを見ていた。
体中が熱くなった。

嫁が、「あ~ん、あ~」と喘ぎながらも手で顔を覆っていた。
しばらくピストン運動をされていた。
嫁の白い乳房が揺れていた。
体位を変えられてはピストンを繰り返されていた。
嫁がだんだんオルガズムに近づいてきた。
でもイクまいとしていた嫁。

「奥さん、イキそうかい?」

「いや~」と声で抵抗する嫁。

深く挿入され、激しく腰を動かす社長。
嫁はイクことが妻として申し訳ないと涙を流し始めた。
そして涙を流しながらも社長と同時に昇天した。

「ごめんごめん」となだめながら嫁を愛撫する社長。

取引とはいえ、胸がカーッと熱くなった。

嫁のことで熱くなったのはこれで2度目だった。
1度目は嫁の過去の遍歴を知った時だ。
嫁とは仕事絡みで付き合いのある教授夫人からの紹介だった。

「いいお嬢さんがいるから」との夫人に誘いに応じた俺。

2人は意気投合した。
とんとん拍子で婚約。
式の日取りも決めた。

その頃、教授の出版記念のパーティに参加した俺達。
会場を2人でまわっている時に嫁と目が合った俺と同じくらいの男。
某大の講師だった。
その時の講師と嫁の視線が忘れられなかった。

「結婚するんだから、もう過去のことはいいから、洗いざらい言って欲しい」と嫁に言った。

講師は嫁の初彼だった。
それも俺と同い年。
嫁が高校受験の時に勉強を教えてもらった塾の講師だった。
相手はその時、大学生。
嫁はその甲斐あって憧れのセーラー服を着ることが出来た。
高校生と大学生のカップルだった。
イケメンで頭のいい大学生に嫁は口説かれ、処女を捧げていた。

洋服ダンスの中にあるセーラー服をあの男が脱がしたんだと思うと目頭が熱くなった。