無我夢中で友達のアソコをペロペロ舐めた

この体験談は約 3 分で読めます。

当時、私は中2。
相手は友人、というか親友。

都内の女子中というのもあったのか、結構いちゃいちゃしてた。
でも私は彼女を、親友というより恋人みたいな感じで扱ってた。

で、ある日、放課後に2人でMD聞いてたら、ふと彼女の脚が目に入る。
彼女は目線を察知して、笑いながら「どこ見てんだよ」と私の頭を叩いた。
しかしその後、「ひどいよー」とおどける私に向かって一言。

「そんなに見たいの?はい」

彼女はがばっと脚を開いてスカートを捲くった。
私が“そういう目”で見ていたことに、たぶん気付いてたんだろうな。
遠慮なくキスして、押し倒して、そのまま最後まで。

で、彼女の胸をブラウス越しに触った。
意外と胸があるので柔らかく、揉んでるこっちもうっとり。
息遣いがだんだん荒くなってくる。
ブラウスをたくし上げて、ブラの上からチュー。
それからブラ外した。

女の子の胸って、本当に温かくて柔らかい。
これ本当。
いい匂いもするし。
で、がっつくように舐め上げてしまった。
ごめんね、彼女。

最初は彼女、息吐くだけだったんだけど、ちょっとずつ声を上げ始める。
甘噛みすると、アンアン言ってた。
痛かったのかな・・・そこまで頭回らんかった。

そこら辺で上はストップ、次は下。
捲っておいたスカートの間に顔を埋めて、下着の上からチューって少し吸う。
脱がせて、初めてまじまじと彼女のアソコを見た。
汚いとか、そういうのは全然思わなかった。
ためらわず顔を埋めた。
無我夢中だったのかも知らんけどねw

舐めた感覚とか覚えているのは熱かったことだけ。
あと、クリがしょっぱかったなぁ。
鉄の味に近いっていうか、熱いというか。

クリを舌全体で押し上げると、腰がびくっと跳ねる。
人差し指と親指でクリクリしながら、先っちょを舌先でつついたりした。
普段オナってる時から考えてるシチュを実行するのって、案外難しい・・・。
それでもちょっとは感じてくれたみたいで、鼻にかかるような声を出してた。

彼女の中に指を入れると、また本当に熱い。
ヌルヌルする。
自分がオナニーの時に感じるポイントっていうのをなんとなく探って、そこを刺激しながらクリにもチューした。
もうここから頭真っ白。
本能。
イク時って案外呆気ないんだなー、とか思ってたような気がする。

「イッちゃう、イッちゃう・・・イッちゃうっ・・・!」

って彼女は連呼してた。

・・・あ、そういや私は何もされてない・・・。
アソコを合わせたりとかしたかったなぁ・・・。

事がすんで、最終下校のチャイムも鳴った。
先生が見回りに来るので、とっとと身支度をして帰る準備をする。
この間一切無言。
お互い喋るに喋れなかった。
濡れたまんまのアソコを拭いてやるとか、そういう心遣いができなかった。

でも校門を出るとき、さりげなく向こうが手を握ってくれた。
なんだか申し訳なくて情けなくて嬉しくて、わけわからんまま涙。
彼女は笑って、私を蹴っ飛ばしてくれた。
帰り道に色んなことを話した。
彼女もちょっと眉を潜めながら、うんうんと頷いて聞いてくれてた。
別れ際、彼女が迎えの車に乗る前に言った一言、今でも忘れてない。

「好きとか分からないけど、でもお前のこと好きだから」

よくよく考えてみるとなんだか意味不明だけど、嬉しかったなぁ・・・。
中学生なりに彼女のことを愛していたから、今会えないのが辛い・・・。
これ書いていたら会いたくなった。
今度会いに行こう!