ナンパされて友達に見られながら体育会系とセックス

この体験談は約 6 分で読めます。

高校3年のときなんだけど、ちょうど卒業間近で、女友達と4人で飲みに行ったんです。
といっても、それまでお酒飲んだこともなかったんですけど。
ちょうど卒業するし、大学も決まったし、いいか、みたいなちょっと背伸び気分ですね。
みんなあんまり飲んだことはなかったと思います。
私自身も家で勧められた時にちょっとしか飲んだことはありませんでした。

で、せっかくだし、大衆居酒屋みたいなところは嫌だなと思ったんで、バーみたいな所を探したんです。
本とかインターネットで。
で、見つけたのが渋谷駅から30分くらい歩くところにあったバーでした。
本に雰囲気がいいとかって書いてあったし、なにより自分ら女子高生のくせに渋谷へ行ったことなんて2回くらいしかなかったし。

メンバーは、自分で言うのもなんですが、そこそこ可愛いメンバーでした。
まあ私を除いてって感じですが。
私も人並みで、そんなひどくはないと思います。
中でもゆきちゃんと、さーちゃんは可愛かったな。
横浜を歩いていれば必ず声かけられました。

で、バーに着いたんですが、私が想像してたのは、ジャズとかかかってる小粋な感じだったんですが、結構騒がしい感じのお店でした。
まあそれでも店内は盛り上がってるし、さりげなく入店することに成功。
でも、何を頼んでいいかわからない・・・。
みんなでひそひそ相談して、ビールやらカクテルやら頼んで、食べ物も頼んだりしました。

女3人揃えばなんとかってやつで、結構盛り上がってキャッキャ騒いでたら、声をかけられました。
3人組の20代前半で、結構かっこよさげでした。
私は女の子同士での話が楽しかったので、なんかやだなーとか思っていたんですが、やっぱりお酒が入ったのと、いつもよりちょっと都会で遊んでいるということとか、大学が決まった開放感とかもあって、私以外の3人は結構話を合わせたり、返事をしたりしていました。
って、こう書くと、なんだかナンパされて盛り上がる3人に僻むブスが私みたいじゃん!
ち、違いますよ、本当です・・・うう・・・。

まあ、そんな流れもあったんだけど、とにかく相手は話もめちゃめちゃ上手かったんです。
笑えるし。
それにこっちは4人で、あっちは3人っていうのも安心感がありました。

男の人のうち、2人はジャニーズ系のロンゲと短髪。
もう1人もかっこよかったけど、体育会系の髭。

「ここは俺らが奢るよ!」とか言ってくれたし、大学の過ごし方とか教えてくれたりもして結構楽しい時間が過ぎました。
結局、お金は払いました、悪いし。

その後、お店を出た段階で、私たちは(少なくとも私は。でもみんなも私以上に飲んでた)結構グロッキー。
この人たち、お酒強いなーとか思ってました。
同じペースでガンガン飲んでたのに。
まあ今考えるに、あっちはビールでこっちはカクテルじゃ、そりゃこっちの方が酔うわ。

んで、グロッキーだったから帰ろうと思って、「帰ろうか?」と言う私たち。

「もう一軒くらい行かない?」と、引き止める男たち。

当たり前か。
えーと、当時みんなは彼氏がいたか現在進行中だったので、4人とも経験はありました。
私はそのときは彼氏はいませんでしたが、高校1~2年で2人と付き合ったことがあり、一応経験済みでした。

それで2次会はいわゆるフランチャイズの飲み屋だったんですが、ここで私たちは罠にかかりました。
当時、当然お酒の知識なんてない私たちに、「俺らはビールを飲むから、君たちは女の子だからカクテルね、弱いから大丈夫だよ!」と飲ます飲ます。
私でも5杯くらい飲んだんで、みんなはもっと飲んでたと思います。
まあ話が面白かったから飲んじゃったってのもあるんだけど。
皆さん、女の子に飲ませたいなら話術を磨いた方がいいと思いますよw

で、当然グロッキーになる私たち。
ここで意識が途切れます、プツーンと。
その居酒屋から出た覚えすら全くありません。
後で聞いた話だと、ここでめちゃめちゃ酔っ払った私たちを連れ出したものの、私たちの1人が帰ると強固に主張。
で、本当に1人で帰ってしまったとのこと。
残った、ゆきちゃん、さーちゃん、私は3次会ということで(なぜだか私たち3人は同意したらしい。アホだ・・・)、ジャニーズ系の短髪の家に向かったそうです。
これで3対3。

で、私がハッと目を覚ますと、そこは知らない人の家。
ゆきちゃんとさーちゃんは結構酔いも醒めてきていたのか、5人でキャッキャ騒いでいました。
(つまり、私だけ寝てた)
ゆきちゃんとさーちゃんはそれぞれロンゲと短髪とカップルみたいな感じで話してて、私が起きたのを見て、「きゃー、美沙ちゃんが起きたー」ってことで、それまであぶれてた体育会系が私の方に寄ってきました。
私はまだ酔っててふらふら。
記憶は曖昧ですが、ゆきちゃんとさーちゃんは、ジャニーズ系と話しながらときどき笑ってました。
私は眠いなーとか思いながら体育会系と話したり、お菓子食べたりしてたと思います。

そのうちジャニーズ系とゆきちゃんが、「隣で話そう」ということになったらしく、ロンゲと隣の部屋へ。
さーちゃんは、「ちょっとドライブに行ってくる」と短髪と外に出て行きました。
(それ飲酒運転・・・)
私はというと、さしたる危機感もなく、お菓子をもしゃもしゃと食べてました。
そのうち話すこともなくなって、私は1人でお菓子を(まだ食べてるのか・・・)。
体育会系はつまんなくなったのか、隣の部屋に行きました。
と思ったら、すぐニヤニヤしながら戻ってくる体育会系。

「ちょっと来いよ」

小さい声で私を隣の部屋の方へ誘導する体育会系。
そーっと隣の部屋の前まで行くと・・・。

「あ・・・あん、だめえー」

全然ダメそうじゃない声が聞こえてきました。

(ゆきちゃん、やってるーーー!?)

顔が真っ赤になる私。
でも、さすがにドアは開けられない。
おろおろする私にお構いなしに進む現実。

「ああんっ!だめ・・・ね・・・伊藤さん(ロンゲ)・・・聞こえちゃうよ!ね、ホテルとか・・・」

「聞こえねえって、さーちゃんはドライブに行っちゃったし、隣は寝てるよ」

「えーでもー。やーん」

(いや、聞いてます)と、思うんだけど、元の部屋にも戻れないし、隣では体育会系がニヤニヤしながら私を見てるし。

「えええええ!?ちょっと、ありえなくない?マジで?」

混乱してコギャル口調になる私。

「ありえねえよな。やってるし」と体育会系。

そして進む現実。
なんかもう入っちゃってる感じだし。
真っ赤になって、でも声はしっかり聞いてる私に対して、体育会系はいきなり立ち上がると、「おーーーす!!やってるーーー!」とドアを開けました。
(ありえない・・・)と思ってると・・・。

「きゃ!」

本気でビックリしたゆきちゃんの声(可愛かった)

「おい!!マジかよ、てめえ!」

これはロンゲの声。
向こうの景色は壮絶でした。
布団に全裸の2人。
ロンゲは座ってて、その上にゆきちゃんが抱え上げられて、ビックリしたゆきちゃんはロンゲにしがみついてました。
そして、いきなり下を脱ぎだす体育会系。

「よし!ゆきちゃん。マジしゃぶって、しゃぶって」

「や、やだ!きゃーーー!」

「いや、ちょっと待て、お前。マジでやめて、つか何でそんなに立ってだよ!」

固まる私。
さらにスパークする体育会系。

「ねえ、マジで入ってるでしょ?入ってるとこ見せて。つーかおっぱい揉ませて。ゆきちゃん」

固まるゆきちゃん。

「お前さー!いや、わかった。マジ勘弁して。萎えちゃうし!1発終わるくらいまで待ってろよ!美沙ちゃんとやればいいじゃん!」

ここでやっと我に返る私。

「だって美沙ちゃん、お前らのセックスを覗くので夢中なんだよ!たぶん見てる方が好きなんだよ!あ、そうだ!一緒にやろうぜ!」

「無理に決まってんだろ!死ね!頼むから隣の部屋に帰ってくれ」

弱るロンゲ。
たぶんうまいコンビだと今思うのは、そこでさらっと踵を返す体育会系。

「おら!覗いてんじゃねえ!美沙!帰るぞ!」

そう言って私をお姫様抱っこする体育会系。
なぜか爆笑する私たち。
隣の部屋に帰ると、体育会系は私をソファーに下ろし、そのソファーをずりずりと壁際まで引きずりました。

「一緒に覗き聞こうぜ!」

とか言ってドアに耳をつける体育会系。
素直に聞く私。

「あーんっやん・・・恥ずかしかったー」

ドアの向こうから聞こえる声。
とにかく私も隣を見て濡れちゃってるし、完全にやるムードなんだけど、ちょっとかわいこちゃんぶってみる。

「会ってすぐはやだ・・・」

「ゴメン、会ってすぐがいいんだ。結婚するから!」

「それもやだ」

「いいからスカートまくろう。な、美沙」

人の話を全く聞かない体育会系。

「いいからいいから」

もうしょうがないかと覚悟を決めて、結局エッチすることにしました。
やっぱり体育会系は遊んでるだけあって上手で、やってる最中の記憶はほとんどなし。
結構叫んでた記憶はあるけど。
途中から隣の部屋の声もヒートアップしてるし。

そんな感じで1回戦は終わったんだけど、まったりしていたら体育会系がフェラを要求。
素直にしてあげたら、「スカート穿いてしてくんない?」と追加要求。
なんか変態っぽいと思いながらもスカートをゴソゴソと穿く私。
で、チロチロ舐めてあげてたら、体育会系がニヤニヤ笑いながら、「もっと吸い込んで」って言ってきたので、でなんか悔しくて(ニヤニヤすんな!)しごいてあげながら、首を回してエロっぽくサービス。

すると、「おーーーす!!やってるーーー!」といきなり入ってくるロンゲ。

ロンゲに手を引かれてるゆきちゃんは全裸。
真っ赤になって座り込む私。
ニヤニヤが止まらない体育会系。
フェラチオをフルコースでサービスしてるとこ見られた私・・・。
マジでショックでした。

4人で一緒に、とはならなかったけど、結局、隣ではじめるゆきちゃんとロンゲ、そして体育会系と私って感じで、朝まで続きました。
大学に入る前の話だけど、たぶん今までで一番エロい記憶かも。
今でもたまに体育会系と会っているのはみんなには内緒です。

タイトルとURLをコピーしました