いやらしすぎる未亡人

この体験談は約 3 分で読めます。

今から20年以上前のこと。
大学生の時、小学校3年生の男の子の家庭教師をすることになりました。
母子家庭なのに豪邸住まいだし、初めから“何か訳ありかな?”なんて思っていました。

3回ほど通った時に、男の子から、「先生はすぐに辞めないよね?」と聞かれました。
その時は何のことか意味がわかりませんでした。

ひと月ほどした時に、「今度の土曜日は息子の誕生日なので、勉強の後にお食事をなさってください」と言われました。

当日、7時頃に勉強を終え、早速食事をごちそうになりました。
勧められるままワインを飲み、9時頃になると、「もうおやすみの時間よ。先生にご挨拶をして!」と母親が言うので、「私もそろそろ失礼します」と言ったところ、「もう少しいてください」と言われ・・・。
しかし母親は二階にある息子の寝室に行き、なかなか戻ってきません。
私はほろ酔い気分で睡魔に襲われ、ついうとうと・・・。

10時頃に目が覚めると、母親はネグリジェに着替えて私の横にいて、ワインを飲んでいました。
少しどぎまぎして、「そろそろ失礼します」と言うと、「先生、今夜はお泊まりになって・・・ゆっくり飲みましょうよ!」と。
母親は30半ばで色白で豊満な肉体をしていて、私はその色気に圧倒されていました。

「はあ・・・でもいいんですか?」と答えるのが精一杯でした。

それから深夜まで二人でワインを飲みながら色々話をしました。
彼女は21歳の時に35歳年上のご主人と結婚しましたが、3年前に癌でご主人を亡くしたそうです。
それからは寂しい生活を送っているとのこと。
時間が経つうちに、お互いにうち解けてきたのか、彼女はきわどいことも口にするようになってきました。

「私ね、主人以外の男性は知らないの。セックスは主人にとことん仕込まれたのよ。どうすれば男の人が喜ぶかとか、女はどうしたらいいとか・・・」

正直言って、そういう話をされて私は興奮するというよりも、むしろ赤面していました。
12時を回っていました。

「先生、隣の部屋に布団を敷いていますから、お泊まりになってください」

そう言われ、一応は断りましたが、密かな期待もあり、泊まることに・・・。
風呂を勧められ、風呂から上がってくると、タオルで体を拭いてもらいました。

「立派な体ね!好みなのよ!」

いきなり口を塞がれました。
そのまま寝室に行き、後は彼女のなすがままに・・・。

「ああー、久しぶりの男性!生身はいいわあー。思い切りしましょう!好きにしていいのよ!」

ネグリジェから透けて見える豊満な肉体、そしてセクシーな下着・・・、それだけで果ててしまいそうでした。
私はもう我慢できず、いきなり彼女の下着を脱がしにかかりました。
ネグリジェを剥ぎ取り、パンティーに手を忍ばせました。
当時、彼女は居ましたが、これほど色気のある年上の女性とは何もかもが違いすぎました。

忍ばせた手が触れたところは蜜液が溢れ、ヌメヌメとした言いしれぬ感触・・・。
さらに指を埋めていくと蜜液に濡れた膣壁が規則的に収縮を繰り返し、その度に彼女の口からは嗚咽ともつかない喘ぎ声が・・・。
後から考えてみると、よく冷静に観察できたなあと・・・。

私も経験はあまりありませんでしたが、女性の喜ばせ方は少しは心得ているつもりでしたので、花芯に唇を当て、夢中に愛撫を始めました。
3年も禁欲生活を続けていたのですから当然なのでしょうが、彼女は牝そのものでした。
口だけで何度もアクメに達し、その度に体を痙攣させ、グッタリと・・・。
しかし少し経つとさらに求め・・・その貪欲さにはただただ驚くばかりでした。

そんなことを繰り返していると、「ありがとう!今度は私が色々してあげる!」と言うと、仰向けに寝かされ体中を愛撫されました。
その舌使いは形容し難いほどの巧さで、特にペニスを含んだ時は・・・それだけで果ててしまいそうでしたが、必死に堪えていました。

いよいよ挿入・・・。
今でもその感覚が蘇ってきます。
いきり立ったペニスを包み込む花芯のヌメヌメとした感触はもちろん、弾力性の素晴らしさを・・・。
下からじっと眺めていましたが、彼女の恍惚に満ちた表情、そして目の前にある生々しい牡と牝の交わり・・・。

彼女が、「オンナのすべてを見せてあげる!」と言い、それからは全くの未知の世界へ・・・。

若い男性にとって、それなりに魅力的な年上の女性が見せるオンナのすべて・・・圧倒されて当然でしょう。
彼女の口から発せられる卑猥な言葉、目の前で繰り広げられる牡と牝の交わり・・・。
とにかく凄まじいものでした。

その日は明け方までたっぷりと大人のオンナを堪能させてもらいました。