姉の汗だくスパッツ

この体験談は約 3 分で読めます。

俺の趣味は筋トレで、ブリッジの時に3歳年上の姉に手伝ってもらっている。
ブリッジする時に、「お腹の上に乗って」と姉に頼むんだ。
汗をかくと悪いからと俺はトランクス1枚。
姉のスカートも皺になると悪いからとスパッツに着替えてもらった。

そして肩ブリッジ(肩を床に付けたままで腰を上げるブリッジ)。
姉の尻が滑って動かない様にと両手で姉の腰と尻をしっかり鷲掴み、ブリッジして腰を下げる時に姉のムッチリしたお尻を俺の股間の方へと毎回しっかり押してやった。

俺のチンポはギンギンに勃起し、トランクスの前開きの部分から突き出ていた。
突き出た勃起チンポの先っぽは腰を下ろす度に俺の両手が押し下げた姉のお尻に擦れた。
それは尻コキしているみたい気持ち良くて、30回もブリッジをした。
勃起チンポは熱くなって先っぽからは我慢汁が出ていた。
姉がどける前に勃起チンポをさっとトランクスの中にしまいバレないようにした。

すぐにトイレに直行し、シスコンな俺は、姉の名前を誰にも聞こえない様に小声で連呼しながら自慰したら、大量に我慢汁が出てチンポ全体がすぐにヌルヌルになった。
最後はチンポが何度も何度もビクンビクンと収縮しながら精液を大量に飛ばした。

部屋に戻ったら、姉はまだスパッツ姿でテレビを観ながらストレッチをしていた。
一発抜いたばかりなのにムチムチの姉のお尻を見たらまた勃起しそうな感覚がした。
慌ててズボンを穿いてテレビを見るふりをしながら姉のスパッツ姿をソファーから見下ろしていた。
最高にエロい姉のスパッツ姿だった。

ストレッチが終わると姉は、その場でスカートを穿いてスパッツを脱いで出ていった。
姉が部屋から出ていったので早速ズボンを脱いだら案の定、我慢汁が溢れていた。
解放されてスペースができたのでまたまたチンポがギンギンに勃起した。
左手で竿を握り、亀頭を右手の平で回す様に擦り続けた。
頭が真っ白になるくらい気持ち良くなってしまった。

ソファーの横の床に姉の汗だくスパッツが置いてあるのに気付いた。
拾って姉のまんこの部分の匂いを嗅いだ。
まんこの匂いはしなかったが、代わりにローズ系の香水の匂いがした。
チンポはもう触らなくてもフル勃起してドクンドクンと脈打っていた。

フル勃起したチンポに姉のスパッツを広げて、ゆっくりと優しく左右に大きく動かしてみた。
姉のスパッツが亀頭だけでなく尿道に纏わり付き、尿道を開くように擦れた。
知らないうちにまた姉の名前を連呼しながらどんどん速く左右に動かした。
姉のスパッツを使った亀頭責め自慰の気持ち良さは半端な物ではなかった。

だんだんシゴきたい欲求に耐えれなくなってきた。
左手でスパッツを亀頭に被し、右手でスパッツに擦り付けるように左右に揺らしながら激しくシコシコした。
姉のスパッツとの摩擦による亀頭責めの気持ち良さとシコシコの気持ち良さを同時に味わえてチンポの芯から気持ち良くなった。
姉の名前を少し大きめの声で連呼しながら姉のスパッツのまんこの部分に2発目の射精。

最近じゃ、筋トレと自慰がワンセットになっている。