最近、妻の下着が派手になった・・・前編

この体験談は約 6 分で読めます。

私30歳、妻28歳。
結婚して1年経ちました。
そろそろ子供でもと週3回ぐらい中出しセックスしています。

妻の経験人数は、私を入れて3人だと結婚する前に妻から告白されました。
それと私と婚約する前に彼氏がいた事や、妊娠して彼氏との子供を堕ろした事があることも正直に告白してくれました。
私は妻を愛していましたので、過去のことは気にしないで良いからと私がプロポーズし、無事結婚しました。
しかしここ最近、妻の下着が派手になり、携帯もロックを掛けています。

少し前、妻の会社の1泊慰安旅行がありました。
妻の変化に気が付いたのも旅行から帰って来た後でした・・・。
まさかこんな事になってたなんて・・・。

妻の勤めている会社はなかなかの中堅企業で、妻は事務のOLをしています。
結婚式には妻の上司や同期の女の子が沢山出席してくれたのを覚えています。
妻の同期の女の子、独身で仮にA子としておきます。
A子さんと私は何回か会った事はありますが挨拶するぐらいの仲でした。
妻が留守の時、家にA子さんから電話があり、妻は留守だと伝えると、A子さんは私に用事がある様で何か言いたげでした。
私は最近の妻の様子が変なので、もしかしたら妻に何かあったのかと心配になりました。

ちなみに妻は身長165cmで巨乳です。
少しポッチャリですが決して太くなく、ちゃんとくびれもあり顔も美人な方です。

私はA子さんに、「妻に何かあったのですか?」と質問しました。
A子さんは、「今は言えません。でも渡したい物があるから・・・」と言うので近所の駅まで受け取りに行きました。
A子さんは私にDVDを渡しました。

家に帰ってDVDを観ました・・・。
まず妻の会社の部署の慰安旅行の宴会の模様が出ていました。
結婚式で見た事のある妻の上司や社員さんが30人ぐらい居ました。
みんな少し酔っているみたいです。
カラオケで歌っている人やコンパニオンとじゃれているお偉いさん(?)などが順番に映されています。

次に妻が映りました。
浴衣姿でなぜか生脚が露出され、白いパンティーがモロに見えています。
私はビックリしました。
妻はノーブラなのです。
撮影者の男が豊満な胸の谷間をアップで映しています。
少し乳首が見えています・・・。

「◯◯さん(妻の名)、撮ってますよー」と聞こえ、妻が「キャー恥ずかしー」と乱れた服装を直しています。
相当酔っているようでした。

とりあえず宴会の場面が終わりました。
A子さんは写っていませんでした。
私はお酒の席だし、妻の痴態も、何だこのくらいならと安心していました・・・。

場面が変わりました。
ホテルの部屋の中みたいです。
妻が浴衣姿で椅子に座っています。
カメラは固定されているようでした。
妻は俯き、グッタリしている様子です。
社員の男が妻を介抱しているみたいでした。
ところが急に男が妻に抱きつきキスをしています。
妻は、「キスだめえー」と言いながらも自分の舌を男の舌に絡めています。

男が浴衣の隙間から手を差し込んで妻の胸やお尻を触り出しました。
妻は、「触らないでー、もう独身じゃないから無理」と言いながらもハアハア興奮しています。
妻も感じているようでした。
とうとう男が自分の肉棒を妻の口の前に差し出しながら言いました。
私のより大きいです。

「人妻のフェラテク見せてよ。結婚する前はあんなにセックス好きだったのに。毎日休憩室でフェラしてくれたでしょ?」などと男に言われています。

私はすぐに、こいつが妻の元彼だと理解しました。
場面が変わり・・・、妻が凄い激しくフェラをしています。

ジュボ、ジュボ、ジュボ・・・。

男が妻のおまんこを舐めながらカメラに向かってこう言いました。

「旦那さん見ていますか?貴方の奥さん超淫乱女デスヨー。今でも毎日、会社でこんな事していますよー」

妻はカメラの存在に気が付いていないようで、相変わらず激しいフェラを続けています。
こんな激しいフェラ、私にはしてくれた事が無いです。

男が「旦那のとどっちが良い」と聞くと、妻は「こっちが良い、早く欲しい」とおねだりしてしまいました。

男が妻のおまんこに指4本ぶち込んで掻き混ぜてます。
ビチャグチョビチャと大きないやらしい音がしています。
妻のおまんこは洪水状態でした。
妻は自分で小陰唇を拡げて、「早くここに挿れて、おちんちんで掻き回してー」と叫んでいました。

また場面が変わりました。
たぶんカメラアングルの変更の都合でしょう。
今度はバックで突かれています。
妻は、「凄い奥に当たるー、気持ち良いー、イキそうよー」など喘ぎ狂っていました。
その後は騎乗位や正常位等をして、最後は中出ししていました。

私は妻にDVDのことを言えず、悶々としていました。
昨日、妻とのセックスの最中、私は妻の中にペニスを突き入れながら、「愛してるよ・・・本当に愛してる」と優しく言いながら妻の子宮に精液注ぎ込みました。
ふと見てみると、妻の顔は涙で濡れていました。

私「どうしたの?」

妻「ごめんなさい、私、貴方のこと裏切ったの・・・元彼とセックスしたの・・・」

妻は泣きながら話してくれました・・・。
私は興奮を隠しながら優しく妻に言いました。

「怒らないから全部話してごらん」と。

妻は泣きながら元彼とのことを全部話してくれました。
元彼Kとは会社の同期入社で知り合い、交際が始まりました。
妻は美人で会社の中でも人気者だったらしく、既婚者の課長や部長までもが交際して欲しいと声を掛けてきたそうです。

妻は22歳まで処女だったそうです。
つまりKが妻にとっての初体験の男です。
妻の話によるとKはセックスのテクニックもあり、そのうえ巨根で、妻は完全にKの虜になったそうです。
普通に男女交際していたのは最初の3ヶ月くらいまでで、会社の中で昼休みとかに毎日、屋上でフェラさせられたり、トイレの中でセックスしたりしていたそうです。
Kはかなりのスケコマシで、会社の綺麗どころはみんなKに嵌められているらしいです。
妻もKに4年程肉便器にされ、1000回以上Kに嵌められたと言います。
そして妻のアソコが緩くなると、Kは新入社員の女の子に走り、妻は捨てられた形になりました。

妻がKに「別れたくない」と言うと、Kは妻に「お前のガバマンはもう飽きた」と言われたそうです。
それがきっかけで妻は自暴自棄になってしまい、既婚の禿げ部長とも関係を持ってしまったそうです・・・。
それが妻の2人目の男です。

私は、「A子さんはKと関係したの?」と妻に聞いてみました。
現在A子さんはKと交際中らしく、なぜDVDをA子さんが私に見せたのか解りました。
恐らく妻にKが盗られるのを心配したのでしょう・・・。

2年前に私は妻と知り合い、去年結婚しました。
その結婚が決まった頃、Kが妻によりを戻したいと言って来ましたが、妻はきっぱり断ったそうです。
しかし妻の弱点を全部知っているKは、妻ともう一度セックスするチャンスを窺っていました。
それが社員旅行だったのです。

妻はお酒に弱く、すぐ眠たくなって気が緩んでしまうところがあります。
妻が言うには、Kとの初めてのセックスもお酒の席の後で、妻が泥酔状態のまま処女を失った形になったと告白しました。
Kは今年の旅行の幹事でした。
ビデオ係を自ら買って出たのも、妻を自分の物にするための計画だったのでしょう。

私「結婚前に話してくれた、子供を堕ろしたっていうのも彼との・・・?」

妻「うん、そうなの。結婚してくれると思ったの。でも妊娠がわかった途端、彼が冷たくなったの・・・」

本当に酷い男です。
私は妻の頭を優しく撫でながら、「正直に言ってくれてありがとう」と言い、少し意地悪な質問をしました。

私「2年ぶりのKとのセックス、良かった?」

妻は少し驚いた表情を見せ、目を伏せました。
妻は私に、「怒らない?本当に怒らない?」と何度も確認してきました。

私「怒らないから全部話して」

妻「貴方ごめんなさい。最近もフェラだけは会社でしてたの・・・。交際してる時のエッチな写真が今頃出てきて、それをネタにされて脅されたの・・・」

私「酷い奴だな。で、旅行の時はどうだった?」

私のアソコは興奮して射精したばかりなのにもうビンビンです。

妻「うん、凄く良かったの・・・。彼の大きいのがアソコに一杯に入ってきたの・・・。奥の奥まで突き上げられて何回イッたかわかんない」

私「私と、どう違うの?」

妻「怒らないでね・・・。本当はね、私ね、奥が感じるの。子宮口を硬い亀頭でグリグリされるのが好きなの。彼の大きいのを見た時、もう我慢できなくなった」

私「私のじゃ感じない?」

妻「感じるけど・・・彼と感じ方が違うの・・・。凄いの、子宮が壊れちゃうぐらい大きいの」

私「中出しされたの?」

妻「うん、何回もされた・・・」

私「妊娠大丈夫?」

妻「たぶん・・・生理前だから大丈夫」

私「また彼としたい?正直に言って欲しい」

妻「うん忘れられない、初めての男だから・・・。でも、愛してるのは貴方だけなの!本当よ!」

私「うん、わかった」

妻「どうする?離婚したい?」

私「私も愛してる」

妻「うん、嬉しい・・・。貴方、入れて・・・」

妻がアソコのビラビラを自ら拡げて求めてきました。
私も出来るだけ妻の奥まで挿入して、子宮口に亀頭を擦りつけました。

妻「あん、貴方のいつもより大きい、気持ちいいのー。もっと奥まで突いて、突いて・・・」

私「そうだ、お前は俺だけの物なんだ!誰にも抱かせない。愛してる、愛してる」

その夜、私は何回も妻の中で射精しました。
妻も満足したようで、もう元彼とはセックスしないと約束してくれました。

現在、妻とは仲良くしています。
DVDのことは妻には言わないでおこうと思います。
妻の寝取られの話に興奮して、自分のチンポがいつもより大きくなったのが幸いしました。

<続く>