私が手コキマニアに目覚めた痴漢体験

この体験談は約 3 分で読めます。

実は私、手コキマニアなんです。
目覚めたのは高校3年生の時でした。

ある朝、通学中の電車の中で痴漢に遭ったのがきっかけでした。
満員で身動きできない状態で、誰かにお尻を触られました。
それから、私の空いている右手を掴まれると後ろに引っ張られました。
どうされるのかと思っていたら、その痴漢のズボンの前の開いている中に引き込まれたんです。

そして次の瞬間、変な物を握らされてしまいました。
トランクスからはみ出た、ジュースの缶みたいに大きくガチンガチンになったペニスでした。
びっくりして思わず声を上げそうになりました。
痴漢は私の手をペニスに絡みつかせると、その上から自分の手で押さえつけ、上下に動かし始めました。

その頃の私はうぶだったので、男の人のモノを直に触るのは初めてでした。
ボーイフレンドとキスや軽いペッティングの経験がある程度で、まだバージンでした。

私は何の抵抗もできず、されるがままに痴漢のペニスを無理やりしごかされ続けました。
どのくらい経ったでしょうか。
やがて手の中にドロッとした液体がかかりました。
精液でした。
頭の中が真っ白になって、痴漢が去った後もしばらくぼおっとしていました。

学校でその出来事を友達に話すと・・・。

「制服に掛けられなかっただけマシじゃん。手は洗えば済むでしょ」
「ウブなえりこ(仮名)には、ちょうどいい勉強になったんじゃない」
「男の人を手で満足させるなんてすごーい。私達だってしたことないのに」

などと他人事のように笑われました。

その朝の手の中の感触は、なぜかなかなか忘れられませんでした。
いつしか、(もう一度男の人のモノを握ってみたい、そして精液が出る瞬間を見てみたい)と思うようになりました。
思えば、その頃から私には、手コキで男の人を満足させる精子マニアの才能があったのでしょう。

さっそくボーイフレンドで試してみました。
バスケの部活が終わった放課後、人気のない体育館の倉庫で彼がペッティングを仕掛けてきたので、初めて私の方から積極的に彼のモノをバスパンの上から握り締めてあげました。

「今日はずいぶん大胆だね」

「私だっていつまでも子供じゃないもの」

そう言いながら、ピチピチのバスパンの裾から彼のペニスを引っ張り出して直に握りました。

「ああ、いいよ」

私はこの前の手の動きを思い出しながらしごき始めました。

「最高だよ!」

だんだん彼の息遣いが荒くなってきました。
(痴漢さんが精液を出す前の息遣いに似てきた)
私は手の動きを速めました。

「あっ、出ちゃう」

彼が言うのと同時に彼のペニスから勢いよく精液が迸りました。
それ以来、私は彼に限らず、男の人のペニスをしごいて出してあげることに快感を覚えるようになってしまったのです。

女子大に進学してからは、幾度となく朝の満員電車の中で、通学中の純情そうな高校生を見つけては“痴女”をしています。
初めはズボンの上から擦ってあげて、ビンビンになったところでファスナーを下ろし、トランクスの上からしごいてあげるのです。
本当は直に握ってあげたいところですが、手の中に出されて汚れると後が面倒なのでいつもトランクス越しです。

みんな若いので、大抵1分ほどで出してくれます。
出す瞬間、手の中でペニスがビクンビクンと鼓動するのが何とも言えない快感です。
出された精液がトランクスから滲み出すのを確かめてからその場を離れます。
もうほとんど病みつきです。

ついこの前などは、電車以外の場所で痴女しちゃいました。
温水プールに行った時です。
芋を洗うような、まさに満員電車なみの混み合いようです。
いつの間にかついつい悪い癖が出てしまったんです。

うぶな高校生を探し出すと、気がついた時には彼に身体を密着させ、水面下で彼のモノを海パンの上から握り締めてしごいていたんです。
さすがに生地の薄い下着と違って、スクール水着タイプの濃紺の厚手のナイロン製のトランクスタイプの水着でしたから、いつもよりも強めに激しくしごき続けました。
それでもちゃんと出してくれるか心配でしたので、もう片方の手でタマタマを強めに揉み揉みしてあげました。
その甲斐あって、思ったよりあっさりイッてくれました。
念のため海パンの中を覗き込むと、精液がいっぱい出ていました。

その時、気がつきました。
ここはプールなのだから、手が汚れても大丈夫なんだと。
初めから直にしごいてあげればよかったなと思いました。
いつもの習性とはいえ、ちょっぴり損をした気もしましたが、海パンの上からでもイカせることができた自分のフィンガーテクに、改めて自信を深めました。