彼女が住んでるマンションオーナーの奥さんと

この体験談は約 10 分で読めます。

数年前の話。
その当時、花屋に勤めていた彼女と付き合いだして2年ほどが経っていた。
俺も彼女も26歳。
週末になると、しばらく前に彼女が引っ越した東京の下町にあるマンションに泊まりに行くというのがお決まりのパターンだった。

マンションと言っても、1階にマンションのオーナー家族、2~3階に賃貸の6世帯が暮らす小ぶりなもので、彼女はその2階に住んでいた。
人当たりも良く、人付き合いの上手な彼女は、30代後半と思われるオーナーの奥さんと既に親しくなっていて、頂き物やおかずを分け合ったりしていた。
改めて紹介されたわけではないけれど、週末だけとはいえ毎週彼女の部屋に出入りしている俺は、次第にオーナーの奥さんと顔を合わす場面が増えてきて、挨拶程度は交わすようになっていった。
週末は彼女の部屋で寝泊りしていたけれど、花屋に勤めていた彼女は土曜日も仕事で、サラリーマンの俺は休日だった。
彼女が仕事に出掛けても、そのまま彼女の部屋で寝ているのが俺の土曜日の常だった。

5月の土曜日、俺だけしかいない彼女の部屋にオーナーの奥さんが、「ケーキをたくさん頂いたからお裾分け。どうぞ」と尋ねてきたことがあった。
その時に初めて奥さんとしばらく立ち話をした。
いつも色々頂き物をすることへのお礼、幼稚園に通う奥さんの子供のこと、俺と彼女が付き合い初めて2年くらいになること、そして、土曜日は彼女が仕事なので日中は俺が一人でこの部屋にいること。
立ち話をきっかけに、俺と奥さんは路上で顔を会わせた時にも話をするようになっていった。

奥さんは、年齢の割りには幼い顔をした笑顔の可愛い人だったけれど、150cmそこそこの小柄な身体と、服の上からでもわかる豊かな胸と張りのあるヒップがどこかアンバランスで、出産経験のある人妻特有の色気というか・・・。
簡単に言うと、卑猥な身体つきをしていた。

2階にある彼女の部屋のベランダからは、1階の中庭のようなスペースが良く見えた。
そこで洗濯物を取り込む奥さんの姿を見かけることもしばしばあって、「洗濯、大変ですねー」「そうなのよ・・・やんなっちゃう(笑)」などと、上と下で軽く二言三言言葉を交わすことも多かった。
俺は、親しくしている住居人の彼氏として、奥さんに対して好青年を演じていたけれど、そろそろ暑くなり始めて、Tシャツ・短パン姿で屈んだり背伸びしながら洗濯物を取り込む奥さんの少し脂の乗った白い腹や背中がチラっと見えるたびに、Tシャツの下の豊かな胸や短パンの上からラインの浮かぶパンティ・・・、太陽にさらされることのない真っ白な下腹部とは不釣合いな手入れをしていない猥褻な濃い陰毛・・・、さらに、その奥のいやらしく湿った割れ目を想像しながら、奥さんの痴態を頭に思い浮かべていた。

親しくなるにつれて、奥さんは土曜日のたびに何かしらお裾分けを持ってきた。
それは、近所の和菓子屋で買った大福だったり、貰い物のケーキだったりした。
土曜日の日中に彼女の部屋の玄関先で交わす奥さんとの他愛もない雑談は、彼女との付き合いやセックスにマンネリを感じ始めていた俺のささやかな楽しみとなっていった。
魅力的な笑顔と卑猥な身体を持ったこの年上の奥さんに、どんどん惹かれていった。
奥さんも、専業主婦として繰り返される単純な日常の中のささやかな楽しみだったのだろうか、毎週毎週やって来ては、他愛もない冗談交じりの雑談に話を弾ませていた。

奥さんは、俺がまだ寝ている午前中や昼過ぎに来ることが多く、最初のうちは、寝ぐせもついたままTシャツにトランクスという姿で出て行くのはまずいと思って、多少なりとも寝ぐせを直し、ジーンズを穿いて玄関を開けていた。
しかし、夏の盛りのある土曜日に奥さんがやってきた時、人妻を刺激してやろうというイタズラ心と、あわよくば・・・的な下心もあって、Tシャツにトランクスだけという姿のままで玄関を開けてみた。
Tシャツとトランクスだけの俺の姿に奥さんの目が一瞬だけ泳いだが、「あら、起こしちゃった?ごめんなさい。とうもろこし茹でたから食べて」と奥さんはいつも通りに世間話を始めた。

今まで好青年を演じていたので、意識していやらしい視線を悟られないようにしていたけれど、この日は、奥さんを女として、セックスの対象として見つめていることを意識させようと思い、多少露骨に奥さんの胸元に何回も視線を落としてみた。
視線を胸から顔へと戻すたびに、奥さんは目を逸らした。
軽く勃起したチンポがトランクスの前をいやらしく持ち上げていた。
それに気付いていたのかいないのか、目を逸らした奥さんの視線は俺の胸の辺りを彷徨っていた。
奥さんが俺の視線を意識して、女として、セックスの対象として見つめられていることを意識しているのは間違いなかった。
何か言われたら笑って冗談にしてしまおうと思っていたけれど、奥さんはいつもとは違う空気に少し戸惑いながらも平静を装って会話を続けた。
俺も軽く勃起していることなど何でもないかのように、普段通りに冗談を言いながら話し続けた。

エッチな空気が支配している中でしばらく話し込んでいると、1階から母親を呼ぶ子供の声がして、「もう行かなきゃ」と奥さんは背を向けた。
俺は、「とうもろこし、ありがとうございます」と言い、奥さんの背後から扉を押すのを手伝いながら、さりげなく奥さんの張りのある腰の辺りに股間を軽く押しつけてみた。
奥さんは顔を上気させながら一瞬振り返り、再び俺に背を向けて1階へ繋がる階段へと向かっていった。
振り返った時の奥さんの視線は間違いなく俺の勃起した股間の上を通り過ぎていた。
これで警戒して、俺一人でいる時には、お裾分けを持って来なくなったらそれまでのことだ。
しかし、次にまた来るようだったら背徳を犯してしまおうと、俺は決心した。

翌週の土曜日、俺がまだ寝ていた午前11時頃、彼女の部屋の呼び鈴が鳴った。
もぞもぞと起き出して、ドアビューを覗くと奥さんだった。
先週の記憶が蘇り、一瞬の間に、どうやってセックスまで持ち込もうか・・・頭がフル回転した。
俺は眠気なんか覚めていたのに、わざと眠そうな顔をして、先週と同じく寝起きのままのTシャツにトランクス姿でドアを開けた。

「あら、また起こしちゃったみたいね。そら豆をたくさんもらったからどうかな・・・と思って」と奥さんは言った。

とりあえず奥さんを部屋にあげようと思った俺は、「そら豆は大好きです・・・まだ目は覚めてません(笑)」と言い、「いつも頂いてばかりで申し訳ないし、目覚ましにコーヒー淹れるんで、たまにはアイスコーヒーくらいご馳走させてください」と奥さんに部屋へ入るよう促した。
奥さんは、「それはまずいんじゃない?」と言いながらも、「コーヒーくらいならいいでしょー」と俺が言うと、「◯◯ちゃん(彼女の名前)には申し訳ないけど、お言葉に甘えてお邪魔してご馳走になっちゃおうかな」と案外あっさりとサンダルを脱いで部屋にあがってきた。

その日、奥さんはまったくの部屋着のままと思われるTシャツと短パン姿で、白い太ももを惜しげもなく俺の前に晒していた。
先週のことがあった翌週に、こんな姿で現れるなんて、奥さんも期待しているんじゃないかと勝手に確信していた。

「適当にくつろいで待っていてください」と奥さんを居間のソファに案内して、俺はキッチンでコーヒーを淹れる準備をした。
お湯が沸いて、自分用にホットコーヒーを、奥さんにはアイスコーヒーを作りながら、「◯◯君(子供の名前)大丈夫ですか?」と聞くと、旦那さんがプールに連れて行って夕方まで帰らないという返事だった。

居間を見ると、奥さんは興味深そうに、でも遠慮しながら彼女の部屋を眺めていた。
コーヒーを飲みながらだべっていると、話題はそら豆の話から、ビールの話になって、酒にまつわるエッチな話になっていき、やがてエロ話へと変わっていった。
さすがに奥さんは露骨な話をしなかったけれど、俺はかなり露骨でいやらしい表現を使って、今までにしたエッチの話や、まさにこの部屋でしている彼女とのエッチの話を披露した。
最初のうちは、「キャー、リアル(笑)」「エッチねー」と笑いながら聞いていた奥さんの顔から次第に笑顔が消えていった。
しかし嫌がるわけでもなく、顔を上気させ、目を潤ませながら俺の話を聞いていた。
喉元の動きで、俺に気付かれないように奥さんが唾を飲みこんでいるのがわかった。
頻繁に足を組み替え、落ち着きがなくなっていった。

奥さんは明らかに最初からセックスする気でやってきていた。
薄々感づいてはいたけれど、奥さんのグレーのTシャツの下はノーブラだった。
今までに何人もの男に吸われてきたであろう少し大きめの乳首が勃っていた。
エロ話はもはや意地悪な前戯だった。
Tシャツに浮かんだ突起を見つめながら話す俺の視線に、ふと我に返った奥さんは、「グラス片付けるね、これくらいはしなきゃ(笑)」と言いながら立ち上がり、キッチンへ向かった。
俺はゆっくりと立ち上がり、奥さんの後を追いキッチンに向かった。
歩くと痛いくらいに勃起していた。
グラスを洗おうとしていた奥さんの背後に俺は黙って近づき、胸の下辺りに腕を回して、後ろから奥さんを抱き締めた。

「ダメよ・・・ね、ね?」

弱々しく懇願する奥さんの言葉に拒絶の意思は感じられなかった。
俺は少し汗ばんだうなじにそっとキスをしながら、何度も想像した奥さんの柔らかく大きな胸をTシャツの上から優しく揉んだ。

「ダメじゃないよね?今日は最初からそのつもりだったんでしょ・・・?」

Tシャツ越しに硬く尖った乳首を摘みながら、唇を耳元に近づけ囁くと奥さんは、「あぁ・・・」と控えめな喘ぎ声を漏らし目を閉じた。
奥さんの身体から力が抜けていくのがわかった。
首筋に唇を這わせ、奥さんのTシャツの中に両手を入れて、しっとりと柔らかい奥さんの肌の上に掌を滑らせ、彼女とは全然違う柔らかく大きな胸を揉みながら、いやらしく尖った大きめの突起に指を伸ばした。
奥さんは目を閉じたまま身体をすっかり俺に預けていた。
人差し指の爪で乳輪と乳首の周りを刺激すると、「あぁ・・・ダメ・・・」と喘ぎを漏らし、硬くなった乳首を軽く摘むと身体をピクリとさせた。
俺は奥さんの身体をこちらに向かせ、小柄な奥さんに合わせて屈みながら唇に2、3回軽くキスをした。
腰に回した手に力を入れて身体を引き寄せると奥さんから唇を合わせてきた。
唇を割って奥さんの舌が入ってきて、俺はその舌の動きに応えた。
手を伸ばし、むっちりとした太ももと短パンの間に出来たわずかな隙間に指を潜りこませると、湿った熱気が指先に伝わってきた。

「恥ずかしい・・・」

奥さんが呟くのも仕方ないと思えるほどに濡れているのがわかった。
マン汁は火照った奥さんの股間を包むパンティをすっかり濡らし、短パンにまで染みを作っていた。
濡れたパンティの上から奥さんの溝に沿って指を走らせた。
奥さんは声にならない声を漏らし、くねらせながら腰を少し引くようにした。

「いつから濡れてたの?」

指の動きを止めずに俺は奥さんの耳元で囁いた。

「あぁ・・・」と声を押し殺して喘ぐ奥さんに、「エッチな話してた時?」と、もう一度耳たぶに唇を当てて聞いた。

奥さんは、「部屋に来る前から少し濡れてたかも・・・」と言い、俺の股間に手を伸ばした。

奥さんのTシャツを脱がせると、俺はキッチンの壁へ奥さんの身体を押し付けた。
白く大きな乳房の上ですっかり硬くなった少し着色の進んだ大き目の丸い乳首が、いかにも子供を産んだ人妻という感じで俺を欲情させた。
俺は、左手で奥さんの右手を掴み上に持ち上げ、奥さんが良く見えるように鎖骨から脇、そして乳房の裾野へと舌を這わせていった。
乳輪に沿って舌を丸く動かしながら乳首の周りを刺激する。
俺の髪を掴んでいる奥さんの右手に力が入ったところで乳首全体を舐め、口に含む。
甘噛みしながら舌先で乳首の先端を刺激するとつい声が漏れてしまうようだった。
少し脂肪のついたお腹に手を這わせてパンティの中へ右手を滑らせるていくと、俺が勝手に想像していた通り、少しごわついた多めの陰毛の感触が伝わってきた。
陰毛を掻き分けてビッショリ濡れた割れ目に指が届くと、今まで控えめだった奥さんの口から大きな喘ぎが漏れた。
奥さんは、これ以上愛撫など必要ないほどグチョグチョに濡れていたけれど、俺は奥さんの白いレースのパンティを脱がせて愛撫を続けた。

割れ目からいやらしくはみ出たビラビラを親指と人差し指で軽く摘み、ゆっくりと中指を穴の入り口からクリトリスまで動かした。
マン汁のついた指先でクリトリスの周りに円を描くと硬く尖ってくるのがわかった。
飛び出た突起をこねるように指先を動かしていると奥さんの喘ぎ声が激しくなって、「あぁ・・・イッちゃいそう・・・」と俺にしがみついてきた。
3本の指でクリトリスを軽く擦りあげるようにすると、「あぁ、ダメ、イク・・・」と呟き、奥さんはイッてしまった。

息を荒くして俺にしなだれかかっている奥さんの身体を支えながら、俺は奥さんの乳首に軽くキスをした。
奥さんの身体がピクリと反応して吐息が漏れる。
首筋にキスをしながら、俺はゆっくりと中指を奥さんの穴の中へと侵入させた。
指の動きにあわせてピクリと反応する柔らかな膣内の天井をゆっくり丸く擦りながら指を奥へと進めていく。

「あぁぁ・・・そこ・・・ダメ」

奥さんが声を漏らし、俺の指をきつく締めつけてきた。
一番反応の激しい場所で指を軽く曲げて押すような刺激を繰り返すと、「また、イッちゃう・・・」と言いながら奥さんは座り込んでしまった。

少し息を整えると、奥さんは黙って俺のトランクスに両手をかけた。
目の前に現れた我慢汁が溢れるチンポを3本の指で掴み、奥さんは首を少し傾けながら横笛を吹くように竿の裏側に舌を這わせた。
先っぽから根元まで何度も舌を往復させながら、ぽってりとした唇で挟むような刺激を織りまぜる。

「玉も舐めて」と言うと、片方の玉をゆっくりと口に含んだ。
温かい口の中で舌を器用に動かしながら玉を出し入れすると、俺のチンポを咥えた。
ゆっくりしたストロークの丁寧なフェラチオでイキそうになった俺は、奥さんの口からチンポを引き抜いた。

奥さんを立ち上がらせて、壁に手をつかせる。
突き出した尻の間から見える濡れた割れ目と、その周りにびっしり生えた濃い陰毛が卑猥だった。
俺はチンポを掴んでゆっくりと挿し入れた。

「あぁ・・・」

声を漏らす奥さんの腰を掴みピストンを開始する。
ゆっくり大きなストロークと細かく速い動きを交互に繰り返すと、「あっ、ダメダメダメ」と奥さんは今までで一番大きな声を出した。
限界の近づいた俺は、一心不乱に激しく腰を打ち付ける。
いよいよ限界がきて「イッちゃいそう・・・」と告げると、「あぁん・・・中に出しちゃダメ・・・」と奥さんは言った。
奥さんはおもむろに身体を離し、しゃがみ込んで俺のチンポを咥えて激しくしゃぶり始めた。

「あっ・・・イク」

俺は奥さんの頭を押さえて深く咥えさせ、奥さんの口の中で射精した。
俺の精子が口の中に入ったままの奥さんは、「ちょっと待ってて」とモゴモゴ言うと全裸のままトイレに行った。
俺は脱ぎ散らかした俺と奥さんの服と下着をかき集め、居間へ移動した。
水を流す音が聞こえ、胸と陰毛を手で隠し、「恥ずかしい・・・」と言いながら奥さんが居間へ入ってきた。

「あはは・・・見えてるよ?」と俺が笑いかけると、奥さんは、「バカ!エッチなんだから・・・」と言い俺の横に座った。

奥さんの乳首を弄りながら、「奥さん・・・エッチだよね?(笑)」「◯◯くんの方がエッチでしょ!(笑)」などとしばらく戯れていた。
気まずい空気にならないように、お互い明るく振舞っていたせいかも知れないけれど、不思議なことに、エッチした後の戯れの時間に思ったほど背徳感はなかった。

「エッチしちゃったね・・・。でも、正直なとこ、最初からその気で来てたよね?」と聞くと奥さんは、「うん・・・」と呟き、俺の胸に顔を埋めてきた。

それをきっかけに、居間でもう1回エッチした。

「そろそろ戻らないと」

そう言って奥さんがTシャツを身に着けた頃には午後3時を回っていた。
玄関から出て行こうとドアに手を伸ばした奥さんを後ろから抱き締めた。
一瞬だけど長い沈黙の時間が過ぎ、「じゃ、戻るね」と呟くと奥さんは後ろを振り返らずに出て行った。

その後、一度だけ奥さんとエッチした。
今度はオーナーと奥さんと子供が暮らす部屋で。
その時も、前回にも増していやらしく奥さんを抱いて、奥さんもそれに応えてきたけれど、快楽の余韻が静まった頃、俺の腕に頭を乗せたままの奥さんが、「やっぱり、こんなことしちゃダメだよね・・・もう今日で最後にしましょ」と言い出した。

「そうだよね・・・。わかった」と俺は答えた。

頭では納得していたし、十分理解もしていた。
だけど、心の中では自分でもよくわからない複雑な感情が渦巻いていた。

結局、その後、奥さんと顔を合わせても、お互いエッチする以前のように接して、二度とエッチすることはなかった。
その年の秋から冬に変わる頃、彼女と別れることになって、そのマンションにも、その街にも行くことはなくなった。
それ以来、奥さんには逢っていないけれど、今でもたまにその夏の奥さんとのエッチを思い出す・・・。