息子の友達みゆきちゃん・後編

この体験談は約 2 分で読めます。

先週カキコミした父親です。

11日は雨でゴルフもキャンセルになり、居間でゴロゴロしていたら、朝から元気な声で息子の友達が来ました。
男の子二人に女の子二人で中にみゆきちゃんもいて皆、挨拶をして息子の部屋に向かいました。
妻はおやつとジュースを持って行ったが、なかなか降りてこなかった。

だいぶ経ってからやっと降りて来ると「やっぱり女の子は可愛い服着せられるし、髪を結ってあげられるからいいなぁ」だって・・・。
しばらくグチを聞いてやると買い物に出掛けた。
コタツ入りテレビを見ていると、トントントン、と階段を下りて居間にみゆきちゃんが入ってきた。
交替で暇になったみたいです。

ゲームの話や学校での息子の話をしていると、先週こんな可愛い子に悪戯してしまったのかと後悔しました。
でも一度、少女の感触を知った私はまたみゆきちゃんに触りたくなってしまい、足をみゆきちゃんの脚の間に入れ悪戯してみました。
嫌がる様子も無く、逆に脚を開いてくれました。
物足りなくなった私は、隣に座り、ジーンズのボタンとファスナーを開き、パンツの中に手を入れワレメに指を這わすとクリはもう膨らんでいました。
刺激を続けていると体がピクピクし始めた。
指で膣口を確認すると少しだけヌルッしていた。
この格好ではあまり深くは挿入出来なかったが、入口は指を締め付けていました。
いつ妻や子供達が降りて来るか判らないので大胆には出来ません。

手を抜きトレーナーの中に入れ胸を触ってみました。
プニッとした膨らみの上に尖った所を見つけ撫でていると小さな乳首が出始めた。
膨らみを揉まれるのは少し痛いようでした。
刺激しながら顔を見ると目を閉じたので軽くキスをして、ジーンズのボタンとファスナーを閉め服を整えてやると、子供部屋に戻って行きました。

昼ごはんを食べてからはドタバタと上で大騒ぎをして、四時くらいに皆帰ってしまいました。
日曜は出張のため、みゆきちゃんが来たかは判りません。

タイトルとURLをコピーしました