エッチな同級生とやったセックスごっこ

この体験談は約 5 分で読めます。

小学生の頃だけど、女子で1人エロい奴がいて、そいつがエロ知識を色々教えてくれた。
そのうち見せ合いとか触り合いまで発展した。
記憶が曖昧な部分もあるが・・・。

小4の頃、クラスに歩美っていう女子がいた。
背は割と高くてすらっとしてて髪はショートカット。
まあまあ可愛くて成績も悪くないんだけれど、ちょっと変わってて、なぜかエロい知識に詳しくて、男子とエロ話もオッケーというか、エロ話大好きって感じの女子だった。

経緯は忘れたが、俺を含む一部の男子が、歩美から休み時間とか放課後とかにエロい話を聞くということがよくあった。
エロい話って言ってもエロい体験談とかじゃなくて性教育みたいな感じ。
男性器の名称とか、女性器の名称とか形とか、オナニーとかセックスで子作りするとか、その詳しい方法だとか・・・。
この頃、子供は結婚すると自然にできるとか、セックスは男と女がベッドで抱き合ってアンアン言うだけとか、その程度の知識のやつばっかだったから、歩美の話はかなり衝撃だった。
そのエロ座談会には一部の女子が参加することもあった。

ただ、5年生に進級するとクラス替えもあって、特に何かあったわけじゃないが集まりはほぼ無くなった。
俺は歩美と一緒のクラスだった。

そのうち年齢的に男女とも少しずつ身体に変化が出てきて、男子だけの間でだが、胸のデカさとかチンコの大きさとか、そういう身体的な話をするようになっていた。
なんでそんなことしてたか不明だが、勃起状態にして他の男子に見せるとか。
俺は他の男子より早くチン毛が生えてて、しかも結構ワサワサと生えてたんで、他の男子が面白がって見せて見せてと言ってきて、俺も教室とかトイレで見せてた。

そんなある日の放課後。
たまたま俺と純って男子と、歩美と美香って女子で話をする機会があった。
この純と美香ってのは4年の時にエロ座談会によく参加したメンバーなんで、当然のようにエロい話になっていった。
最初は歩美が新しく仕入れたエロの知識の話。
その流れで俺のチン毛の話になって、なぜか歩美と美香に見せる流れになり、教室の端っこで円陣を組む感じで歩美と美香に見せた。
この時は教室ってこともあって俺は半脱ぎで毛の部分まで下ろして見せたんでチンコ本体は見せてなかった。
歩美から、チンコ本体を見たいとか、勃起したのが見たいとか言われたが、教室ではさすがにやばいってことで、日を改めて誰かの家でやることになった。

で、まあ、両親共働きだった俺の家に4人集まって俺のチンコ鑑賞会から始まった。
毛は生えてもまだ皮被ってたし、お子様のチンコで勃起もしてなかった。
歩美が勃起した状態を見たいと言ってきた。

で、俺らが、「エロいのがないと勃起しねーよ」とか言ったら歩美が、「私らも見せたら勃起する?」とか言ってきた。
もし俺らから「見せて」って言われたら見せる気で来てたらしいが、俺らが全然言わなかったので残念に思ってたらしい。

まずは見せる前に、男子からの質問とエロ話みたいな感じになった。
歩美と美香のおっぱいの話とか、ブラジャーを買った話とか、どこを触ると気持ちいいとか、女子はどんなことで興奮するのかとか。

話が終わると、まず2人のブラジャーを見せてもらうことになった。
美香はスポーツブラみたいなのをつけていたが、歩美はピンクのリボンの模様がついた可愛らしいブラをしていた。
美香は「恥ずかしい」とか言っていたが、歩美は結構堂々と見せていた。

そしたら俺より先に純が、「ヤベー、勃起してきた」とか言って、今まで見せてなかったのにおもむろに脱ぎだして、勃起したのをいきなり生見せした。
美香も歩美も「きゃーっ」とか言いながらしっかり観察していた。
そのうちお触りになって、歩美も美香もつついたり撫でたりしていた。

が、ここで純が習い事に行くとかで先に帰ることになり、3人だけになった。
そうなると今度は俺が勃起したのを見せなければならなくなり、半勃起したのを2人に見せるはめになった。
まだこの時はオナニーも未経験で、当然射精もしたことがなかった。
当然俺も2人に触られた。
2人とも玉や玉袋にも興味を持って、かなり触られた。
そのうち、そり立つくらいに勃起して、竿もかなり触られた。
気持ちよかった気はするが射精したりはなかった。

俺の観察がひと通り終わると、ちょっとどういう経緯でそうなったかよく覚えてないが、今度は歩美が性器を見せることになった。
本人の解説付きで。
歩美のアソコは割れ目の上のところに薄っすら毛が生えてて、割れ目は結構閉じてた気がする。
でも結構自分で弄ってたらしく、割れ目を開いてクリとか穴とかまで見せてくれた。
これは俺だけじゃなく、女子の美香も食い入るように観察していた。

歩美が、「お返しに触ってもいいよ」と言ってきたので、俺は毛とか割れ目とかを触ってみた。
歩美は気持ちいいのか顔を赤くして少し息を荒くしていた。
後で匂いを嗅いだら、しょっぱいおしっこのような匂いがして、女のアソコはみんなこういう匂いなのかなと思っていた。

さすがに美香はアソコは見せなかったけれど、歩美の希望でブラを外しておっぱいを見せるハメになった。
歩美がふざけて美香の乳首をつついたりして、俺も少しおっぱいを触らせてもらった。
でも少し硬くて、美香もちょっと痛そうにしてたので、あまり激しくは触らなかった。

この後もこのメンバーで何度かこういう事をしたけれど、さすがに年齢的にこれ以上のことはなかった。
ただ、他にちょっと変なことをしたりはした。

ある日、純が、「セックスってどうなの?」って話をしだして、当時の俺らには、『セックス=子作り』『避妊しないとヤバい』『女子は最初は痛い』なんていう断片的な知識しかなかったが、“したらまずい”っていう認識はあった。
そこでなぜか、「じゃあセックスごっこをしようか」って話に・・・。

そのセックスごっこってのは、ドラマの絡みのシーンみたいな感じで、布団に入って抱き合ってアンアン喘ぐという謎の行為。
俺と美香、純と歩美がそれぞれペアになって、部屋のベッドと居間に別れてやって、後でパートナーを交換して場所も交換して行った。

このセックスごっこも、最初はお互い服を着たまま抱き合って、「あん、あん」軽く喘ぐくらい(しかも男も喘いでた)だったが、だんだんエスカレートしていき、下着からついには裸までいった。
その頃になると、お互いの胸や性器を擦り合せたり、喘ぎ声も「はぁあぁ~ん」とか色っぽく出すようになっていた。

ちなみに見せ合いとか触り合いは、誰かが用事で来れない時とかも2対1とか1対1でも行っていたけれど、セックスごっこは必ず4人集まったときにしかやらなかったので2対1とかになることもなく、ペア同士が同じ部屋でやることもなかった。
おそらく、セックス=2人きりで布団でするとかいう感覚があったのかもしれない。
だから俺は、純と歩美、純と美香がどんなことをしていたのかは知らない。