ネットリしたキスが好き

この体験談は約 3 分で読めます。

友人と二人で飲みに行き、2軒目を出たところで「今日は家で飲み直そう」と友人に誘われ、彼の家に向かいました。

彼の家に行くと、たまたま彼の奥さん(名前は祥子)の友達が遊びに来ていて、飲んで盛り上がってる真っ最中という感じのところでした。
そこから4人で一緒に飲み直したのですが、みんな酔っていることもあり、話題はついつい下ネタの方に向かっていきました。

「ねぇ、みんなはどういうことに興奮する?」と祥子の友達の智美が言い出しました。

「私はね、口の中がすっごく感じやすいのね。だからネットリしたキスとかに異常に興奮しちゃう!祥子は?」
「私もキスは好きだけど・・・そうだなぁ・・・いきなりっていうのが好きかな。突然後ろから忍び寄って来てとか・・・ふふふ」

女性陣二人はなかなか強烈でした。

「えー!じゃあ裕二さん、いつも祥子にそんなことしてるんだ!いやらしい!」
「そうなのよねぇ、裕二!?」

友人は圧倒され、苦笑いという感じでした。
そんなこんなで夜中の2時を回り、そろそろお開きということになり、友人夫婦には泊まっていくように勧められたのですが、僕も智美も翌日が仕事ということもあり、二人で帰ることになりました。
タクシーが拾える所まで歩いて10分弱ということもあり、酔いを醒ましながら彼女と夜道を歩きました。
途中に小さな公園があり、一休みしようということになり二人でベンチに腰を下ろしました。

「さっきネットリしたキスが好きって言ってたじゃない?分かるなぁ・・・僕も大好きなんだ、そういうキス」と僕が言うと、
「え、ホント!?分かってくれる?嬉しい!相手の舌が絡まって来たり、上顎を舐められたりすると、もうゾクゾクしちゃう!」と、智美も話に乗ってきました。

「後ね、唾液を交換したりするのも好きじゃない?」と尋ねると、
「そうそう!凄くいやらしくて・・・いいわよねぇ」と彼女が答えた時、二人の目が合ってしまいました。

そして、どちらからともなく唇が合わさり、舌を絡め合っていきました。

「いやらしいキスが好き」と言うだけあって、それは濃厚なキスでした。

動き回る二人の舌が、逃げたり追いかけたり絡み合ったりしながら、彼女の唾を飲まされたり、たっぷり溜めた僕の唾を彼女の喉に流し込んだり・・・。
挙句の果てには、彼女に大きく口を開けさせ、そこに思い切り溜めた唾を垂らしてあげたり。
お互いそこが住宅街の中の公園だということをすっかり忘れて興奮しまくっていました。

そんなキス(もうキスとは言えない感じでしたが)が20分以上も続いた頃、

「私ザーメンも大好きなの・・・頂戴!」

そう言うと彼女は、僕のズボンとブリーフをさっと下ろし、先走りの液で濡れている亀頭を愛おしそうに舐め始めました。
サオをゆっくりさすりながら、裏筋、タマ袋、アナルまで舌を伸ばし、舐めまくりました。
僕も負けじと彼女のブラウスのボタンを外し、ブラをずり上げるようにして彼女の豊満なおっぱい(88前後でD~Eカップはあったでしょう)を、ユサユサと弄びました。
彼女もかなり感じていたらしく、スカートの中に手を入れるとストッキングの上からでも糸を引くくらい、グッチョリと濡れていました。

「智美も欲しいんだろ?入れて良い?」と聞くと、
「ううん、入れないで今日は。このままいって・・・お願い」と言い、口の動きを早めました。

舌を絡めながらのその動きは絶妙で、限界に達するのに時間は掛かりませんでした。

「いくよ・・・いく」と言いながら出したザーメンの量は、自分でもびっくりするくらいのものでした。

それを彼女はゆっくりと口の中で転がしながら、ゴクリと飲み込み、「美味しかった・・・それに私も軽くいっちゃった」と言って僕に微笑みました。
それから何事もなかったかのように身繕いをし、タクシーの走る通りに向かいました。

「智美ちゃん、凄くいやらしくて・・興奮したなぁ」と言うと、
「私も。今度はもっといやらしくしたいなぁ」と言いながら、また微笑み返してくれました。

お互いの携帯番号を交換しあい、次のデートの約束をし、その日は別れました。

僕も彼女も既婚者です。
ちょっとヤバイなと思いながらもはまりそうです。

タイトルとURLをコピーしました