彼女だと思って双子の姉に2年間も中出ししてた俺

この体験談は約 3 分で読めます。

僕には1年くらい付き合ってた彼女がいたんです。
ある日、彼女の家に遊びに行った時のことです。
その日は家族が誰も居ないという事で、彼女と朝からエッチしていました。
彼女は誰も居ない事で開放されたのか、大きな声で悶えてました。

僕の彼女は中出し好きで、ずっと中出ししています。
一度会うと必ず3回は中出しです。
しかも、中出ししてオマンコから精液が垂れているのに拭きもしない。
彼女は淫乱なのか、自分のオマンコを見ながらされるのが好きです。
すごく興奮するらしいです。
しかも、潮も吹きます。
こんな彼女です。

話は戻して、その日、誰も居ないと思ってたら、姉が隣の部屋にいたそうです。
で、こっちの部屋の様子を見ていたらしいです。
覗かれてたとはびっくりです。
その日は何も知らず、彼女と別れて何日かして、電話が掛かってきました。
彼女が会いたいからってことでした。
待ち合わせの場所に行くと、彼女はもう来ていました。
会ったすぐに彼女の方から「すぐにエッチしたい!」と言い出し、ホテルに行きました。
なんとなくいつもと違う感じがしたけど・・・。

ホテルに入りすぐシャワーを浴び、お風呂でフェラして大きくなったチンコを、我慢できなくなった彼女が「早く頂戴」ってねだってきました。
お風呂から出てベッドに行き、彼女は69になり俺の舐めている。
彼女が「オマンコも舐めて!」と言ったので舐めていましたが、(なんだかいつもと違うなぁ)って思っていました。

彼女は我慢できなくて上になり、いつもより激しくピストンしています。
俺は耐えれなく、中出ししたら、彼女は「もっと欲しい!」と言い出す始末。
中出ししたばかりのチンコをまたフェラしてオマンコに入れます。
この繰り返しで、この日は5発しました。
そんなこんなで、前にも増して電話が掛かってくる回数が増えていきました。

こんな感じて2年が過ぎて、彼女の部屋に遊びに行った時のことです。
姉が居ることは前から知っていましたが、まさか双子だったとは知りませんでした。
で、彼女が飲み物を取りに行ってる最中に姉が入ってきて、彼女かと思っていたら「ねぇ、今日は中出ししてね」って。

俺は「でも、姉さんいるからできないよ」って言ったら、彼女「昨日2回しかしなかったじゃん!」って言いました。

そこへ彼女が戻ってきました。

「あれ?どっちが姉さん?」

「私だよ」

目の前にいた(実は)姉が、ニッコリ笑ってました。
2年もの間、この姉妹と中出ししていたとは・・・びっくりです。

すると姉が妹(彼女)にいきなり「これから3人でオマンコしょうよ」って。

彼女もびっくり。

で、姉が昨日俺と中出ししたことを彼女にばらしてしまい、もう駄目かなって思ってたら「いいよ」って彼女は言い出すし・・・。
結局、姉妹に代わる代わる中出ししました。

(この姉妹、怖いかも?)

それからはもう毎日、中出しでした。
正直、疲れてしまいます。
俺って単なる性欲処理に利用させられただけなのかも・・・。

下手な文章ですみません。