社員旅行の宴会芸で発露した僕の性癖

この体験談は約 5 分で読めます。

僕はこの春より働いている雅史と言い。
23歳です。
生保関係の仕事です。

僕のいる営業所は、地方にあり規模も小さめなので、15人くらいの規模です。
ただ、基本女性が多く、男性は僕を含め4人。
20代は僕1人という構成です。
逆に女性陣は20代から40代と様々です。

仕事にも慣れ、夏が来ました。
2週間前(お盆前)に1泊で社員旅行がありました。
その日の夜の食事会で、僕は出し物を何かするように命じられました。
僕は男性の先輩に事前に聞き、ネタを考えました。

「雅史君は何か特技ある?」

先輩の1人が聞いてくれました。

「披露できるようなものはないですが、中学からずっと水泳をしています」

「それいいよ!女性陣すごい喜ぶと思う!みんなの前に水着で登場とかどう?」

「プールならいいですが、部屋の中で、女性いっぱいで、ちょっと・・・」

「それにしようよ!ね、決まり。どうせなら、ちっちゃいビキニタイプがいいね!俺が用意してやるよ!」

僕は言いなりでした。

「でもビキニじゃ納得しないかもな。お前、自分でそれを超えるもの考えとけよ!」

もう1人の先輩です。
元がわからない上に、それを超えるものなんてわかりません。
第一、そんな出し物が正解なのか不安でした。
別の日には女性の先輩にも聞かれました。

「男性の先輩に聞いたんだったら、どうせパンツ一丁にでもなるんでしょ?そんなの許さないよ!ネタも最低3つはいるんじゃない?」

どうも2年前にも新入社員が入って同じようなことをしたようなのですが、その後すぐに退職したそうです。
せっかくの旅行なのに、気になることが多すぎて落ち着きませんでした。

前日になり、先輩が用意してくれた水着を初めて見ました。
店頭では販売してないような際どいものです。
おそらく、ネットで頼んだのか、2年前の使い回しなのか、それはそれは小さい生地の水着でした。
ビキニのレベルを超えていました。
しかしこれを見た瞬間、今までなかった変な感情が湧いてきたのです。
そこから一気にアイデアが出てきて、僕はいくつかのグッズを用意しました。

ここで本当のことなのですが、この時点でまだ僕は女性経験ゼロでした。
AVを見て自分の右手でシコシコしか、したことがなかったのです。
しかしAVからの溢れんばかりの情報がヒントになりました。
それと同時に、自分には“ある性癖”があるのでは・・・と感じたのです。

当日の夜、宴は進みお酒の勢いもあり、かなり騒がしく盛り上がってきました。
2時間ばかし経過した頃でしょうか、男性の先輩より合図があり、いよいよ出番のようでした。
じつはこの時点でやる気満々でした。
今日やるだけやって、明日は退職でもいい!
そのくらいの異常な盛り上がりがありました。

「お前、無理するなよ、無理だと思ったらちゃんと言えよ」

先輩からのあまりに無責任なアドバイス。
だったら最初にちゃんと言えよ!と、ややムカつき気味。

「雅史君、頑張ってね!なんかドキドキしちゃうんだけど。私、我慢できるかしら?」

もう1人のアドバイスをくれた女性の先輩です。
もう僕の中では彼女の我慢の限界を大きく越える意気込みなのです。

僕は会場のステージにちょっとした衝立を置いてもらい、その後ろに用意したものを置き、とりあえずビキニに着替えました。
ちなみにそのビキニですが、白ベースになっており、前は僕の股間を隠すのが精一杯で、V字カットが激しくなっており、後ろはお尻の割れ目が少しはみ出て、後ろのV字も結構なもので、歩くと食い込んできそうなカットです。
僕は覚悟を決めて出ていき、みんなの前で腰を激しくグラインドさせました。

「いやだぁ、水着ちっちゃすぎ!ちょっと待って!」

女性陣は大盛り上がりでした。
しかし女性課長が一言発しました。

「なにその中途半端な感じ!まさかそれで終わりじゃないでしょうね!私、何にも感じないわ!」

このことかと思いつつ、内心(よしきた!)とばかりに一旦裏へと引っ込みました。

次に僕はメンズのTバックに着替えました。
真っ白のシルク生地で、僕のおちんちんはやや透けていました。
しかも中学から水泳をしている僕は、体型としてはLサイズなのですが、この日のために、Sサイズを探してきたのです。
それを無理やりはみ出ないように押さえ込み、再びみんなの前へと行きました。

「今度は見えてるんじゃない?もうあの子、どうなってるの?ひょっとして変態?」

「中、どうなってるのかな?剥ぎ取ってみたいね、もうほとんど見えてるけどね」

女性陣の反応は様々でしたが、女性一人一人の前に行き、見せつけて回りました。
最後に課長の前にも行きました。

「雅史君だっけ?今までと違って頑張るじゃない。もう少し頑張れるよね?もう1回いってらっしゃい!」

男性陣からは、『無理するな』みたいな雰囲気が出ていました。
でも僕は、次も用意していたので、まだまだやる気でした。

そう、僕が気づいた自分の性癖なのですが、見られて興奮するということでした。
大勢の女性の前で裸にされたり、オナニーをさせられたり、女性に股間を踏みつけられたり、そういうAVに一番興奮していたことに気づいたのです。

露出狂のドM。

僕は、自分はそういう性癖ではないかと思い始めていました。
それは今、証明され、収まりきれない勃起具合になりました。
おちんちんの先はへそに届こうかという勢いです。

僕はついに下着すら脱ぎ捨てました。
ただ裸で出ていくのはつまらないと思い、用意したものはセロファン紙です。
ちょうど股間が隠れるくらいの大きさの赤色セロファンを股間に宛てがい、幅の広い絆創膏で止めて完成させました。
ちょっと力を下半身に入れると破れてしまいそうです。
ちなみにお尻はもう全開です。
さっきTバックでしたから、躊躇いはありません。

3度目の登場です。
もう慣れたものです。

「僕は◯◯雅史、23歳です。23年間彼女なし。今までは自分でAVを見て慰めている毎日でした。今日、わかったことがあります。それは、僕はたくさんの女性に裸を見られて興奮し、おちんちんを硬くしてしまう、『露出狂のドM』だということです。お願いです!僕の硬く勃起したおちんちんを、皆さんでいっぱい見てください!」

一気に捲し立てると、一直線に課長の前に行き、顔の前に仁王立ちしてやりました。

「雅史君、若いのにえらいわ。こんなに恥ずかしいことをやりきって。これからはいっぱい仕事を覚えてもらって、それ以上にいっぱい可愛がってあげるから覚悟しておきなさい!わかったわね?」

「はい!課長の言うことならなんでも頑張ります。お願いします!」

それまで我慢してきたものが一気に噴出し、セロファン紙の中は僕の白く濁った液でいっぱいになりました。

タイトルとURLをコピーしました