噴水公園のトイレにスク水少女を連れ込んで

この体験談は約 7 分で読めます。

何年も前の話です。
私の地元には噴水や人工の川がある公園があります。
よく夏場には、幼稚園から小学生くらいの子供が水着や下着姿で遊んでいます。
毎年私は、着替えの盗撮や、軽い痴漢目的にその公園に通っていました。

その日も盗撮目当てで公園にいると、珍しく中学1年生くらいの可愛い女の子がやってきました。
身長は145cmくらいで、髪の毛は長めで前髪はパッツンでした。
帰省先なのか、爺さんと小学3年生くらいの弟の一緒に来ていました。
知り合いがいないためか、女の子の着替えはゆるく、割れ目や胸を何度も撮ることができ、今日はついていると思っていました。
またスクール水着の名札から、名前が『さやか』であることがわかりました。

流石に人の目があるので(痴漢はできないかなぁ)と思っていると、さやかが1人でトイレに向かいました。
その公園は横に広く、南側と北側にトイレがあります。
ただ、大通りに近い駐車場が南にあるため北のトイレを利用する人は少なく、周辺に木があるため周囲の目も届きにくくなっています。

そう、さやかは北側のトイレに向かったのです。
おそらく南側のトイレに行くには芝生を通る必要があったので、アスファルトやタイルの道だけで行ける北側のトイレを選んだのでしょう。
さらに運の良いことに、付き添いだった爺さんは弟に付きっきりです。
おしっこ姿を盗撮するチャンスと思い、私もトイレに向かいました。

予想通りトイレの周辺に人はいませんでした。
私は、こんな機会は滅多にないと思い、盗撮ではなくトイレでさやかを襲うことにしました。
素早く女子トイレに入り、さやかの入った個室の隣に入ります。
少しすると隣からおしっこをする音が聞こえてきます。
緊張と興奮で胸がドキドキしていました。

音が切れたと同時に個室から出て、さやかの入った個室の前で待機します。
そして、さやかがドアを開け外に出ようとした瞬間に、強引に個室へ押し込みます。
さやかは、何が起こっているのか分からず戸惑い、大きな声は出しませんでした。
そのままトイレの鍵を閉め、さやかの口を押さえたまま、「静かに!」と囁きます。
暴れないのを確認した上で、そっと手を離します。

「え?え?」

戸惑っているさやかに、先程撮った着替えを写真を見せました。
油断していたのか、割れ目までハッキリと写っています。
さやかは目を見開いてその写真を見て、「え?嘘・・・」とかなり動揺しているようでした。

「この画像、学校のお友達に見せてもいい?」

さやかは必死に首を横に振りました。

「消して欲しいならエッチなことさせてよ」

さやかは観念したような涙目で、「はい・・・」と言いました。

まずスクール水着の上から膨らみかけの胸を触ります。
発育は普通程度で、胸はギリギリAカップといった具合でした。
スクール水着の上からでも柔らかさは十分に分かり、乳首の位置も分かります。
優しく胸を触り続けるとさやかの息遣いは荒くなっていきました。
時折乳首に触れると、小さな声で「あっ」と喘ぎます。

次にスクール水着を腰まで脱がして直接胸を触ります。
さやかの胸はスクール水着を着ていたときよりは大きく感じましたが、片手で簡単に包むことができるほどでした。
大人の胸と違い、少ししこりがあるような硬さがありました。
乳首は小さくて綺麗なピンク色でした。
片方の胸を触りながら、もう片方の胸の乳首を舐めたり吸ったりすると、さやかは驚いたようで、「いや・・・やめて・・・」と小さな声で訴えてきました。
もちろん、さやかの意見は無視して胸を弄り続けます。
乳首を重点的に触っていると、だんだんと硬くなるのがわかりました。

(中1でも反応するんだなぁー)

そう思いつつ膨らみかけの胸を堪能します。

胸を弄りながら、スクール水着を全て脱ぐように指示します。
さやかは、もじもじしながらゆっくりとスクール水着を脱ぎました。
よく泳ぐのか、体にはスクール水着の日焼け跡がくっきりとあり、とてもいやらしい体でした。
割れ目を見ると、遠目からでは分かりませんでしたが薄っすらと毛が生えていました。
それでも、はっきりとスジは確認できる程度ですが。

私はスクール水着を脱ぎ終えたさやかの割れ目を弄り始めます。
さやかの割れ目を開いたり、なぞったりしました。
自分でも触ったことのないような箇所を触れて、さやかはビクビクと何度も反応していました。
私は、自分のモノを触らせるためにズボンのファスナーを開けて中からブツを出します。
おそらく、まだ見たことがないであろう大きくなった男のブツをさやかは凝視しています。
そして、さやかの手を取って、私のブツを握らせます。
水遊びをしていたためか、さやかの手はひんやりと冷たく気持ちよかったです。
私のモノを握ったさやかの手を前後に動かして、シゴき方をレクチャーしてあげました。
しばらくすると私が手を離しても弱々しくブツをシゴき続けてくれました。
さやかは自分のアソコを触られる恥ずかしさと、私のブツを触る恥ずかしさで顔を真っ赤にしています。

私はさやかのアゴを掴み、強引に上を向かせてキスをしました。
さやかは「え!」といった表情をしたまま固まっていました。
ショックだったのか、さやかは目を固く閉じていました。
両頬の横を強く掴み、強引に口を開けて中へ舌を入れました。
さやかは閉じていた目を見開いて固まっています。

今度はしゃがんで、さやかの割れ目を舐めることにしました。
さやかの両足を肩幅よりもちょっと広く開かせて、割れ目を舐めます。
さやかは両手で顔を隠してぷるぷると震えて耐えていました。
おしっこをしたばかりだからか、割れ目はおしっこの味がしました。
舌を膣の中に入れたり、クリを集中的に吸ったりすると、さやかはビクッと体を震わせて反応しました。
割れ目からは、ヌルヌルの汁がどんどん出てきます。

次に、私が立ちさやかを立ち膝の格好にさせました。
さやかに「舐めろ」と言い、ブツを口に近づけます。
さやかは戸惑ってなかなか舐めようとしません。
しかし、私が頬を軽く叩くと、観念したように舌を出して先端をチロチロと舐め始めました。
私の反応を確かめるように、上目遣いでこちらを見る姿はとてもそそりました。
無意識でしょうが、亀頭を舐めてくるので私のモノはより硬くなっていきます。

もっとしっかりと口に咥えてさせるために、「口に含んで舐めろ」とさやかに指示します。
さやかは、もう逆らう気を無くしたのか小さく頷きます。
小さな口を精一杯開いて、私のモノをゆっくりと口に咥えていきます。
最初にむせたものの、その後はゆっくりと舌を動かして舐め始めました。
最初は裏筋だけを舐めていましたが、私が「色々な場所を舐めろ」と言うと、亀頭などにも舌を這わせてきました。
拙いフェラでしたが、中学生が私のモノを咥えているというシチュエーションに興奮しました。

ここまで来たら本番までやるしかないと決意を決め、さやかに壁に手をつくように指示します。
さやかは、ゆっくりと背中を私に向けて手を壁に付けます。

「もっとお尻を突き出せ」

命令すると、日焼けの跡がくっきりと付いているお尻を突き出します。
さやかのマンコを思いっきり広げると、先程よりも濡れていました。
外気に触れたためか、膣口が開いたり閉じたりと動いていました。
すぐにでも本番ができそうです。

私は鞄からタオルを取り出して、さやかの口に巻きました。
いくら人が少ないとはいえ、もしも大声を出されては誰かが様子を見に来る可能性があります。
さやかの口にタオルをキツく巻きつけて、いよいよ本番です。
片手でギンギンに反り立ったブツをなんとか水平にし、もう片方の手でさやかのマンコを開きます。
さやかは壁に手をつけたまま何度も不安そうな顔でこちらを見ます。
私のブツがマンコに触れるとビクッと震えます。
さやかのマンコは手とは違い温かく、とても気持ちよさそうでした。

そのまま、ゆっくりとさやかのマンコに挿入を始めました。
マンコが十分濡れていたため、亀頭までスムーズに受け入れました。
私は慣れさせるために竿の部分を上下させて亀頭を入れたり出したりします。
いやらしい汁に満たされているため、トイレにちゅぱちゅぱと音が響きます。
不安そうな顔でこちらを窺っています。

私はタオル越しにさやかの口をしっかりと押さえて、いよいよ奥まで挿入することにしました。
ゆっくりとさやかのマンコにブツを挿入し、ついに一番奥まで挿入しました。
さやかはブツが少し進む度に、「んんんんん・・・」と苦しそうに喘いでいます。
さやかの喘ぎ声が一段落した頃に、ストロークを開始しました。
今まで経験したことがないほどの締め付けだったのでゆっくりと動きます。
それに、あまり激しく動くとさやかが暴れる可能性もあったので。

奥まで入れるたびに、付け根に柔らかいお尻がくっつきます。
腰を動かしながらも、胸、お尻、太もも、お腹、髪の毛といった成長期の少女の体に触れて未成熟な体を存分に楽しみます。
さやかは少し動くたびに苦しそうに喘ぎます。
目には涙を浮かべていました。
より激しく動くために、さやかの手を掴みます。
両手を引いて海老反りのような格好をさせて、強くストロークします。
さやかは、まだ痛いらしく、「んっんっんっ」と苦しそうに喘いでいました。
トイレには、私とさやかの肌が打ち付けられるときのパンパンという音と、さやかの喘ぎ声が響いています。

射精感が高まり、中出しすることを決めた私はさやかに、「中に出すよ」と囁きました。
さやかは喘ぎながらも戸惑った顔で首を横に振り、お尻を振って抵抗します。
さやかの口にはタオルが入っているため、何か言っても言葉になりません。
おそらく性教育などで、セックスをすると赤ちゃんができることは知っていたのでしょう。
私はさやかの抵抗を無視して、膣の一番奥に一気に射精しました。
射精する時は手を離して、さやかのお腹に手を回して抱きつきました。
さやかは再び手を壁について、必死にお尻を動かして抵抗していました。

私が精子を出し終えてブツを引き抜くと、さやかは一気にトイレの床に崩れ落ちました。
私は虚ろな目をしたさやかの写真を何枚か撮ります。
その後タオルを回収して、さやかの体についた精液を拭き取り、スクール水着を着させます。
抵抗こそしなかったものの、動こうとしなかったのでスクール水着を着せるのは大変でした。

最後に、「この事を人に言ったら、さっきの画像を人に見せちゃうよ」と脅しました。

さやかは元気のない顔で頷きました。
そして私は足早にトイレを後にしました。

1週間ほどしても特に騒ぎは起きなかったので、さやかは黙っていたのでしょう。
今思い出しても最高な時間でした。
あの時撮った画像は、今も宝物として残してあります。