ヤリチンとハメ撮りしていた巨乳の美人OL・前編

この体験談は約 7 分で読めます。

かなり長くなるが良かったら聞いてくれ。

俺は今年で40歳になるおっさんだ。
ちっぽけな事務所を開設していて、そこで社員を4人雇っている。
雇ってる社員は全員男で、50代のじいさんから20代のイケメンまでいる。
全員営業で、基本的にみんな日中は外回り。
夜、帰ってきたら事務作業をさせている。
社員のみんなは結構大変だと思うけど、そのぶん割といい給料を払ってるし、福利厚生もかなり充実させてるんで、みんなそれなりに満足はしてくれていると思う。
みんなが頑張ってくれてるんで、俺の仕事は基本的に事務所待機のみ。
暇なんで、本を読んだり、ゲームをやったり、昼寝をしたりしている。
みんな頑張って営業してくれてるのに、ひでぇ社長だw

あんまりにも暇だし、社員みんなのおかげで業績は好調なんで、事務員を1人雇って、みんなの負担を軽くしようと思ったわけだ。
で、求人広告を出したら、すぐに4人から応募が来た。
翌日を面接日にして、1人ずつ面接することにした。
最初に面接したのは40代のおばちゃん。
事務経験も豊富だし割と面白い人だったんで、この人でいいやって思った。
面倒くさいから超適当。
2人目、3人目は印象にも残ってない。
特に面白くもない人たちだったし、最初のおばちゃんで決めるつもりだったんで。

で、最後の4人目。
25歳の女だった。
しかも結構可愛い。
色んな話を聞いてたら面白くなってきた。
採用されようと必死なんだよね。
すごく頑張って自己アピールをしてくる。
もちろんエロい意味でじゃない。
なんか健気なんだよね。
採用してくださいっていう必死のお願い。
その願いが叶うかどうかは俺の気分次第なわけで、すげーいい気分。
もっとたくさんの女を面接して、このいい気分をもっと味わいたくなってきた。

というわけで、その後も募集を続行。
希望者全員に履歴書を送ってもらい、20代の女限定で面接の日時を決めた。
しばらく連日の面接が続いた。
『正社員急募!』って広告を出してるけど、全然急募じゃない。
ただの俺の暇潰し。
すげぇ楽しい。

面接を重ねた俺が思うに、無職の子はそれなりに理由があると思う。
コミュニケーションが取れない、面白くない、バカ、不細工・・・。
転職希望者もとろくさいのが多い。

「今の職場が合わなくて・・・」とか「人間関係が・・・」とか。

「学生じゃないんだから、自分が気に入った人とだけ付き合っていればいいわけじゃない。給料をもらうんだから、自分が合わせる努力をしなきゃ。そうじゃないと、この職場でもやっていけないよ?」

というようなことをやんわりと話すわけだが反応も色々。
反論しだす子、泣き出す子・・・。
俺としては泣かれると嬉しい。
自分がドSだということに初めて気がついた。
そうは言っても圧迫面接みたいなことはしない。
基本的に穏やかな雰囲気の面接で、相手を誉めまくる。
そうすると、みんな調子に乗るんだよね。
(バカだなー)って思いながら聞いてる。

いくら面接が楽しくても、1ヶ月近くやってると飽きてくる。
俺の希望条件に合う子がいたら採用、いなきゃ募集をやめようと思っていた。
俺の希望条件は・・・。

・20代の女→当然!
・ルックスがいい→これも当然、わざわざ不細工を雇う必要などない。
・会話が続き面白い→日中は毎日俺と2人で過ごすことになるからね。
・適度な学歴→高すぎると、なんかムカつく女が多い、低すぎてもムカつく、バカっぽい子は結構好きだが、一応仕事なんで。

で、ついにその条件にかなり一致する女が現れた!
彼女の名は、『桜子』ってことで。
年は23歳。
今年の春に大学を卒業した後も、学生時代からやっている中高生の家庭教師を続けているらしい。
桜子は履歴書の写真でも十分美人だったが、実際に会って顔を見た瞬間に、(よし、採用!)って決めたほどの美人。
うん、可愛いというより美人なタイプ。
性格は穏やか。
本人曰く、「怒ったことがないから、そのことを友達に怒られたことがある」とのこと。
あと、頼まれたら嫌とは言えない性格みたい。
さらに、よく笑うし愛想がいい。
身長はおよそ160センチ。
高校時代は陸上をやっていたらしい。
見た感じスラッとしてるが、服の上から見ても巨乳であることは誰にでもわかる。
健康面の話を聞いたときに、「気持ちが悪くなるくらい肩こりがするときがある」と言っていたが、巨乳だからだろう。

唯一条件に合っていなかったのは、高学歴ということ。
桜子は有名な国公立大学出身で頭が良く、会話をしていてもそれは感じられた。
それでも彼女を採用しようと思ったのは、『真っ直ぐでいい子です』オーラが漂ってたから。
要は、俺みたいなおっさんに好かれるタイプだね。
こんな子が就職先が決まってないなんて、なんてラッキーなんだと思った。
その場で採用を即決。
すると桜子は涙を流して喜び、「一生懸命頑張ります!」と。
いや、君の主な仕事は俺の暇潰しの相手なんだけどね・・・すまん。

初出勤の日。
この子が初の女性社員なんで、ウチの事務所に制服なんかもちろんない。
当面は接客させるつもりもなかったんで、「私服でいいから」と伝えてあった。
で、真夏だったこともあり、桜子はそれなりに夏っぽい格好をしてきた。
事務の仕事のやり方なんかを最初から説明。
全部自主的にノートにメモってる。
で、機械の点検のやり方を教えようとして、彼女に座らせ、俺は左斜め後方に立って指示。
すると、前屈みになっている桜子のおっぱいの谷間が大迫力!
巨乳ゆえ乳首までは見えないが、白い清楚なブラと、はち切れんばかりのおっぱいの膨らみが丸見え。
俺は桜子から30センチも離れていない距離からガン見してるのに、機械に注意が行っている桜子は見られてることに全く気づかない。
それをいいことに、俺はそんな桜子の姿を事務所に置いてあったデジカメでビデオ撮影。
ばっちり記録した。
昔ちょっと盗撮にハマっていたが、久々にあのドキドキ感を思い出した。

出勤初日から俺に盗撮された桜子だったが、そんなことを夢にも思わない彼女は翌日も元気に出社してきた。
今度は彼女にコピー機の使い方を教え、何枚もの両面コピーをするように命じる。
そのコピーそのものには何の必要性もないんだが、そんなことを彼女は知る由もない。
俺がそんな無駄コピーをさせたのはスカートの中を盗撮するため。
間違えずにコピーをしようと、そっちに集中している桜子のスカートの中にデジカメを突っ込み、バッチリ撮影。
後で見てみたら、水色のパンツが写ってた。

そんな盗撮を繰り返していると、どうしても彼女のおっぱいが見たくなった。
事務所には一応更衣室はあったが、誰も使っていないので物置きになっていた。
桜子にそこで着替えさせて、それを盗撮するために、会社に女性用制服を導入することを決めた。
まあ着るのは桜子だけだが。
制服を導入することを彼女に伝え、好きな制服を選ばせた。
そのときの喜びようと言ったらすごかった。

「私1人のために本当にいいんですか?ありがとうございます!」

(こっちこそありがとう)と心の中で笑った。

で、制服が届いた。
更衣室は物置として使っていただけあって色んなものが雑然としていて、カメラを隠して設置する場所には困らない。
彼女はかなり時間には正確なほうなんで、彼女が来る5分前にカメラをセット。
彼女が事務所にやって来たんで、袋に入った制服を渡すとすごく喜んでいた。
更衣室へ案内し、彼女のロッカーを指定し、鍵を渡した。
鍵は2個渡し、「マスターキーも渡すんで絶対に失くさないでね?これ失くしたらロッカーごと弁償してもらうよ」と言ったら笑っていた。
これは彼女を安心させるための嘘で、俺も予備のキーは持っている。
もちろんロッカーの中を漁るためだ。

俺は更衣室を出て、彼女が出てくるのを待った。
その間のドキドキ感!
彼女は10分しても更衣室を出てこない。

(もしかしてカメラが見つかったか?)というヤバい感じ。

だが俺の心配は杞憂に終わり、彼女は満面の笑みで更衣室から出てきた。
俺は服に興味はないが、似合ってることを褒めると照れながらすごく喜んでいる。
制服ってそんなに嬉しいものなのか?
まあ俺にはわからん感覚だな。

で、彼女に外に自販機にジュースを買いに行ってもらい、その隙にカメラを回収した。
この時ほど仕事の時間が長く感じたことはない。
ようやく1日の仕事が終わり、俺1人が事務所に残ったので、ドキドキしながら再生してみた。
カメラは彼女の着替えを捉えていた。
桜子はニコニコで袋から制服を取り出す。
取り出した制服をしばらく眺める。
制服を抱き締める。

(なぜだ?)

そして着ている服を1枚ずつ脱ぎ、ブラとパンツだけの姿に。
この日はどちらも爽やかな水色っぽいやつ。
清楚な感じが桜子っぽくていい。
その自分の姿を鏡に映してポーズをとっている。

(結構ナルシストなのか?)

そのうちクネクネ踊りだし、手を鉄砲の形にして、鏡に向かってバキューンのポーズ。

(・・・おい。アホか。見てるこっちが恥ずかしいわ。女って1人の時は、みんなこんなんなのか?)

もし彼女がこんなところを見られてると知ったら、恥ずかしさで会社を辞めるだろう。
俺が逆の立場だったら余裕で自殺する。
しかし、可愛すぎる。
俺は萌え死んだ。
それから彼女は制服を着て自分の姿を入念にチェックし、やっと更衣室から出た。

このビデオは良かった。
そんなにアップで映ってるわけじゃない。
ブラはしてるんで、おっぱいも見えなかった。
まあ制服に着替えるだけなんで当たり前なんだが。
でも、いい!
下着姿でバキューンのポーズで十分満足した。
ちなみにロッカーの中を見てみたが、きれいさっぱり何も入っていなかった。
整理整頓をする彼女らしいと感心すると同時にすごくガッカリした。

ある日、盗撮事件が紙面に載っていたので、この話題を振ってみた。

桜子「そんなことをするなんて最低!考えるだけで気持ち悪いです」

(まあキミは俺に盗撮されまくってるけどね)

桜子「でも、盗撮される女性にも少し責任があるかもしれないですよね」

(そうか、君にも責任があるんだな)

俺「へえ。どうして?」

桜子「そんな危なそうな男に近寄るから」

俺「そういう男ってわかるの?」

桜子「絶対わかりますよ!自分の身は自分で守らなきゃ」

おっしゃる通りです。
この話をしていたとき、桜子は俺と対面で座っていたのだが、その最中も机の下できれいな生足を盗撮していたんだけど、まあ盗撮される桜子が悪い。

そんな楽しい毎日を過ごしていたのだが、あるとき桜子が急に俺にプレゼントをくれた。
開けてみたら手作りクッキーだった。
趣味でお菓子作りをしてるらしく、よかったら食べてくださいとのことだった。

このとき桜子に言われたのは・・・。

・仕事に来るのが楽しくて仕方がない。
・友達にも職場環境をものすごく羨ましがられている。
・親から、俺に感謝しろといつも言われている。
・いつも世話を焼いてくれて本当に嬉しい。
・ここに入社できて本当に幸せ。

俺は何も言えなかった。
俺は人として最悪の部類に入るが、ここまで言われると、自分のしていることにものすごい罪悪感を覚えた。
桜子は、きっと本当にいい子なのだ。
もし俺が10歳若かったら、きっと本気で好きになっていただろう。
自分が恥ずかしくなった。
申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

もう盗撮はやめよう。
もっとまじめに仕事をして、もっといい会社にしよう。

そう心に誓った。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました