流れるプールで見つけた爆乳ママをトイレの裏で味見

この体験談は約 4 分で読めます。

今年の夏も俺は関東近郊の市民プールに出没。
流れるプールや波の出るプールで、どさくさに紛れて女の尻を触ったり、胸に揉んだりしては、その女の反応を見るのが好きな俺。

その日は7月下旬の平日。
それもまだ午前中ということもあって、そんなに混んではいなかった。
俺は流れるプールでレンタルした浮き輪でプカプカ流れながら獲物を物色していた。
ときたま俺の横をギャアギャア騒ぎながら通り過ぎていくスクール水着の中学生の集団を横目で眺めつつ、最近の中学生の発育のよさに舌を巻いては下半身を熱くさせていたのだった。

半周ほどプカプカ流れていると、ちょうど隣に小学生くらいの男の子の浮き輪を押している黒いビキニでムチムチした体の30代半ばから40代前半の母親が通り過ぎようとしていた。

(おっ、エロい体してるな!)

そう思った俺は、波の揺れに合わせて近づいて、その母親の横にピタリと付いた。
周りを見渡してこっちを見ている人がいないことを確認。
早速、水中に手を潜らせて、水着の上から尻を揉んでみた。
さすがに子供を産んでいる女は尻はデカいし肉厚だった。
揉んではみたが、特に反応がなかったので、さらに尻全体を撫で回してやった。
すると母親は俺をじーっと見たが、特に何も言ってこなかった。
俺はそのまま水中で母親の尻を撫で回したり揉んだりしてやったが、相変わらず俺のことをじーっと見るだけで何も言ってこなかった。

(これは美味しい獲物かも!)

俺は周囲からは3人が家族のように見えるように装い、2人と離れないような位置取りをしてプカプカ流れていた。
子供がバタ足でちょっと前に進んだ隙に今度は手を前に持っていき、水着の上から胸を鷲掴みにして揉んでみた。
一瞬、母親は身を引いたが、やはりじーっと俺を見るだけで何も言ってこなかった。

ここで俺はエスカレートして、完全に体を密着して胸を揉みながら、すでに勃起しているチンポを尻に押し当ててみた。
それでも母親は嫌がることなく、子供の浮き輪を後ろから押しながら見守っていた。
いくら子供の前と言えども、これだけしても嫌がらないということは・・・。

(ヤルしかない!!)

俺は周りの目を気にしながら豊満な胸を水着の上から揉んで楽しんだ。
そしてパッドの中に手を入れて乳首を指で摘まんでやると、母親は体をビクッと反応させながら、また俺をじーっと見るのだ。

「敏感だな」

俺は母親の耳元で初めて話しかけた。
しかし母親からは特になんの返答もなかった。

俺はさらにエスカレートして、自分の海パンの紐を緩めると、母親の片方の手を掴み、自分の海パンの中に手を捻じ込んだ。
母親は何されたのかよくわかっていなかったようだが、勃起した俺のチンポが手に当たるとさすがに気づいたようだった。
そして、おもむろに俺のチンポを握ったのだった。
ただ、手を動かすわけではない。
ただ握っていた。
そんな母親の耳元で俺は囁いた。

「プールから上がったら、これで気持ちよくしてやろうか?」

すると、チンポを握っている母親の手が微妙に動きだした。
勃起チンポを上下に擦り出したのだ。

「欲しいんだろ?」

そう言うと母親は海パンの中から手を抜いて、俺をじっと見つめながらモジモジし始めた。
俺はどうにかして子供を引き離して母親と2人きりになりたかった。
とりあえず俺はプールを上がるように指示した。
母親は何も言わずに頷くと、「1回プールから上がるよ」と子供に言って、子供を先に上に自分もプールから上がった。
俺もその後に続いてプールから上がると、母親の耳元でトイレに行くように指示した。
母親は子供の手を引き、素直に俺の指示通りトイレに向かった。
さらに母親に、子供にトイレから戻ってくるまでここで待っているように言いつけることを指示した。
子供はすぐに浮き輪で遊びはじめて、もうこっちを見ていない。

俺は子供から離れた母親をトイレの裏に誘い込んだ。
2人になるとすぐにキスをして、すぐにビキニの紐を解いた。
するとGカップはあろうかという爆乳がブルンと飛び出てきた。
さすがに垂れては、持ち上げるとその重さは尋常ではなかった。
俺は両方の胸をめちゃくちゃに揉んで乳首に食らい付いた。
母親はすぐに甘い吐息を上げ、俺にされるがままになっていた。

十分に爆乳を堪能した俺は海パンを下ろし、勃起したチンポを咥えるように母親の頭を押さえてしゃがませた。
母親は俺の前に跪くと、なんの躊躇もなくチンポをしゃぶりだした。
涎を垂らして竿を根元まで咥え、さらには玉を頬張るというかなりのテクニックだった。
そして、その目は完全にイッていた。

このままでは発射してしまいそうだったので、頭を離して母親を立たせると、ビキニを膝まで下りして壁に手をつくように命令した。
そして肉厚なデカ尻を掴むと、後ろからいきり立ったペニスを生でぶち込んでやった。

「うぐう・・・」

一瞬うめき声を発した後、母親は自らズンズン尻を動かしてきた。
さすがにこんな場所ではのんびり堪能している時間はないので、俺も負けじと猛烈に腰を振り立てた。
デカい尻だけに、パンパンとすごい音が辺りに響き渡った。

「あううん・・・あううん・・・あああ・・・」

うめき声が喘ぎ声に変わる。
しかもかなり声が大きいので、誰か来るのではないかとヒヤヒヤしながらそれでも腰を振り続けていると、イキそうになった。

「おぉ、ほら、イクぞ!!」

そう言ってチンポを抜いてデカい尻に大量の精子をぶっかけてやった。
母親はしばらくそのままの格好で両足をピクピクと震わせていた。
すぐに母親に水着を着るように命じ、母親の口にヌルヌルのチンポを押し込んでキレイにさせた。
その後、半年ほどこの母親を性欲処理に使わしてもらった。

タイトルとURLをコピーしました