母から出た汁を肛門に塗りたくって

この体験談は約 5 分で読めます。

俺が22歳の初夏だった。
いつもは大学へ行ってる時間だったが、その日は気分が乗らず、コーヒーショップで少し時間を潰して帰宅した。

自宅へ戻ると、シャワーの音がしていた。
この時間はみんな仕事へ行ってる時間だったので、誰だろうと思いながらリビングへ行くと、母の服が散乱していた。
パンティが裏返しで床に落ちてて、ブラなんかもソファーに引っ掛けて、几帳面な母にしてはものすごく雑で不審に思った。

下着や服を拾い集めてソファーに置くと、テーブルの上に空のビデオケースが置いてあった。
母は機械オンチでビデオなんか触るような人ではなかったから、気になってデッキから取り出すとラベルのないビデオが出てきた。

(なんだろう?)

挿入して再生すると、横たわる母の顔が映し出された。
目を閉じて、物憂げで、どこか艶めかしい・・・。
しばらくカメラは母の表情を映していたが、やがてカメラがゆっくりとパンすると、ピンク色のポロシャツが大きく捲り上げられて母の大きな乳房と褐色の乳首が映し出された。
中年のぽっこりしたお腹と古い手術の傷跡、そして久しぶりに見る陰毛。
広げられた母の股間にぴったりと別の誰かの股間がくっつき、母の割れ目からズルっと黒いモノが引き抜かれた。
カメラが母の広げた股の間に近づいた。

「ははっ、すげぇ。中から出てるよ、おばさん」

男の笑い声が聞こえた。
周囲の色素の沈着したビラビラとは対照的な艶やかなピンクの口がパクパクと開いたり閉じたりするたびに白いザーメンが溢れ出し、それは肛門にまで伝った。
男がザーメンを掬い唇に押し当てられると、最初は顔を背けたが、無理やりねじ込まれて、母はその指を口に含んだ。
普段はまったく化粧をしない母が、メイクをして男の指を舐めていた。

カメラが引くと撮影場所がわかり、ドキッとした。
両親の寝室だった。
むちゃくちゃ頭に来たが、それ以上に母のあられもない姿に背徳な気持ちがムクムクと湧いた。

「おばさん、すげーよかったよ。今度はもっとエロいことしようよ」

知らない男の声がした。
母はカメラを睨むと悲鳴のような声で言った。

「今回だけって約束でしょ!」

「おいおい、あんだけアンアン言っててそれはないでしょ。旦那とまだやってんだろ?けどやっぱ若いチンポのほうがいいんだ?」

男がそう言って笑うと、「嘘、そんなことない!絶対」と母は頭から布団を被った。

「おいおい、泣くなよ・・・おばさんのせいだろ?」

男はそう言ってカメラを切った。

俺がビデオを巻き戻しているときだった。

「わぁ!?」

母の驚く声が聞こえた。
振り返ると、バスタオルで髪を拭きながら全裸の母が入ってきた。

「ちょっと!?ダメ・・・!」

母が裸のまま飛びかかってきた。
再生しながら巻き戻していたので一目瞭然だった。
まだ水滴がついて濡れている母の身体が俺に馬乗りになった。
巻き戻しが中断され、「駄目・・・やめて」と甘い声がテレビから聞こえる。
カメラには下半身しか映っていなかったが、紛れもなく母だった。
枕で顔を隠し、大きく広げられた股の間に知らない男が顔をうずめていた。
十分に広がった割れ目に口を押し当て、深い陰毛を掻き分けて、皮から飛び出た芽を舐め上げていると、下半身がブルブルと震えて、押し殺したような母の声が漏れていた。
俺は母の大きな尻に指を食い込ませてしっかり抱き締めながら、テレビから目が離せなかった。
母の顔はそっちを見ていなかったが、俺と顔を背けてただ黙っていた。

どれだけ無言だっただろうか。
やがてテレビの中の母が、「はあぁ・・・もうダメ」と股を閉じて全身を震わせ、絶頂に昇り詰めた。

「うわ、ビチョビチョ。おばさん、イッちゃった?」

テレビの中で男が口をぬぐいながら笑い、横になってグッタリしている母の尻をグイっと広げた。
割れ目からの汁で陰毛が濡れて、肛門にまで伝っていた。

俺に裸のまま馬乗りになっていた母が黙ったまま離れようとしたが、俺は再び引き寄せた。
しかしそのまま尻を掴んでいる手をピクリとも動かすことができなかった。
口の中がカラカラで動悸が止まらなかった。
カチカチに上を向いた勃起が母の内股に刺さるように俺の気持ちを代弁していた。
しかし女性経験がない俺は、ただ呼吸を荒くするだけで何もできなかった。
なのにテレビの中の男は母の割れ目を広げて汚い一物を押し付けていた。

テレビの中の母も、今、俺の上にいる母も無抵抗だった。
男は母の中に入るところをはっきりと収めたいのか、何度も姿勢を調整して、母の大きなクリに亀頭を擦りつけていた。

「おばさん、入れるよ」

一際大きい声で男が宣言すると、ちんぽがヌルっと母の体内に入った。
間髪入れずに母から出たり入ったりすると、結合部からクチュクチュと音がして、「あ・・・あ・・・」という小さい喘ぎが聞こえた。
男が激しく動くと、パンパンと肉のぶつかる音がして、ヌチャヌチャと粘膜が擦れる音が耳についた。
男が母が抱いている枕を奪うと、泣きそうに見えるし、どこかだらしない感じのする母の顔を映し出した。
母はもう顔を隠そうともせず、男の深い挿入の一撃に顔を仰け反らせて、殺したような喘ぎを漏らしていた。

俺の手はようやく動いた。
母の尻の中心に滑らせると、吸いつくようなパーツに触れた。

「あ・・・ダメ・・・」

母がポツリと一言漏らしたが、再び黙りこくってしまった。
俺の目的地もそこではなかったが、姿勢的にそれ以上進めなかったので、そこを円を描くように弄りながら反対の手を腹部から差し入れた。
母の股は俺の腰を跨ぐようにパックリと開かれており、テレビに映っているのと同様に、俺の指先もそこに触れたかと思うとヌルっと中へ沈んだ。
母は何も言わなかった。
母の中は広く、指1本でクチュクチュと弄っているうちに濡れてきて、もう1本もたやすく飲み込まれた。
2本の指で掻き回すように出入りすると、手のひらがビチョビチョに濡れて、ついにもう1本もねじ込んだ。

「ああ、そんな・・・きつい」

ハァハァと息を乱したが、テレビに映る母の乱れる姿には及ばなかった。
男はカメラを脇に置きしばらく壁しか映していなかったが・・・。

「嫌・・・そんなの。約束と違うじゃない!」

「大丈夫だって。初心者用だから」

「だって、そんなの・・・入んない」

母と男の押し問答が聞こえて、しばらくすると、「あぁああ!やめて!お願い」と悲鳴のような母の声。
カメラが再び母を捉えると、高くお尻を盛り上げた母の肛門に、玉の付いた細長い性具が突き刺さっていた。
母は陰毛が濃いがお尻の穴は綺麗で、周辺にはクリームっぽいものが塗られていた。
男は笑いながら、それをひとつひとつ深く挿し込み半分ほど入れると、今度はバックで母を犯した。

「ひぃいい、抜いて、抜いて!」

母はひどく虐められているようだったが、男がパンパンと激しく挿入すると、いつもハスキーな母からは聞いたことのない、泣いてる子供のような声がした。

「お尻が熱いよぉ・・・抜いてぇ。怖い・・・壊れちゃう」

どこか甘く媚びた声に俺はかっとなり、母の汁を塗りたくった肛門を弄った。
無抵抗だった母がイヤイヤと逃げようとしたが、肛門を弄る指は慣れているように受け入れらた。
両手で母のそれぞれの秘部に触れた。
分厚い肉を通して互いの指の感触がわかる。
クチュクチュと両穴を弄ると、母が「あっ・・・あっ・・・」と喘いで、俺の肩に指を食い込ませた。
母を目が合うと、互いにゆっくり唇を重ねて口内を貪った。
時おり母の身体がびくっと脈動し、母の目からは涙が零れていた。

「ごめんね、マコト・・・お母さん、ずっと騙してた」

母はそう言って鼻を啜った。

タイトルとURLをコピーしました