Wフェラの願望を叶えてくれたレズビアン・前編

この体験談は約 8 分で読めます。

そのプレイに参加したのは、俺とレズな関係の女性2人。
仮に『香代』『恵美』としようか。
香代は、心は男って感じでヤル方。
恵美は、典型的なヤラレ役。
香代は責めるほう、恵美は責められるほうだったのね。

んで、俺が友達だったのは、香代。
こいつは周辺の人間にも自分がレズであることをカミングアウトしてて、姉御肌の面倒見のいい奴だった。
ルックスも非常に整っておりスタイルも抜群で、いかにもボンテージファッションとかが似合いそうだった。
あ、そうそう。
香代と恵美にはSMの関係もあった。

これは俺が大学生の時の話。
俺と香代はサークルが一緒で、1年のときから遊んでたりして仲が良かったんだ。
どんどん仲が良くなっていくにつれて恋愛感情みたいなもんも芽生えたんだけど・・・。
単純に、香代とセックスしたい気持ちのほうが強かった。
そんな俺の気配に気付いたのかは知らないけど、ある日、香代は俺にレズだと告白するんだよ。
それってつまり、俺のことを恋愛対象としては見れないし、セックスもできないっていう宣告みたいなもんだと思ったから、俺はスゲーショックだったんだよね。
でも、香代がこんなことを言ってくれたんだ。

「あんたにだったら教えてもいいような気持ちになっちゃったよ。もし私がレズじゃなかったらあんたに惚れてたかもな。これからもよろしくなー」

ある意味、普通の女の子に好きだって言われるよりも嬉しかった。
レズの女の子に信頼され、これからもよろしくって言われるなんて、非常に名誉なことなんじゃないかと俺は思った。
そうして俺と香代は、なんでも相談し合ういい関係になっていった。
で、いい関係になった俺と香代は強固な信頼関係を築いていく。
お互い話せないことはないってくらいに、なんでも話し合った。

で、俺はある日、願望があるってことを香代に話したんだ。
俺の場合、ビジュアル的に2人の女が俺のチンポを同時に舐めてるところが見たいと思った。
別に複数プレイがしたかったわけじゃない。
そしたら香代が、「もう1人女の子連れてきて、あんたの願望を叶えてやろうか?」みたいなニュアンスのことを言うわけ。
それってつまり、香代がもう1人女の子を連れてきて、その子と一緒に俺のチンポを舐めてくれるってことなんだけど。
そんなことよりも、香代がフェラしてくれるってことのほうが俺にとってはビックリだった。

「それって、香代が俺にフェラしてくれるってことにもなるけど、大丈夫なの?」

ドキドキしながら香代に確認してみた。
当然ながら香代はレズでなわけで、(チンポなんて好きじゃないだろ?)って思ってたんだよね。

そしたら、「ま、男は好きじゃないけど。一度くらいは本物を舐めるのも悪くないかな」なんて言われてしまった。

調子に乗って、「じゃあ今すぐ舐めてくれ」って言ったら殴られた。
普通にグーで。

で、香代が連れてきたのが恵美だったのだが、まだ17歳だった。
なんでも香代とバイト先が一緒で、知り合って話をするようになってすぐ、香代は恵美にレズの匂いを嗅ぎ取ったらしかった。
2人とも基本的には明るくて面白い子だったから、パッと見てこの2人がレズってるなんて俺には信じられなかった。
でも、俺が信じようが信じまいが2人がレズなのは事実であり、2人は恋人として肉体関係を持っている男女となんら変わらなかった。
要するに、恵美は香代の彼女だったわけ。
しかもかなり従順な奴隷でもあったわけ。
香代はそんなにえげつないSではなかったけど、恵美は極度のMだったみたい。
まあ後で判明するんだけどね、色々と。

で、俺のチンポを2人で舐めるというイベント(笑)を開催するにあたり、2人から俺に対していくつかのルールが提案された。
細かいところがたくさんあったんだけど、大きなとこだけピックアップ。

1.大人しくしてろ。
2.調子に乗って挿入しようなんて思うな。
3.勝手に体に触るな(もし触ったら、その時点でイベント終了)。
4.射精を伴なってもいいが、出した精子は自分で舐めろ。

4だけちょっと引っかかったんだけど、願望を叶えられるなら安いもんだった。

で、決行の日は訪れるわけなんだが、会場は俺の部屋にしてもらった。
途中で、「やっぱヤル気なくなった。帰ってくれない?」なんて言われたくなかったから、俺なりに考えて俺の部屋を使ってもらうことにした。

「とりあえず風呂入って念入りにチンポ洗ってこい」

香代にそう言われて、俺は素直に従った。
香代の命令口調は堂々たるもので、ちょっぴりガクブルだった。

シャワー浴び終えて浴室から出たら、“ウィーンウイーン”なんて音と恵美の喘ぎ声が聞こえてきた。
俺は来てはいけない所に来てしまった悪寒がして帰りたくなった。
でも、ここは俺の部屋だったので帰る所がなかった。

俺は脱いだ服を元通り着て、思い切って2人が待つ部屋のドアを開けた。
予想通り、恵美がバイブで責められてた。
全裸にルーズソックスという、普通なら勃起しまくりでチンポが弾け飛んでしまうようなエロい格好だったわけだが、俺はビビってしまっていて、それどころじゃなかった。
香代はキャミソールにジーンズというラフなスタイルだったけど、ノーブラで乳首が透けてた。
それを見たらちょっと興奮した。

香代は俺のそばにやって来て、耳元で、「軽蔑したりしないよね?」って囁いた。
この瞬間、俺は香代も緊張してるんだと思った。

で、ズボンを脱がされて下半身を剥き出しにされてしまうわけだが、その頃にはもう覚悟はできてた。
が、上半身まで脱がされた時には恥ずかしくて逃げ出したかった。
そしてなんだかよくわからないうちに、まだ二言三言しか言葉を交わしたことのない恵美に俺はチンポをしゃぶられていた。
俺は仁王立ち、恵美は正座でフェラチオ、香代はその脇で恵美にバイブを挿入してた。

「私たち、本物を相手にするのは初めてだから、下手だったらごめんね」

なんて言いながら香代も俺のチンポに手を伸ばしてきた。
こうして夢にまで見た“2人の女にチンポを舐められる”という目的を達成した俺だったけど、なんか虚しかった。
が、チンポはビンビンだった。
それもまた虚しかった。
はっきり言って俺は香代のことが大好きだったので、物凄く複雑な心境だった。
まあ、好きな女にフェラされて素直に喜べなかったなんて贅沢だなって今は思うけどね。

目の前に全裸にルーズソックスの女子高生とノーブラキャミ姿の香代がいるのに、俺は立って見てるだけ。
チンポも立ってるだけ。
香代は胸大きかったし、キャミの胸元から乳首なんか丸見えだったのに、見てるだけ。
ルールがあったので、俺は本当に『人間バイブ』って感じで、勃起したチンポを思う存分に活躍させることは出来なかったわけだ。
まんまとSな香代の策略にハマったって感じだったんだ。
お預け状態の俺を見ながら、香代は本当に時々しかチンポ舐めてくれなかった。
主に舐めるのは恵美で、香代は手コキって感じ。
もちろん恵美が両手を使わずに口だけで俺のチンポを求めてる姿は物凄くエロかったんだけど、俺は香代にもいっぱいしゃぶって欲しくてたまらなかった。
そんな俺の心情を見透かしたように香代から言葉責めをされた。

「舐めて欲しい?」
「おっぱい触りたいんでしょ?」
「あら、もうイッちゃいそうなの?まだ私がナメナメしてあげてないのに?」

数々の言葉責めを喰らったけど、中でも強烈だったのは、「私のおっぱい見たいんでしょ?」だった。
ノーブラだし、上から覗く格好だったから、俺にはほとんど香代のおっぱいは見えてるも同然だった。
それを香代も知ってたはずなんだ、絶対に。
それなのに、敢えて「おっぱい見たい?」って聞いてくるところが香代の凄さだった。
そこで俺が、「いや、香代のおっぱい、ほとんど見えてるから」なんて答えることが出来ないってことを見抜いてたんだ。
恐ろしい女だ。

「香代のおっぱいが見たいです。見せてください」

なんてセリフを言ってしまう自分が信じられなかった。

でも、結果的に言って正解だった。
香代はおっぱいを見せてくれたし、触らせてもくれた。
香代のおっぱい触った途端に俺は急激に気持ちよくなってしまい、射精したら自分で精子を舐めなきゃいけないって知りつつも、もうどうでも良くなってしまっていた。
香代に「もうイキそうです」なんて敬語を使い、「恵美の胸に発射して」なんて指定され、俺は香代の手コキで果てた。
香代も恵美も初めて男がイクのを見たらしくて結構喜んでいた。

俺は精子を放出し終わった途端、腰が抜けたみたいにフニャフニャと崩れ落ちてしまった。
張り詰めていた緊張が一気に解けて呆然とした。
そんな俺の口元に香代は指を差し出して、「一応ルールだから♪」と微笑んだ。
香代の指は俺の精子で濡れてた。
俺は戸惑い気味に舌を出し、香代は俺の舌を精子のついた指で撫で回した。
しょっぱかったけど、香代の指を舐めてると思ったら嫌じゃなかった。

すると香代は、「まだいっぱい残ってるわね」と意味深なことを言い、恵美を指差した。
うねっているバイブをアソコに挿入された恵美の胸には、さっき俺が放出した精子がテカテカと光っていた。
恵美の潤んだ瞳を見て俺はたまらなくなった。

「あんまり乱暴に扱わないでね。あの子、胸が感じやすいから」

そう香代に言われた。
俺は精子まみれの恵美のおっぱいにむしゃぶりついた。
なんだかんだ言っても女子高生の胸だ。
精子なんぞ洒落たスパイスだと思えばいい。
が、現実は甘くなかった。
ちょっと乾き始めた精子は想像以上に手強かった。
いくら自分の精子とはいえ、吐き気も込み上げてきた。
が、舐めてるうちに精子なのか唾液なのか分からないくらい恵美の胸はヌレヌレだったので、精子をぶっかけた以外の場所も舐めまくった。
もちろん乳首中心に!
俺は恵美に覆い被さるようにして四つん這いでおっぱいを舐めていた。
それこそ犬みたいにペロペロペロペロ。

完全に俺は香代の術中にハマっていた。
恵美にバイブを出したり入れたりを繰り返しながら香代は俺に・・・。

「お尻の穴、見えてるよ?恥ずかしくないの?」

なんて言ってきやがった。
しかし俺は羞恥心なんかよりも、超敏感に反応する恵美に夢中だった。
乳首にちょぴっと舌を押し当てるだけでビクンと反応する女子高生を相手にできるなら、ケツの穴の一つや二つ見られるくらいどうってことなかった。
むしろ、どんどん見やがれ!って感じだった。

が、あえなく俺の女子高生のおっぱい舐め舐めタイムは終わりを告げる。
香代に「終了~」と言われたからだ。
その頃にはすっかり俺は香代の言うことを素直に聞くようになってたし、このイベントが楽しくなっていた。

「結構楽しくなってきたね」と香代も言った。

まるで俺の心拍数でも計ってるかのような的確なタイミングだった。

恵美はいつの間にかルーズソックスも脱がされ、俺と同じくスッポンポンになっていた。
バイブとおっぱいへの愛撫で何度かイッてしまったらしくグッタリしていた。
香代は、さっき俺におっぱいを触ることを許可してくれた時にキャミを脱いでいたので、下半身だけジーンズ。
大きいけど適度な緊張感を保った張りのあるおっぱいは、まさに女王様と呼ぶに相応しいって感じの立派すぎるおっぱいだった。

(このおっぱいにも精子をぶっかけてー!)と思った。

が、俺のチンポは1回目の射精のあとは全くもって無反応だった。

「もう立たないのかな?」

なんて言いながら香代が俺のチンポを握ってきた。
しかし、レズな香代はチンポを弄ったのはさっきが初めてだったわけで、そんな甘ちゃんのお触りじゃあ、射精したばかりの俺のチンポが復活するわけなかった。

「香代がフェラしてくれればすぐ立つと思うよ・・・」

俺は素直な気持ちを言っただけなんだけど、香代の癇に触ったらしくグーで殴られた。
でも以前殴られた時よりも全然痛くなかったし、香代はちょっと恥ずかしそうにしていた。

グッタリしてる恵美を抱きかかえて起こすと、香代は耳元で何かを囁いた。
恵美は一瞬怯えたような表情になったが、香代と何かコソコソとやりとりをした後で再びバイブを挿入され、目がウルウルになった。
そして香代は俺に驚くべき提案をしてきた。
それはあらかじめ決めておいたルールを大きく逸脱したものだったが、俺にはそれに抗う理由などなかった。

「今から2人でもう1回フェラするからさ、それでチンポが勃起したら、この子とセックスしてみない?」

香代はちょっと淋しげな表情を浮かべながら・・・。

「つーか、お願い。恵美と1回だけセックスしてあげて」

と、付け足した。
俺はなんだか緊急事態のような気がして、女子高生のマンコに挿入できることを素直には喜べなかった。
よくよく聞いてみると、恵美は前々から“男ともセックスしてみたい”という願望があったみたいだった。
要するにチンポも味わってみたいってことなのかな。
だけど、女である香代にはそんな恵美の願いは叶えられないし、恵美が男に奪われてしまうような気がして許せなかったらしい。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました