初めて会った男に激しく突かれて悶える妻に大興奮

この体験談は約 3 分で読めます。

私(祐介、45歳)、妻(麻美、41歳)の夫婦です。
子どもが巣立ち、夫婦2人だけの暮らしになって2年目を迎えました。
2人だけになって当初はセックスの回数も増えましたがマンネリ化してきた頃でした。

「3Pでもしてみないか?」

「恥ずかしいから嫌」

そう言う妻を強引に説得して、会うだけという約束で、ネットで募集した男と会いました。

待ち合わせ場所に現れたのは26歳のサラリーマン。
真面目そうな男性に私も妻もひと安心。
喫茶店やファミレスでは話もしにくいからと、ラブホで話をすることに・・・。
妻も渋々了承してくれました。

私の車で、1階がパーキングになっている郊外のラブホに到着。
部屋に入ってビールで乾杯した後、彼の3P体験談で盛り上がり、妻も笑顔に。
場の雰囲気も和んだところで、ベッドに腰を掛けていた私と妻の横に彼を呼びました。
彼の話に興奮したのか、妻にキスをすると受け入れてくれて、続いて彼ともキスをする妻・・・。
彼と舌を絡めたキスをする妻を後ろからブラウスを脱がせ、ブラの中に手を入れて乳首を弄る私。
だんだん妻の呼吸が荒くなってきました。

「パパ、あ、話だけって・・・」

「麻美、一度だけだから・・・」

「でも、パパ・・・」

すかさず彼は妻のミニスカートに手を入れてショーツを脱がせます。

「待って、シャワーさせて・・・」

妻はバスルームに・・・。
数分後、彼も全裸でバスルームに向かいます。

「キャッ」

妻の悲鳴を無視して彼がバスルームに入ると、すぐに静かになりました。
ラブホの浴室は部屋から中が見えるように透明の硝子が入った窓が付いています。
窓から覗くと妻は彼に抱き締められキスをしていました。
彼に促され、妻の手にはチンポを握らされます。
握ったチンポを緩やかに扱き、やがてチンポを咥える妻・・・。
私の興奮はピークを迎えました。
興奮を抑えるため、ソファーに座ってビールとタバコを口にしていると、2人がバスタオルを巻いただけの格好で出てきました。

「先に始めていて・・・」

総2人に声をかけ、私はバスルームへ。
今度はバスルームの窓からベッドを覗くと、彼にタオルを剥ぎ取られた妻と全裸の彼が抱き合ってキスをしていました。
やがて69の形でお互いの性器を舐めあっています。
シャワーを済ませて出ていくと、ベッドの妻が私に気付き・・・。

「パパも来て、パパのオチンチンもフェラさせて・・・」

妻が四つん這いになってフェラします。

「麻美、彼にオチンチンを挿れてもらう?」

「いいの?パパ、エッチな私を嫌いにならない?」

「嫌いになんかならないよ、麻美にはもっとエッチになって欲しいから」

「パパ、エッチになる、私エッチな奥さんになる」

私は彼に、妻はピルを飲んでいるので生で挿入してもいいと伝えました。
四つん這いで私のオチンチンを咥えている背後から挿入されて、初めて私以外の男を知る妻。

「あっ~、入ってくる~、気持ちいい、パパ・・・気持ちいいの、パパに見られながら別の男の人に犯されてるの、パパ・・・私、淫乱な奥さんになるから・・・」

今日初めて会った男にバックから突かれて悶え声を上げる妻に興奮した私は、たまらず妻の口内に射精したのでした。
妻は私の精子を飲み干し、彼の激しいピストンを受けて、やがて絶頂を迎えました。
しかし若い彼のセックスは一度や二度では終わらず、その後も快楽地獄を味わったのです。

その時、撮影したビデオや写真を見ると、今も新鮮に興奮が蘇ってきます。
そして麻美はあの時の約束を守り、淫乱な妻になってくれました。
1年ほどは、ネットで募集したりツーショットダイヤルやテレクラで男を捜して30人ほど経験させましたが、今は3人の友人に定期で抱かれています。
友人だと心配もないので貸し出すことも多いのですが、私の興奮度が低いのがやや難点です。

タイトルとURLをコピーしました