まさかお客さんの奥さんに顔射することになろうとは

この体験談は約 6 分で読めます。

当時、俺は某不動産屋に勤めて5年目の29歳でした。
ある日、大手の商社に勤める32歳の旦那さんと、31歳の綺麗な奥さんが来店されました。
新築を探されていたので、いくつか物件を紹介し、何度か自宅にもお邪魔させて頂いたりして、ご夫婦ともに信頼して頂いてました。
お子さんは男の子が2人いて、何度か一緒にご案内しているうちに子供も俺にだいぶ懐いてきました。
ようやく物件も決まり、間取りの打ち合わせや資金の相談などをするために自宅にお邪魔しているうちに、夕食もちょくちょくご馳走になるようになりました。
ご主人の年収は高額でしたが、残業や泊り込みも多かったようです。

ある日のお昼、手続きに必要な書類をもらいに自宅まで行くと奥さんに相談されました。

「うちの子供、水泳が苦手であんまり泳げないんです。◯◯さんは泳げます?」

「泳げますよ」と答えると・・・。

「うちの主人も泳ぎは得意じゃないし、そもそもあんまり家に帰って来ないから、今度子供に泳ぎを教えてもらえませんか?」

快く引き受け、2日後に近くの市営プールに行く約束をしました。

当日、仕事が休みの私は車で自宅まで迎えに行きました。
子供と私の3人でプールに入るのかと思っていましたが、その奥さんも水着に着替えてプールに入ってきました。
今まで気がつきませんでしたが、とても子供が2人もいるとは思えないような抜群のプロポーション。
胸は張りのあるEカップ(推定)で、思わず少しいやらしい目で見てしまいました。
両腕に浮き輪をつけた子供たち2人に子供用のプールで教えてる間、奥さんはプールサイドでニコニコと見ていました。

30分くらい教えたところで奥さんが、「私にも教えてくれない?」と言うので、子供達は滑り台とかで遊ばせて、奥さんと2人で大人用のプールへ行きました。
奥さんもほとんど泳げないようで、俺が両手を持ってあげるとなんとか浮いてる程度、あとは俺が引っ張るような感じです。

奥さん「なかなか浮かないもんだね~」

俺「胸が大きいからじゃないんですか」

俺が冗談交じりに言うと奥さんは、「そう?そんなに大きくないよ~」と可愛い笑顔で言いました。
プールサイドに掴まる奥さんの足を持ってバタ足のコツを教えたり、浮いてる奥さんの腰を持ってあげてス~っと押してあげたりして奥さんの肌を触っているうちに、勃起してる自分に気がつきました。
なんとか奥さんには気がつかれないように気にしていましたが、いけないと思えば思うほどギンギンになってしまいました。
奥さんが「そろそろ出ましょう」と言ったので、「先に上がってて」と言いました。
ようやく勃起も収まった頃、俺もプールから上がり、着替えて帰ることになりました。

車の中で他愛もない会話をしていると奥さんが、「夕食を食べていって下さい。水泳を教えてくれたお礼がしたいの」と言うので、「ありがとうございます。遠慮なくご馳走になります」と答えました。

自宅には4時頃に着きました。
外はまだ全然明るく、子供達が「外で遊んで来ていい?」と聞くと奥さんは、「いいよ。でも6時までには帰って来てね」と言い、気がつくと奥さんと2人きりになっていました。
奥さんは冷たい麦茶を出してくれて、「シャワー浴びます?なんか体がプール臭いでしょ」と言いました。
さすがに他人の、しかもお客さんの奥さんと2人きりの家でシャワーを浴びるのはマズいとも考えましたが、やはり男の本能というか、下心というか、俺は迷うことなく、「そうします」と答えてました。
風呂場に行き、奥さんからバスタオルを受け取って、シャワーを浴びました。
頭の中では、(もしかしたら奥さん、俺に気があるのかなぁ~)なんて都合のいいことを考えてました。

体を洗い始めてしばらくすると、奥さんがドアの向こうでこう言いました。

「3人に教えて疲れたでしょ、背中流しましょうか?」

(マジか?からかわれてる?)

一瞬考えました。

「いいんですか?」

「もちろんいいですよ」

ドアの向こうでガサガサと服を脱ぐ音がしています。
想像だけで勃起状態です。
俺がドアに背を向けて座っていると、ドアがカチャっと開きました。

(奥さんも裸だったらどうしよう)

少し振り返ると、バスタオルを体に巻いていました。
しかし、明らかにその下は裸です。

「バスタオルの下、なんか着てます?」

「着てるはずないじゃない。だって背中を流したら、今度は私と変わってもらって、私がシャワー浴びるんだもん」

もう息子はギンギンに上を向いていました。
恥ずかしかったので、椅子に座っている俺は腰にタオルをかけていました。

「じゃあお願いしま~す」

奥さんがハンドタオルにボディーソープをつけて背中を洗ってくれます。
くすぐったいし、気持ちいいしで、チンポはどんどんパワーアップ。
奥さんは背中を丁寧に流してくれました。

「ありがとう」と言うと、奥さんが「前は?」と言いました。

(前?前って前?前って・・・)

頭の中で色々考えました。

「え、前も洗ってもらえるんですか?」

「いいわよ。こっち向いて」

前を向くと、奥さんは薄っすら額に汗をかいています。
それが妙に色っぽくて可愛いんです。
胸から下はバスタオルだったので、ダメ元で「暑いでしょ。バスタオルを取れば?」と言ってみました。

「それは私が危険でしょ~」

軽くかわされてしまいました。
俺はギンギンになったチンポにタオルを乗せてる以外は素っ裸です。

「はい、足を伸ばして」

足を伸ばすと足の先から丁寧に洗ってくれます。
その手が少しずつ上に来ます。
勃起しているチンポには当然気がついてるはずですが、わざと見ないようにしているようで、俺の顔を見てニコニコしています。

(チンポはどうするのかなぁ?)

奥さんの持つタオルが太ももまで来ました。
チンポはすでに腰のタオルを持ち上げています。
太ももの途中に来ると、足の付け根ギリギリで止まって、「はい、次は胸とお腹ね」と言いながら俺の胸を洗ってくれました。
残念ではありましたが、なかなかの密着感で気分は最高潮でした。

胸を流し終わり、(これで終わりか・・・)思っていた矢先、奥さんは「はい。立って」と言いました。
俺はギンギンになったチンポをタオルで隠しながら、座っている奥さんの前に立ちました。

「はい。洗ってあげるから手をどけて」

今までこんなにドキドキしたことはなかったと思います。
タオルを取り、ギンギンになったチンポを見せつけるかのように仁王立ちしました。

「凄いのね・・・」

奥さんは手にボディーソープを付けると、最初はお尻の穴を素手で洗ってくれました。気持ち良さは最高でした。
そして奥さんはチンポを指差して・・・。

「ここはタオル?それとも手で洗った方がいい?」

「できれば手で」

奥さんは手のひらにまたボディーソープをつけると、タマを優しく洗ってくれます。
いよいよチンポです。
カリの裏まで丹念に撫でてくれます。
ものすごい快感でした。

「ヤバイです。イッちゃいそうです」

「うん、ドクドク言ってる」

そう言われた瞬間、理性がプツンと切れてしまいました。
強引とも言える力で奥さんのバスタオルを剥ぎ取りました。
大きいのに乳首が小さい、俺の理想としてるオッパイでした。

奥さんを立ち上がらせてディープキス・・・もう止まりません。
そのまま奥さんを浴槽の縁に座らせてオッパイにしゃぶり付くと、奥さんは俺のチンポを握って激しく上下運動してきます。

「口でしてあげる」

奥さんが俺のチンポを咥えました。
シチュエーションだけで発射しそうでした。
フェラをしていた奥さんを立たせて奥さんのアソコに指を持っていくと、「ダメ・・・」と言いましたが、力ずくで持っていくとグショグショに濡れてます。
もうお客の奥さんなんてことはとっくに忘れ、野獣と化していました。
指でクリを撫でてやるたびに奥さんは腰砕けになり、座り込みそうになります。
それでも無理やり立たせて、指を入れながらクリを弄ると・・・。

「そんな事したらイッちゃう・・・」

「イッていいよ」

優しく言ってあげました。
すると今度は俺が浴槽の縁に座らされて、座ってる俺の上に奥さんは跨がってきました。

「そんなことしたら入っちゃうよ」

俺がそう言うと手で俺のチンポを掴み、奥さんの割れ目に押し当てて上下運動。
いわゆる素股です。
奥さんは自分でクリを刺激して感じまくってます。
俺はあまりの気持ち良さとハイテンションのせいで、奥さんの腰の動きを止めると、無理やり入れました。

「あ~~~ダメ~~」

凄い声を上げる奥さん。

俺も、「もう我慢できない」と腰を突き上げました。

奥さんが、「イクときは言ってぇ!」と言いました。

ガンガン突きまくると奥さんも腰を使います。
すでに奥さんは2~3回はイッたようでした。
俺も2~3分くらいしか我慢できませんでした。

「ダメだ、もうイク」

「中に出さないで」

ギリギリまで突いてから抜くと、奥さんはすぐに俺のチンポを咥えて手でしごいてくれました。

ドビュッ!

俺は勢いよく奥さんの顔にかけてしまいました。
まさかお客さんの奥さんに顔射することになるとは・・・。

タイトルとURLをコピーしました