OLの放尿シーンが見放題の焼肉屋のトイレ

この体験談は約 5 分で読めます。

仕事帰りに立ち寄った焼肉屋のトイレでの覗き体験です。

月末の暇な仕事中、女子社員のEさんの「先週行った焼肉屋がとても美味しかった」という話で盛り上がったので、早速男子3人と女子4人でその日の仕事帰りに食べに行くことになりました。
念のために予約の電話をすると、平日なこともあり、人数が増えても大丈夫とのこと。
焼肉屋に到着すると、昭和を感じるとても古い造りで、店内は煙が充満し、まさに穴場だと思いました。
しかし、古い造りにも関わらず店内は男性よりもはるかに若い女性客の方が多く、みんな食べて飲んで賑わっていました。
さらにオフィス街の外れなので、女性客のほとんどはOLさんです。

まずは軽くツマミをつつきながらビールを飲んでいました。
ビール好きの私はいきなりガブ飲み状態。
しばらくするとさすがに尿意を催したのでトイレに行きましたが、残念ながらトイレは1つしかなく、それも男女共用でした。
ドアを開けて中に入るとすぐ右に男性用があり、その奥にあるドアを開けると女性用になっていました。

焼肉屋自体が古い造りなので、トイレも面白い造りだなと思いながら用を足していると、突然ドアが開いて女性が入ってきました。
振り向いたらその女性と目が合い、「すいませ~ん」と私の後ろを通り、ドアを開けて女性用の個室に入っていきました。
静かで狭いトイレ内なので女性が服を脱ぐ音がはっきりと聞こえ、それだけで興奮しました。
さらに、(もしかして!)と思い、私は完全に用は足し終えているものの、もう少し待ってみると、勢いよくオシッコの音もはっきりと聞こえてきて、もう大興奮。
女性が出る前にトイレから出ようと出入口のドアを開けようとしたとき、ドアに内側から掛けられる鍵を発見しました。

席に戻るとすぐに先ほどの女性がトイレから出てきて、さっきは一瞬しか見えませんでしたが、改まって見るとOL風でなかなかの美人でした。
焼肉を食べながらビールを飲んでいると・・・。

Eさん「◯◯さんって本当にビールが好きなんですね」

私「ビールならいくらでも飲めるよ」

なんて会話をしていると、向かいの女性グループの1人がトイレに立ち上ました。
すかさず私は、「こんなに飲んでると、さすがにトイレが近いよ」と言い、その女性の後を追うようにトイレに。
前回、出入口の鍵を見つけていたので、しっかり鍵を掛けて誰も入ってくれないことを確認。

女性はドアを閉めると鍵を掛け、白いぴっちりしたパンツを脱ぐ音がしました。
古い造りなので、ドアの下に隙間があるのはすでに確認済みです。
息を殺して隙間から覗くと、手前にはヒールの高いピンクのパンプス、さらに奥には黒く生えたマン毛、そして勢いよく出ているオシッコが丸見えです。
あまり長い時間見ると、気配などで怪しまれる可能性があり、下から覗くとばっちり見えることが確認できたので、すぐに退散しました。

またしばらく飲んでいると、今度は正面に座るEさんがトイレへ向かいました。
Eさんは痩せ型で少し背が高く、なかなかスタイルは良い方だと思います。
いつもスカートなのでお上品な感じで、男性からも人気のある人です。
性格は大人しいタイプで、堀北真希さんをイメージしてもらえるといいと思います。

その時はちょうどEさんと2人でパソコンについて話していたので、後を追うようにトイレへ行っても誰からも怪しまれることはありませんでした。
ドアにしっかりと鍵を掛け、先ほどと同様に息を殺して下からEさんを覗きました。
小さなリボンの付いた黒いパンプスに捲り上げたスカートが少し見え、その奥にはオシッコに加え、マンコが見えました。
Eさんのマンコはお上品な印象とは逆で、毛がとても濃く長かったです。
普段、飲みに行ってもEさんは全く下ネタを言わない人なので、余計にいやらしく感じて興奮しました。

今回も、あまり時間をかけずに退散して席に戻ると、他の人から女子が3人増えるという話をされました。
その中にはお気に入りのSさんがいたので、とても嬉しかったです。
そろそろお腹もいっぱいになり、焼肉屋を出ようと話していたところに新たに3人が加わるのは、私にとってはすごくラッキーなことです。
お気に入りのSさんは、スタイルが良く、フジテレビの遠藤玲子アナに似て、ど真ん中ストライクな人です。

焼肉屋の店主は気を利かせてくれ、軽く摘める料理や、メニューにないワインまで出してくれました。
3人が到着するのを待つ間、男子は外へタバコを買いに行き、女子は外へ電話をしに行ったりと少々休憩状態になり、今度はTさんがトイレに行きました。
もちろん後を追います。
Tさんは足が綺麗な人で、その日は膝上のオレンジのスカートでした。
今まで我慢していたのか、もの凄い勢いでオシッコを出していました。
Tさんのマンコはとても綺麗で、毛は薄くもなく濃くもなく整っています。
マンコを若干突き出すような格好でしゃがんでいるので、ビラビラやクリもはっきりと見ることができました。

そして待ちに待ったSさんが到着。
胸元にリボンの付いた赤いカットソーにグレーの短いキュロットが可愛すぎる!
最初は隣に陣取って話していましたが、隣同士で一緒にトイレに行くのは変に思われるかもしれないので、しばらく話してから一番遠い席に移動。
2度目の乾杯をして間もなくのこと、Sさんが立ち上がり、トイレに向かいました。

「ちょっとビール頼んでくる」

そう言って私も立ち上がりトイレに向かうと、いつものSさんの香水の香りがしました。
トイレに入り、私が鍵を掛けると同時にSさんが個室の鍵を掛ける音がしました。
今回ばかりは本気なので、できる限り顔をトイレの床に擦りつけるようにして隙間から見上げると、Sさんはキュロット、ストッキング、パンティを同時に脱いで便器にしゃがみました。
嬉しいことに、SさんはTさんと同じようにマンコを前に突き出すようにしゃがみ、勢いよくオシッコをはじめました。

私にとって夢のような時間でした。
Sさんのマンコは、とにかく綺麗の一言に尽きました。
デルタ地帯は若干毛が薄めで整っていて、ビラビラやクリの周辺は薄いと言うより、ほとんどない状態。
おかげでSさんのマンコはビラビラからクリ周辺まで、色や形まで鮮明に見ることができ、室内に漂う香水の香りが一層いやらしく感じました。

時間的にそろそろ店を出る頃だったので、覗けるのはこれが最後だと思い、Sさんがキュロットを穿き終えるところまで見ることにしました。
トイレットペーパーを手で巻き、マンコを拭こうと腰をさらに前に突き出した瞬間、お尻の穴とマンコを同時に鮮明に見ることができました。
薄いブルーに茶色の刺繍が入ったパンティは、Sさんらしくとても可愛かったです。

その日の焼肉屋でのトイレ覗きはSさんが最後でしたが、その後も3回食べに行き、お客さんや同僚をたくさん覗かせてもらいました。
今は転勤で勤務地が変わり、もうこの焼肉屋へ行く機会がなくなってしまいましたが、今もあの古い造りのまま残っているのか、とても気になります。

タイトルとURLをコピーしました