大学生の大きな肉棒をナース2人で奪い合いながら

この体験談は約 3 分で読めます。

皆さんご存知だと思うんですけど、外科って元気な患者さんが多くて困ります。
昼間は割と検査とかあっても、夜中は暇なんですよね、患者さん。
だからよくナースステーションに暇潰しに来られるんです。
こっちも重症患者さんの検温以外は看護記録くらいしかすることがないから、一緒にお茶したりするんです。

今日はついこの間あった出来事を書きます。
M君っていう右足骨折の大学生の患者さんとの話です。

この間の清拭では、「自分でしてください」って何度言っても、「どうしても看護婦さんにして欲しい」って言うので、仕方なく私がオチンチンを拭きました。
彼って、トイレからもナースコールしてきて、オチンチンを拭いてもらいたがる患者さんなので、どうしようかなって思ったんですけど・・・。

夜勤のナースはもう1人(ユカって言います)いるし、ちょうど休憩しようとしてたので、ナースステーションの奥にある休憩室で一緒にコーヒーを飲むことにしました。
でも休憩室のソファーに座ると、M君はすぐ私の隣に座って肩に手をまわしてきたり、腰からお尻にかけて撫でてきたりしました。
ナースコールがあってユカがステーションから出て行ったら、さらにエスカレートして、私のEカップのおっぱいを揉みながら「大きいね、ずっと触りたかったんだ」と言って白衣のファスナーを下ろし始めたんです。

(今まで何度も触ってたくせに・・・)

そしてブラジャーの肩紐をずらして直接おっぱいを揉み始めました。
私は、「ダメですよ」と抵抗したんですけど、患者さんですからあんまりキツくは言えません。
それにお尻を撫でられてた時点で乳首が反応して硬くなってたし・・・。
M君はもう片方の手で白衣のスカートを捲り上げてパンストを引き下げました。

そこへユカが戻って来てしまったんです!
どうしようって思ったんですけど、ユカは平気な顔で、「2人だけで楽しんでたの?」とか言ってM君の股間に手をやると、元気になってたモノを剥き出しにして握ってしごき始めました。

「おっぱいはユリに負けるけど、テクニックはあたしの方が上だからね」

ユカはM君の左足をソファーの背もたれに掛けさせ(右足はギプスで固定されてるので下ろしたままです)、足の間に跪くとさらに強くしごきました。
M君は「うっ、うっ」と気持ちよさそうに呻きながらも私のおっぱいを揉み続け、乳首を吸い上げたりしました。
だんだん私も気持ちよくなって、「あっ、ああん、ううん」とエッチな声が出てしまいました。
M君のもう片方の手が私のアソコに入って来ようとするので、つい私は腰を浮かせて協力しました。
浅く腰掛ける体勢でクリちゃんを愛撫されて、とうとう私は首を仰け反らせてイッてしまいました。
それとほとんど同時にユカの手コキでM君もイッたみたいです。

でも、私もオチンチンを触りたくなってしまったので、M君に座り直してもらうと、ユカと2人でM君の前に跪く格好になって、M君のオチンチンを両側からナメナメしました。
少しするとM君の立ったモノの奪い合いになっちゃったんです。

仕方がないので、さっきイカせてもらった私が遠慮することにして、M君にはソファーに横たわってもらいました。
そしてユカとシックスナインの体勢になって(ユカはいつの間にかパンティーを脱いでました)、M君のすぐに元気を回復したモノをしゃぶりました。
私はそれをサポートする形で、M君の股間側に座ってタマタマをしゃぶりました。
すぐにピチャピチャやらしい音がして、ユカがM君に舐めてもらって濡れてるのがわかりました。
私もたまらなくなって、自分で自分のアソコを弄りながら口を動かしました。
もちろん私のアソコはM君の指マンでぐちょぐちょになってましたから、すぐに私のアソコからもやらしい音がしました。

やがてM君が腰を動かして激しくユカの口を突き上げると射精しました。
私も指を奥までインサートして2度目の絶頂を迎えました。
ユカもM君の精液を口の端からこぼしながらイッたようでした。
しばらく3人ともぐったりしてましたが、次の見回りの時間になったので、服を整えて何もなかったかのようにそれぞれの持ち場に戻りました。

今度は私がM君の精液を飲む番なので、次回がとても楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました