主人と出会う前から今でも続いている秘密

この体験談は約 2 分で読めます。

主人40歳、私32歳で子供2人の夫婦です。

主人とは18歳で知り合い、その後結婚して12年が経ちました。
主人とは何の問題もなく平和な家庭です。
だけど一つだけ秘密にしてることがあります。
それは主人と出会う前から今でも続いています。

実は自分の父親と関係をしてしまっているのです。

高校の3年の夏のある日の夜、母親がパート先の社員旅行で留守の日でした。
夜ベッドで寝ていると股間に違和感を感じました。
部屋は真っ暗で誰かわかりません。

声を出したら、「乱暴はしないから騒ぐな!」って言われ、従いました。

何がなんだかわからないうちに、その男が股間に突き立ててきて挿入されました。
涙が止まりませんでした。

その時、この人はお父さんかもって気付き「お父さん?」って聞いたけど、無言でした。

それからは母の居ない時は私の部屋へ来て関係を持つようになりました。
父親はいつも無言で私を犯し続けました。

結婚式前夜は何も知らない母親が私に「今日ぐらいお風呂で父親の背中でも洗ってあげなさい」って言われ、一緒にお風呂に入ってエッチした時はドキドキでした。

そんな父親とは今でも週に1度は関係が続いています。
今でもエッチをしてる時は無言でする父親です。