お仕置きしなくちゃね!

この体験談は約 2 分で読めます。

私は高校2年の女です。

先日友達のA子の両親が外泊したときのことです。
A子の家に仲の良い女友達4人で泊まりに行きました。

夜遅くなっても私たちは騒いでいたら・・・。

「うるさいなぁ!早く寝ろよ!勉強できないだろ!」

A子の弟、中学1年のE君が文句を言いにきました。

E君が自分の部屋に戻ると、A子以外の4人は皆・・・。

「きゃーっ♪A子の弟可愛いね」
「ちょっとーA子、弟紹介しなさいよー」

・・・と、黄色い歓声をあげました。

「何言ってるのよ!あんなのただのバカよ!勉強なんてしてないわよ!たぶん私たちが寝たらズリセンとかコキだすわよ!もうすぐ0:00になるでしょ、あいつ深夜番組オカズにしてオナニーとかするのよ!」とA子は言いました。

私たちはA子にE君がオナニーしだしたらE君にイタズラしてもいいか聞いたら、A子は顔を渋りながら「勝手にすれば、私は寝るから!」と呆れて返事をした。

私たちはとりあえず寝たフリをした。
0:00を過ぎた頃、部屋がミシミシ揺れだしました。

私たち4人はE君の部屋を覗きに行きました。

部屋でヘッドホンをつけてオナニーしているE君を皆で押し倒し、全裸にして体中を愛撫すると、最初はイヤがってたE君も感じ出しました。
4人で手足を押さえつけ2時間ほど、乳首や耳元、腋の下から指先まで、アナルや玉袋、太股を愛撫すると「あ~ん、もっとぉ~」と完全に私たちのオモチャに変貌しました。

・・・と、そこにA子が入ってきました。

「ちょっとぉ!何やってんのよ!」

A子に見られ我に返ったE君は赤面しながら・・・。

「放せよー!」

「さっきまで女の子みたいに喘いでたのに生意気よねー!お仕置きしなくちゃね!」と私たち。

4人同時にE君の性感帯をキスマークが付くくらい強く愛撫すると・・・。

「あっんっ!あぅんっ!やめってっ!お願いっ!」

恥ずかしがりながらも感じるE君を見てA子の表情も淫靡に変化しました。

「E、おねぇのココ舐めて」

なんとA子はEにアソコを舐めさせ始めました。
私たちはE君の体を愛撫しながら順番に挿入し始めました。

その晩、E君は7回射精しました。