息子の友達の高校生に熟女の味を教えてあげました

この体験談は約 4 分で読めます。

私、45歳の主婦です。
実は去年の春頃、息子の友達のマル君(当時17歳)が遊びに来たんですけど、息子は用事があって留守してたんです。
マル君は帰ろうとしたんですけど、せっかく遊びに来たのに帰すわけにいかないし、「2時間くらいで帰って来ると思うから」と、引き留めて家に上がらせたんです。

リビングのソファに座らせて、「コーヒーか紅茶、それかジュースとどっちがいい?」と聞いたら、「あっ、はい、コーヒーをください!」と、はにかんだように顔を赤らめて言うのです。
それで私とマル君2人分のコーヒーとクッキーをソファーに持って行ったんですが、マル君の正面に座った時、タイトスカートを穿いてたんですけど下着が見えたみたいなんです。
彼はスポーツウェアーのズボンを穿いてたんですけど、見る見るうちにあそこが膨らんでくるのが見えて、隠すように手で押さえてるんです。
そしたら、「お腹が痛くて・・・。すみませんトイレに行かせてください!」って、トイレに行ったんですけど・・・なかなか出てこないんです。

「マル君、大丈夫?」

「は、はい、大丈夫です!」

もう何をしてるか大体わかりますよね(笑)

それから2~3分後に出て来たんですけど、顔を真っ赤にしてるんですよ。
なんだか可愛くなって・・・。
その日は何もなかったけど、帰る時に、「いつでもいいからまた遊びに来てね」って帰したんです。

その2日後、またマル君が来ました。

「ごめん!今日もいないのよ!」
「知ってます!携帯で話したから!」

「えっ?そうなの?じゃあどうして?」
「おばちゃんが、『いつでもいいから遊びに来なさい!』って言ったから!」

そう言われて帰すわけにはいかず、家にあげてコーヒなどを出して、色々話してるうちにまたあそこを膨らませて私の下腹部をチラチラ見て、同じようにトイレに入ってなかなか出てこないんです。

「どうしたの?大丈夫?」

「はい、大丈夫です!」

そう言ってすぐ出て来たんですけど、顔は真っ赤!
また向かい合ってソファーに座ったとき、思いきって聞いたんです。

「おばちゃんの下着、見えてるんでしょ?」

彼は答え難そうにしてたんですけど、「正直に言っていいのよ」と言ったら・・・。

「はい!この前も見えてました!」
「トイレでオナニーしてたんでしょ?」

「はい!すみません・・・」
「おばちゃんのパンツなんか見てもつまらないでしょう?」

「いいえ、そんな事ないです!」

とか話してたらまたまた膨らんできてるみたい。

「また勃起してるの?」

「はい。すみません」

「別に謝ることはないのよ。おばちゃんが悪いんだから」

そう言ってマル君の隣に行きました。

「絶対に息子や他の人に喋ったらだめよ!」

マル君の勃起してるあそこに手を当てて、しばらく上から擦ったあとでズボンをパンツと一緒に脱がせたら、大きく硬くなったチンチンが現れました。
たまらなくなって咥えたら、先ほどオナニーで出した残り汁の味と匂いが口いっぱいに・・・。
マル君は無言で目を瞑って、気持ちよさそうに上を向いてました。

「気持ちいい?」
「うん、凄く気持ちいい。おばちゃん出ちゃうよ!」

「いいよ。おばちゃんの口に出していいからね!」
「あ~~だめ出ちゃう~」

マル君はすぐに私の口の中に出したんです!
若いだけあって2回目でも量は多くて、旦那には到底真似が出来ないくらいの量で飲み込むのが大変なくらいでした!
それを見てたマル君が・・・。

「おばちゃん・・・飲んだの?」
「うん。飲んだよ!」

「美味しいの?」
「正直言って美味しくないけど、飲んでもらった方が嬉しいでしょ?」

「うん。そうだど・・・」

そのあとでマル君が・・・。

「おばちゃんのおっぱい、触ってもいい?」

「いいけど・・・おばちゃんの小さいわよ」

「構わないよ!」

マル君はTシャツの上から触り始めて・・・。

「おばちゃん、シャツ脱がせてもいい?」

「いいよ!」

シャツを脱がされてブラの上から力強く揉まれました。

「もう少し優しくして」

彼は「ごめんなさい」と揉みながら・・・。

「おばちゃん、キスしよ!」

いきなり口を塞がれ舌を入れられ、涎がこぼれるくらい口の中をかき回されました。
口を解放されたと思ったら今度は胸などを舐められ、ブラを外されて乳房にキスマークを付けられて!

「おじさんに見られるかもしれないからお願い、キスマークは付けないで!」

今も旦那とは月に2~3程度は性行為があり、明るくしてするのが好きなので、絶対にばれるんです!
胸から下へとさがり、スカートを脱がされ、終いにはショーツも脱がされました。

「おばちゃん、この前と同じパンツ?」
「この前とは違うけど同じような下着だよ」

「他にはどんな下着を持ってるか見せて!」
「それはあとでね」

「あ~、まんこってこうなってるんだ!」

マル君は興味津々で、指で広げてみたり、中に挿入して掻き回したりして、「まんこって、いい匂いがするんだね!」って・・・。
私もそのうちだんだん気持ちが良くなり、下半身がムズムズして、自然とエッチな声を出してたんです。

「おばちゃん、気持ちいいの?」
「うん、凄く気持ちいいよ!」

「チンチン入れてもいい?」
「いいよ!入れて!」

ソファーの上でマル君を迎えやすい体勢になりました。
マル君が私の上に乗り、勃起したモノを挿入した時は、「あ~凄い・・・大きい~」と声を出してたみたいで、「そんなに気持ちいいの?」と聞かれるほどでした。
彼は避妊のことを心配してるみたいだったので、「おばちゃん、今日は大丈夫な日だから中に出してもいいよ!」と言うと、マル君は安心したように激しく腰を振って、その1~2分後には・・・。

「おばちゃん、出ちゃう!」

「いいよ!出していいよ!」

私が言うか言わないかのうちに出してしまいました。

「マンコってこんなに気持ちいいんだね!」

などと言ってるうちにも、私の中でまたまた勃起をしてきます。
とにかく若さには敬服します!

「今度はおばちゃんも一緒にイカせてね!」

マル君にとっては4度目なのに、大きさも硬さも全然変わらず、私の中で暴れまわってくれました!

タイトルとURLをコピーしました