スタイル抜群な女子にされた金玉いじめ

この体験談は約 7 分で読めます。

俺は小さな高校に通う学生。
俺は今年の2月、友達作りのきっかけを作るために部活に入部した。
男女共同のアットホームな雰囲気だ。
なんとこの部活には長身の美脚女子が2人もいるのだ!
言い忘れたが、俺は美脚には本当に目がない。
ムッツリな俺にとって、この部活は天国とも言えよう。
感動すらしてしまった。

1人目の女子は俺と同年齢、名前は『綾』。
脚は長いけど、すこ~しむっちりしてる。
スタイルは良いのに少しむっちりしてるっていう、このギャップがそそる。
顔は普通っていう感じだが、どことなく俺の性欲を掻き立てる雰囲気を醸し出している。

2人目の女性はOBで、名前は『夏さん』。
まさにモデルと呼べるスタイル。
肌は純白で、脚は長いし細い。
身長も綾を上回ってる。
マジでモデルやればいいのにと思う。

この2人を初めて見た日の晩はもちろん、2人にいじめられることを妄想してオカズにしたw
日に日に欲求は増してきて、「脚を写真に収めたい」「下着をオカズにしたい」という変態的な欲望が湧き出てくるようになった。
さらにとうとう俺は、iPhoneの『シャッター音が出ないカメラアプリ』を購入した。
俺はアプリを入手した日、早速2人の脚を撮影しまくった。

綾「・・・」

夏「・・・」

撮り方がかなり不自然だったかもしれないが、性欲に走った俺にはそんなことは考えられなかった。

そして、ある日のこと・・・。
今日もいつも通り部活が行われた。
今日の綾の服装は、制服とオーバーニーソックス。
夏さんは、やけに薄着。
しかもズボンはショートデニム。
そして・・・生脚。

こんな服装で来られちゃ、もう我慢の限界だ。
綾の「着替えてくるね」というさりげないセリフにも、情けないことに俺のちんこは反応してしまった。

(ヤバイ・・・。でも変態にはなりたくない!!!)

更衣室を覗きたい気分を抑えるために、性欲処理をすべくトイレへ向かった・・・。
すると・・・!

夏「そういえば前、私・・・」

(しまった!男子トイレに向かうには女子更衣室を通らないとダメなんだった!)

そ~っとトイレに向かおうとした・・・が!

夏「この間、彼氏のアソコを蹴っちゃってw」

女子A「え~、どうしてどうして~?」

夏「変なことばっかりさせようとするんだもん。だから懲らしめてやったw」

女子A「ひゃ~痛そ~」

綾「え?w男の子って・・・蹴られると痛いんですか?w」

夏「痛いと思うよ~!蹴られたらうずくまって何もしゃべれないんだもんw」

俺の性欲・・・っていうか性癖を掻き立てる発言が次から次に飛んできて、トイレに向かう俺の足を止めさせた・・・。

俺「ハア・・・ハア・・・」

(もう我慢できない・・・しかし、このまま抜いちまうのも勿体無い・・・)

興奮に興奮が積み重なっていく。
覗こうとしたが、女子がドアの方へ近づいてくる音がしたので、すぐ逃げた。
当然、俺は用事ができて帰ったことにしてもらった。
勃起チンコはパンツとズボンに引っ掛けて目立たないようにした。

そして男子トイレに潜み、10分後。
ピーーーーッと、笛の音が聞こえてきた。
部活が始まったみたいだ。
もうちょっと様子を見てもよかったが、興奮のあまりそれどころじゃない。
バレたら人生終了だが、今の俺にはそんなことは考えられない。
そっとトイレから出て、女子更衣室の中で物音がしないことを確認して、ゆっくりドアを開けた・・・。
部屋いっぱいに女子ならではの香りが広がる。

(女の子っていい匂いだな・・・。運動が終わった後に女子たちがここに入ってきたら、この部屋も汗臭くくなるのかな?)

そんなことを想像してさらに興奮度が高まる。
バレるんじゃないか?という不安感も興奮に変えてみせる。

(まず綾のカバンだ・・・あった!)

手を震わせながらカバンを漁る。

俺「う・・・おっ・・・!」

これが夢にまで見た脱ぎたてのニーハイ!

俺「これが・・・綾の・・・ちょっと臭う・・・(スーハースーハー)」

時間に余裕はないので、さっとポケットにニーハイを仕舞う。
下着ドロボーがバレる危険もあったが、そんなことは考えられない。
さらにブラジャーやパンティーも探す。

俺「・・・!」

小さくて可愛らしいブラジャーが出てきた。
体型からして、やっぱりAカップだ。
パンティーも発見。
少しシミがついてる・・・。

(次は夏さんだ・・・このカバンか!)

残念ながら生脚なのでソックスは見つからない・・・。

俺「あっ・・・」

残念だったが、ブラジャーとパンティーを探す。

俺「あ、あった・・・」

意外と大きい・・・Dカップだ・・・パンティーにももちろんシミが。
ソックスは生脚なので残念ながら無い。

(まあいいや・・・当分オカズには不足しないだろ・・・!)

ガラッ!!!

(!!!)

突然、ドアを開ける音がした。

俺・夏「あ・・・」

夏「う・・・わ!ちょっと、何やってっ・・・!」

とうとうバレてしまった・・・俺の人生は終わった・・・!
でも、どうせ終わりなら、いっそのこと・・・。

俺「夏さん・・・っ!もう我慢できない・・・」

夏「きゃ、やめて!」

俺「黙ってて!ハア・・・ッ!夏さん・・・ッ!ハア・・・ッ!」

夏「離してっ・・・!」

俺「夏さんっ・・・!」

夏「や、やめて!」

俺「ハア・・・ハアッ・・・!」

夏「や・・・やめてったら!!!」

ドッカッッ!!!

いきなり股間に激痛!

俺「うっ・・・ぎゃッ!!!」

これは・・・!
俺が夢にまで見た金蹴りか・・・!

夏「やめてって言ってるでしょ!私を変な目で見てたのは知ってたけど、こんなに変態だとは思わなかった!」

俺「あう・・・ああ・・・ハアッ・・・ハアッ・・・」

夏「そんなに痛い?ちょっと可哀想だったかな~。副睾丸って知ってる?タマより数倍も痛い副睾丸を狙ったんだよ、すごい痛いでしょ?」

玉責めフェチではあるが、実際には金蹴りを経験したことがなかった。
初めて味わう痛み、しかもパンツを脱いでいたので直に、しかもしかも膝蹴りなので玉は上がり、しかもしかも副睾丸を狙われた最高の激痛の中、もの凄い快感まで覚えた。

その時・・・!

綾「夏さ~ん、まだですか~?・・・って、◯◯君!?何してんの・・・?」

夏「この子、私と綾ちゃんの下着を漁ってたの。見て?ほらっ」

綾「・・・え!?」

夏「しかも私に襲いかかってきたんだよ」

綾「え~~~!?」

夏「でも思いっきり金玉を蹴り上げてあげたからこの通りw」

綾「わ~・・・さっきも聞いたけど、すごい痛そうですね~・・・」

夏「しかも副睾丸を狙ったから数倍の痛みだよww」

綾「ふくこうがん?」

夏「これだよ~これ。タマの後ろに付いてるんだけど・・・はいはい、手をどかして」

そう言うと夏さんは俺の腫れあがった金玉を掴んで綾に見せた。

俺「・・・!?」

綾「きゃっ!変なもの見せないでくださいよ~w」

夏「でも見て?このタマの裏のぶよぶよしてるところを少しでも圧迫すれば・・・ほら!」

俺「ぎゃーーーーっ!!!!」

綾「わっ!すごい痛そう~!」

夏「でしょ~?綾ちゃんも蹴ってみる?」

綾「え?潰れちゃうかもしれないし・・・やめときます・・・」

夏「私たちの下着を漁ったことと、私を襲ったことの罰だよ!潰れちゃうかもなんて関係ないよ!こういう男、ムカつくでしょ?護身術の実験台にもなるし、これに懲りてもうしなくなるだろうし・・・。1回蹴ってみなよ、すごいスッキリするから!」

綾「確かに・・・ちょっとやってみたいかもw」

夏「でしょ?私がコツを教えるから蹴ってごらん?」

夏「はい、立って立って~」

俺「や・・・だ・・・」

まだ続く痛みの中で俺は必死に拒んだ。

夏「そんなこと言ってたらタマタマ握り潰しちゃうよ!?」

ギュッ!

俺「ぎゃっ!」

夏「さっさと立つ!」

俺「うう・・・」

俺は下半身裸のままで夏さんに羽交い絞めされた。
夏さんは半ズボンで裸足。
綾も半ズボンで運動靴。
ショートソックスなので、くるぶしまで生脚が見えている状態だ。

夏「そうそう・・・脚の甲で下から思いっきり振り上げる感じで・・・」

綾「・・・でも生で蹴るんですか?何か汚い・・・」

夏「あ、そうだね、綾ちゃんはまだパンツの上からの方がいいよね~。・・・さっ、◯◯君、さっさと穿く!」

俺「ハア・・・ハア・・・うう・・・痛い・・・」

夏「・・・さ、じゃあ蹴ってみよ~w」

綾「こうですか・・・?」

ペチッ!

俺「ぐあっ!」

綾「ウソッ!軽く蹴っただけなのに・・・すご~い」

夏「でしょ~?ここってすごく弱いんだよ」

綾「そうなんだ~・・・ちょっと面白いかも!」

夏「綾ちゃんってやっぱりサドだねw」

綾「そんなことないですよ~」

女子が和気藹々と話してる中で、ただ1人痛がる俺。
恥ずかしいやら痛いやら気持ちいいやら・・・。

夏「じゃ、今度は思いっきりやっていいよ!」

綾「じゃ~行きますよ~~~~~~それっ!!!!!」

パンッッッッッ!!!

俺「う・・・わあああああ!!!」

綾「わっ、こんな声出しちゃうんだ!おもしろ~い」

夏「ちょ・・・っと◯◯君、大きい声出さないでよ!みんなが来ちゃうじゃん!」

俺「た、助け・・・」

夏「黙って!潰すよ!」

俺「ウッ・・・わ、分かりまじだ・・・」

夏「よろしい!・・・でもさ~ホントここじゃ自由にお仕置きできないね」

綾「そうですね~」

夏「◯◯く~ん、聞こえる~?」

俺「ハアッ・・・ハアッ・・・」

夏「息荒くしちゃって・・・よっぽど痛いんだね。でもちゃんと聞いてよ」

ギュッ!

俺「わか、わかりました・・・」

夏「私、性犯罪者はぜったい許さないから!本当は潰しちゃいたいけど、普段はいい子してるから誰にも言わないし潰さないよ」

綾「え?これで終わりですか?」

夏「違うよ。条件として、私たちの奴隷になってもらうの」

俺「・・・」

いまだに痛むから何も言えないし、奴隷にしてもらいたいのは本望だから拒まない。

夏「いい?分かった?私と綾ちゃんが呼んだら絶対に来てよ。来なかったら本当に潰しちゃうし、みんなに言いふらすよ!返事は?」

俺「・・・」

夏「返事は!」

ギュッ!

俺「・・・!わ、わかりまし・・・た・・・」

夏「ね、綾ちゃん。男子なんてここ握ったらなんでも言うこと聞くんだから」

綾「へ~、男子って可哀想ですね~・・・」

夏「でしょ?なんでこんなところについてるんだろ?w・・・じゃ、そろそろ私たち練習に戻るから。◯◯君、明日から君は私たちの奴隷だよ、よろしくね」

俺「・・・」

綾「返事は?w」

ギュッ!

俺「ウッ・・・は、はい・・・」

夏「オッ、綾ちゃんやるね~、Sの素質あるよw」

綾「へへ、じゃあ行きましょうかw」

夏「うん、行こ~」

ガラガラッ、バタン。

(み、みんなが来ちゃう・・・い・・・痛い・・・)

ポケットの中に2人の下着を仕舞ってあるのを忘れて、股間を押さえつつ、奴隷にされたことに喜びを感じつつ、俺はゆっくりと女子更衣室を後にした。

タイトルとURLをコピーしました