主人の鼻歌を聞きながら甥の逞しいペニスを堪能

この体験談は約 3 分で読めます。

45歳、子供は1人、結婚が遅かったので今年やっと小学校に入学したところです。
年よりはうんと若く見られ、女優の黒木瞳に似ていると言われます。
主人とは上手くいっていて家庭円満ですが、最近では完全にセックスレスになってしまいました。

もともと私はそんなにセックスが好きな方ではなかったのですが、それでも時々無性にセックスがしたくなるときがあります。
そんな時には摘み食いをすることにしてます。
家庭は壊したくないので1回限りの火遊びです。

先日、主人の甥で大学生の准一君が遊びに来たんです。
久しぶりに見る彼はジャニーズ系のイケメンになっていました。
その夜は主人の帰りが遅く、子供を寝かせた後は彼と2人でリビングでお酒を飲むこととなったんです。

「ねえ、准一君は彼女はいるの?」

「特定の彼女は作らない主義ですから」

「とかなんとか言って、本当はモテないだけなんじゃないの?」

「違いますよ、モテモテなんだから、特にオバサマには」

「あら、准一君って年上好きだったの?だったら私はどうかしら?」

少々アルコールがまわってきている私は色っぽい目で見つめながら、彼をからかって挑発したんです。

「おばさんなら、ど真ん中ストライクですよ、黒木瞳に似て俺好みです」

「じゃ、一度私を口説いてみる?准一君がどうやってオバサマたちを誘惑するのか見てみたいわ」

「でも、そんなことしたら叔父さんに悪いですよ」

「もう~、口ばっかしなんだから」

言葉で彼をからかい、私は誘うような色っぽい目線を彼に送りながらリビングからキッチンへと移動したんです。
私の作戦通り、挑発に乗った彼は私の後を追ってキッチンに入ってくると、私を後ろから抱き締め、首筋に唇を這わせてきました

「ああ、駄目、冗談よ、准一君止めて・・・」

私はさらに彼を誘うように甘い声を上げながら体をくねらせます。

「おばさん好きです」

耳元で囁きながら両手で私の胸を荒々しく揉み始めます。

「ああ優しくして」

私は思わず小さく声を漏らしちゃいました。
やがて彼の手がスカートの中に侵入してきます。
そしてショーツの脇から直に私のあそこを愛撫し始めます。

「もう濡れてますよ、おばさんも好きだなあ」

「いや、苛めないで」

私は酔いも手伝ってすぐに感じ始めちゃったんです。

「ねえ・・・入れて」

私はお尻を突き出して催促しました。

「わかりましたよ・・・エッチなおばさん・・・」

彼は余裕たっぷりな仕草で私のショーツを脱がすと、自分も下半身を露出させ、硬くなったモノを私のあそこに宛てがい、ゆっくりと入ってきました。

「ああ・・・大きい!」

彼ったら立派なんです。
私はキッチンに両手をついた格好で彼に後ろから貫かれ、初めは優しく、やがて激しく責め立てられました。

「ああ、いい・・・」

彼ったらオバサマ殺しだと自慢するだけのことはあって、若いのに結構テクニシャンなんです。

「おばさん、そろそろ出してもいいかな?」

「いいわ、出してぇ」

パンパンパン!

激しく後ろから突かれ、とうとう私はイッちゃったんです。

ピンポン。

その時、玄関のチャイムが鳴りました。

「やだ、帰ってきちゃったわ」

私は我に返ると慌てて見繕いをしながら、玄関まで主人を迎えに出ました。
彼も慌ててズボンを上げてリビングに向かい、ソファに体を沈めて主人を迎えます。

「やあ、准一、来てたのか。何か美味いもでも食わしてもらったか?」

お酒の入った主人は上機嫌。

「ええ、たった今、血の滴るようなトロトロの美味しいお肉をご馳走になったところです」

彼ったらペロッと舌を出して、こちらを見てにっこり笑うんです。
私は笑いを堪えるのに必死でした。

「そうか、そりゃ良かった。風呂から上がったらゆっくり飲もう」

そう言うと主人は浴室に入って行きました。
浴室のドアが閉まる音を確認して、私は彼に言いました。

「ねえ、今度はしゃぶらせて」

私は彼のズボンと一緒にトランクスを引き下げると、半立ちの彼のペニスに舌を這わせます。

「だめですよ」

彼は浴室の方を眺めながら、不安そうに私の顔を離そうとします。

「大丈夫、あの人は長風呂だから・・・当分出てこないわよ」

浴室から聞こえてくる主人の鼻歌を聞きながら、私は彼の立派なペニスをたっぷり味わっちゃいました。