ネトゲ友達のAと不完全燃焼

この体験談は約 3 分で読めます。

ネトゲのオフに行った時のことです。

ゲーム内でずっと口説かれていたAが参加するということもあり、私はちょっと緊張していました。
当時彼氏がいたのですが、中々会えない時期だったので欲求不満でちょっとその気になってる部分&ついでにM女なのでAのキモさにも興味がありました。

Aとは以前にもオフをしたことがあり(二人きりじゃないです)、顔はたらこくちびるでテンパー?な頭で、ふつーに「ヲタ」って感じでした。
しかも、今回Aは頭を坊主にしていたので、見た目のキモさは倍増してました。

オフは人数が多かったということもあり、早めに終了し、皆同じホテルをとっていたのでそれぞれ個室で就寝、という所で部屋に戻った私はどうしても我慢できなくてAのケータイを鳴らしました。

A「もしもし?どうした?」
私「ちょっとおしゃべりしにいってもいい?」
(っていうか夜中におしゃべりっておかしいですよねw)

A「いいよ。おいで」

この言いっぷりが私のMの部分を見事に刺激してAの部屋に行く前からドキドキしてました。

部屋に入るとBは寝る準備をしてたらしく薄暗かったので二人でベッドに座りました。
はじめは「今日は楽しかったね」なんて他愛もない話をしていると、お酒のせいもあって、二人で並んで寝そべったまま話していました。
そしたらだんだんと口説きモードになっちゃって・・・。

Aは私の顔をソフトに撫でながら
A「◯◯(私)はカワイイ顔してるね」
私「そんなことないよ~!」
・・・とか言いながらその手つきがソフトタッチでいやらしかったので興奮してました。
更にAの手が私の唇を撫ではじめると、もう我慢の出来なかった私はAの指を咥えて舐め回していました。

お互いに呼吸が荒くなり、興奮しているのがわかりました。
すると突然Aが起き上がってキスしてきました。
久しぶりのDキスで私はもうトロトロでした。
目を開けるとキモい顔があって、そのキモさにまた興奮&Aが意外にHなキスをするので
私「・・・もっとして・ぇ・・・」
気が付くとAにおねだりしていました。

するとAが私の胸を触りだし、シャツを捲り上げてきました。
A「舐めていい?」
私「・・・うん・・・」と頷くと、AはFカップの私の胸を出し、私の目を見ながら乳首を舐め回し始めました。
私「・・・やぁん・・・」

私はもうトロトロなのがわかっていたので、すごく恥ずかしかった。

A「すごい・・・硬くなってるよ・・・」
私「言わないでぇ・・・ん・・・」

こんな事を言われると更に感じてしまい、我慢できずに自分から座位の型に座り、Aと舌を絡ませ続けました。
部屋には二人の興奮した呼吸とDキスのいやらしい音だけが響いていてすごくHでした。

私「ハァハァ・・ん・・」
A「気持ちいい?・・・本当◯◯はかわいいね・・・」

こんな風に言われると余計にトロけちゃうので

私「ハァ・・・もぅだめぇ・・・」と言いながら、座位のままAのおちんちんにこすり付ける様に腰を動かしていました。

するとAの手が下に伸びてきて、「キタ━━━━(・∀・)━━━━!!」とドキドキしてるとM女の私を見て、Aは焦らすように下着の上からいじりだしました。
(絶対濡れちゃってるのがばれてる~!!)
・・・と思うと余計に恥ずかしくて更にあふれてくるのがわかりました。

A「◯◯のおまんこはいやらしいなぁ・・・」
そう言うと、指でちょっとだけ私のおまんこをいじって
A「すごいよ・・・こんなにビチャビチャだよ・・・」

そう言うと、Aは指についた私のおまんこ汁を見せて私の目を見ながら、ビチャビチャになった指を舐めていました。
あまりの恥ずかしさに、キスをして顔を隠そうとする私にAは「もっといじって欲しい?」といじわるそうに詰め寄ります。

私「ハァハァ・・・お願い・・・」
・・・とおねだりする私を見て、Aは楽しんでいるようでした。

A「『おまんこ舐めて』って言ってごらん・・?」
私「恥ずかしいよぉ・・・ハァ」
A「じゃあこれでやめちゃうよ?」
私「いやぁ・・・ん・・・」

焦らされて我慢が出来なくなった私は

私「おまんこ・・・舐めてぇ・・・」

・・・と、ここまで言っちゃった後に、彼氏の為にパイパンにしてた事が恥ずかしかった&ヤった後のことを考えると出来なくて、ここで寸止めで終わっちゃいましたw

あれからAとは連絡が途絶えちゃってるんですが身体が忘れられなくて・・・困ってます。

タイトルとURLをコピーしました