父が残した多額の借金を体で払わされました

この体験談は約 3 分で読めます。

私は現在21歳の愛花です。
今は一人暮らしをしています。

私が小学6年生の時に父が亡くなり、母と姉の3人で暮らしていました。
私たち家族には父が残した多額の借金があり、ほぼ毎日、夜になると家を出て、あるホテルに行きました。
そこにはいつも男の人が20人ほどいました。
そして母と高校生の姉は犯されていました。
私は母と姉が犯されているのを見せられました。

母はベッドの上や床の上で男たちに囲まれて、叩かれたり蹴られたりして、最後は泣きながら犯されていました。
いつも母は気丈に、娘の私に「大丈夫だから」と言っていました。
男たちがその様子を見ながらケラケラ笑っていたのをよく覚えています。

姉も男たちに犯されていました。
母と同じで、部屋に入るなり男たちに服を脱がされて裸にされました。
姉は男たちに乱暴されて、いつも泣いていました。

そんなことが3~4時間続き、事が終わると男たちは私に、「もうすぐ中学生だね。中学に上がったらお母さんやお姉ちゃんみたいにしてあげるからね」と笑いながら言いました。

男たちがみんな帰った後、母に、「お姉ちゃんとお風呂に入るから待っててね」と言われ、私は部屋でテレビを観ながら待っていました。
お風呂場から、「お母さん、もう無理」という姉の泣き声が聞こえてきました。
母も、「本当にごめんなさい」と泣いていました。

そんな日々を送り、私は中学生になりました。
入学式を終えた、その日の夜でした。
母に、「今日もだから」と言われて、車に乗っていつものホテルに行きました。
姉は私を抱き締めて、「大丈夫、私たちがついてるから」と言いました。
私は、(男たちに犯されるんだ)と思い、車の中で泣きました。
そんな私を見て母は一言、「ごめんね」と言って運転していました。

ホテルに着くと、いつものように母と姉は別々の部屋に入りました。
私も別の部屋へ入りました。
中には男が5人いました。
普通のおじさんたちでした。
その中の1人に、「こんにちわ、愛花ちゃん。今日女になれるね」と言われました。
そしていきなりビンタをされました。
泣きながらその場にうずくまると、男たちは私をベッドに運んで、無理やり服を脱がして裸にしました。

「愛花ちゃんは高かったんだよ」
「ガッカリさせるなよ」
「最初は俺がやるから」

色んな声が聞こえて、私は4人の男に押さえつけられました。
男が泣いている私にニヤニヤ笑いながら近づいてきてキスをしました。
私のファーストキスでした。
何度も何度もキスをされて、男の舌が私の口に入ってきました。

「じゃあ愛花ちゃんの初めてもらうね」

男が私のアソコに入れてきました。
痛くて痛くて、私は泣きながら「痛い!やめて!」と叫びましたが、当然のように無視されて犯されました。
最初の男が終わって私が痛みで泣いていると、「次は僕だね」と、隣の男が私に入れてきました。
男に耳元で、「家族揃って美人だな」と言われました。

それから何時間も私は犯され続けました。
終わると姉が私の部屋にボロボロの姿で入ってきて、「よく頑張ったね」と泣いている私を抱き締めてくれました。
続けて母も入ってきましたが、母は私たちと違って綺麗な姿のままでした。
母は、「2人でお風呂に入ってきなさい」と言いました。
すると姉は、「なんでお母さんはされてないの?」と言いました。
母はその質問には答えませんでした。

中学生を卒業するまで、週末になると男たちに犯されました。
そして姉は、私が中学3年生になるのと同時に家を出て行きました。
そして2度と戻って来ませんでした。
姉が家を出てると、また母は犯されるようになりました。

私は高校1年生の冬の時に家出をして、そのまま戻っていません。
別の県に行き、年齢を誤魔化してバイトをして一人暮らしを始めました。
もう体を売ったりはしていません。

最近、姉と再会しました。
たまたま駅のホームで会いました。
姉は私を見るなり泣きだしました。
そして、「あなた1人にしてごめんなさい」と言って、走ってどこかに行ってしまいました。
私は追いかけることもせず、姉を後ろ姿をずっと眺めていました。

母のその後は知りません。
時々会いたいと思いますが、また男たちに犯されると思うと、二度と家には戻りたくないです。

タイトルとURLをコピーしました