防音の放送室に呼び出されて・前編

この体験談は約 5 分で読めます。

まだ頭が混乱していて何から書けばいいのか分かりません。
今日の放課後のことです。
同じクラスの吉岡君に呼び出されました。

『1人で放送室に来て欲しい』

そう書かれたメモが靴箱にありました。
実は私の親友の江美が吉岡君のことを好きだと聞いてたので、吉岡君と塾が同じ私は、江美が吉岡君に告白するチャンスを作ってあげようとしていました。

(吉岡君も江美の気持ちに気付いているのかもしれない、それで私に話があるのだろう)

そう思って1人で放送室に向かいました。
放送室は視聴覚室の奥にあって、放課後は誰もいません。
視聴覚室の扉を開けると吉岡君はまだ来ていなかったので、私は放送室の中で座って待つことにしました。

私と吉岡君が2人だけで会ってたと知ったら江美が怒るかもしれない。
でもこれは江美のためだし・・・。
吉岡君はスポーツより勉強が得意な感じで、色白でかっこいいけど、マイペースだしなー。

そんなことを考えてると、吉岡君が視聴覚室の入り口を開けて入ってくるのがブース越しに見えました。
私が手を振ると、「よっ」と言いながら放送室に入ってきてドアを閉めました。
放送室は防音になっているので、耳がなんだかちょっと変な感じになりました。

「香川のことだけどさ」

香川とは江美の苗字です。

「うん」

「オレ、他に好きなヤツいるんだ」

「!!」

単刀直入すぎ!
私はちょっと焦りました。

「江美の気持ち、気付いてた?」
「あいつ、分かりやすいだろ」

「・・・(確かに)」
「それでさ、ここからが本題なんだけど」

(え?今のが本題じゃなかったの?)

「オレが好きなのは、藤井・・・、お前なんだ」
「はっ!?」

全身の毛穴が開いて頬がカッと熱くなりました。
だけど、それはほんの始まりだったのです。
吉岡君が私を見る眼差しに気付いて、ヤバイって感じがしました。
充血したギラギラした目。
私はとっさにドアの方に駆け寄って言いました。

「そ、外で話そっ」

「だめだ」

吉岡君は、ドアと私の間に身体を入れるようにして立ち塞がり、私の手首を掴みました。

「離して!」

吉岡君の唇が私の顔に近づいてきたのでとっさに身をよじると、後ろから抱きかかえられるような格好になってしまいました。

(好きなんてウソだ。したいだけなんだ!)

「いや、だ、誰か来てーー!!」

私は必死になって大声を出しました。

「ここ、防音室だよ。それに視聴覚室の入り口に鍵かけたから」

鼻で笑っているような声。
血の気が引きました。
誰も来ないし、来ても入れない。
彼は最初からそのつもりだったのです。

「絶対、お前もオレのこと好きになるから。大人しくしてろよな」

耳の後ろで囁きながら、彼は私の両胸をブラウスの上から両手で触ってきました。
私はひたすら身を硬くして耐えました。
怖くなると本当に動けないし声も涙も出ないんだと分かりました。

「そんなに固くなってちゃ楽しめないよ」

言葉とは裏腹に楽しそうな彼の声がします。
彼の手がブラウスのボタンにかかりました。
一つ、二つ、と上から順に外されていきます。
そして手を挿し入れ、直接胸を触ろうとしてきました。
私は反射的に身をよじって彼の腕から逃れました。

「江美になんて言うの?江美は私の親友だよ?」

「・・・香川だけじゃなくて、全校生徒に実況する?」

そう言うと彼は、傍にあった機械のツマミを素早く操作して、最後に赤いボタンを押しました。
『ON AIR』というランプが点きました。

(・・・ま、まさか!?)

彼は唇に人差し指を当て、私の方にゆっくりと近づいてきました。
私は後ずさりしたものの、狭い放送室の奥の壁に追い詰められてしまいました。
彼はどんどん近づいてきて、聞きとれないくらいの低い声で私の耳元に言いました。

「大人しくしてないと、教室にも職員室にも校庭にも聞こえるよ」

そしてさっきの続きとばかりに、私のブラの下に手を挿し入れてきたのです。
私は壁に背中を押し付け硬直していました。
唇を噛み締め耐えるしかありませんでした。

少しでも声を漏らしたら学校中に聞かれてしまう。
江美に知られたら・・・。

今日のブラは前フックでした。
彼はやすやすと片手で外しました。
ボタンのはずれたブラウスの中で私の胸が露わになり、彼の手が大胆に二つの膨らみを弄びます。
私はされるがままでした。
弾力を愉しむかのように乱暴に揉まれ、とても痛い。
涙が出ていたけど、泣き声が出せない、いっそ大声を出そうか?
そう考えていた時、ふと彼の頭が私の顔の下に来て、彼の髪が香りました。
男っぽいけど不快じゃない香り・・・。
次の瞬間、私の乳首が彼の唇に吸い込まれていきました。

(はぅ・・・っ)

そのとき初めて、変な気持ちが湧き上がりました。

(怖いけど、もっとして欲しい。いけないけど、もっとしたい)

顔が赤くなって息が荒くなっている自分に気付いてしまいました。
彼の温かい口の中で私の乳首が敏感に反応しているのが分かりました。

(もう一つのほうも吸って欲しい)

ぼんやりした頭でそう思いました。
彼はゆっくりと、もう一つの乳房に唇を這わせました。
でもなかなか乳首は吸ってくれません。
私は思わず彼を見下ろしていました。
彼が上目遣いに私を見ながら、徐々に唇を乳首に近づけていきます。

(お願い・・・)

思わず声を出さずに口だけで呟いていました。

「お願い、やめて」なのか、「お願い、そのまま吸って」なのか、自分でもわかりませんでした。

私の乳首に彼の唇が触れ、私は思わず、「ぁ・・・ん」と声を出してしまいました。
片手をグーにして必死に口を押さえました。
彼の唇と舌はまるで生き物のように乳首を刺激します。
優しく舌で転がしたり吸ったりされると、身体の奥のところが“じゅん”ってなって、私のあそこの内側が、どんどんと濡れて温かくなるのが分かりました。
彼は口で私の胸を愛撫しながら、片手を壁につき、唇を少しずつ上に這わせていきました。
鎖骨、首筋、うなじ・・・。
乱暴なさっきとは打って変わって、壊れ物に触れるように、そっと優しく。
そしてグーにしたまま口に押し付けていた私の手をそっと掴み、口から離しました。
次の瞬間、私の唇は彼の唇に塞がれていました。

(・・・んっ)

キスに上手下手があるなんて知りませんでした。
ただ口と口を合わせて舌を入れたりするだけ、と今までは思っていました。
特に感じることもなかったので。
でも彼のキスは情熱的でした。
貪るように私の唇や舌を吸ってきて、私は自分の中の高まりをはっきり感じました。
私は手のやり場に困って、彼の首に手を回してぎこちなく背中を撫で回しました。
彼は唇を離さないまま激しく私を抱きすくめます。

(彼となら、どうなってもいい)

そんな気持ちでした・・・。

<続く>