出前に行ったら露出趣味のお姉さんにフェラされた

この体験談は約 4 分で読めます。

まだ童貞だった高校生の頃の話です。
夏休みに近所の寿司屋の宅配のバイトを始めた。
初日は宅配の仕事はなく、もっぱら食器を洗っていた。
そして次の日、出前の電話がかかってきた。
すると先輩がにやにやしながら、「お前に行かせてやるよ」と言ってきた。

(行かせてやるって、仕事を俺に押し付けただけじゃねーかよ)

心の中でそう思いながら、地図を見ながらチャリを走らせた。

着いたところはマンションで、オートロックを解くためにインターホンを押すと、色っぽい声の女の人が開けてくれた。
初めての宅配なので緊張しながらドアの前でもう一度インターホンを鳴らす。
なかなか出てこない。
と言っても30秒くらいだけど、もう一度押してみる。
すると、「はーい、今いきますぅ」と、さっきの女の人の声がした。

ガチャとドアが少しだけ開く。
ドアを開け、中に入ろうと前を見ると、なんと女の人がバスタオル一枚で立っている。
見た目は30歳くらい。
女の人のバスタオル姿なんか初めて見た。

俺はとっさに、「すみません、出直します」と言って出ようとしたら、「ごめんね。もう少し時間かかると思ってお風呂入ってたのよ。すぐお金をとってくるね」と部屋に戻ったので待つことに。
服を着て戻ってくるのかなと思ってたら、なんとそのまま。

「いくら?」と聞くもんだから、「3150円」ですと答えた。
そして女の人が財布からお金を出そうとした瞬間、バスタオルがハラリ!

「ごめんなさい!」

女の人が落ちたバスタオルを拾おうとしゃがんだ。
一瞬だったが、俺は初めて女の裸を見て脳裏に焼き付けた。
今思えば小ぶりなおっぱいで、乳首はピンと立っていた。
俺は勃起していた。
さらに、しゃがんでバスタオルを拾う時に体勢を崩して、全裸のまま三角座りに!
俺は恐る恐るアソコを見た。
初めて見るアソコ・・・アズキ色していてテラテラしていた。
それが、濡れている状態だと知ったのは後になってからだ。

俺の心臓はバクバクいって、ただただ興奮していた。
女の人が何とかバスタオルを体に巻きつけて、座った状態でお金を拾おうとした時、またバランスを崩して、今度は後ろに手をつく格好で大股開きになった!
アソコはピクピクしていて、さすがにじっとは見れないけどチラチラ見ていたら奥から男が出てきた!
やばいと思って、「すみません」と言って出ようとしたら男が、「金、まだだろ?」と言う。

「はい」と答えたら男が・・・。

「こいつ、他人に裸を見せるのが好きなんだよ」

俺は「そ、そうなんですか」と言い、「3150円」になりますと言った。
男と会話している間に女はアソコに自分の指を入れてクチャクチャ鳴らしていた。

「あーん、あぁ・・・」といやらしい声もする。
見てはいけないと思いながらも興味津々でチラ見していると、また男が・・・。

「こいつのオナニー、じっくり見てやってくれよ」

男の怖そうな見た目がそうさせたのか俺の興味がそうさせたのかは分からないけど、気が付けば俺は玄関にしゃがんで、僅か30センチくらいの距離で女の人のアソコを見ていた。
指がクリトリスを上下に刺激して時折アソコに入っていく。
クチュクチュと音を立てながら、「あぁーん、もっと見てよぅ」と色っぽい声を出す。

「舐めてやってくれる?」

男に言われたが、童貞の俺はどうやっていいのか分からず、「いや、仕事あるんで、もう帰らないと」と言った。
そしたら女の人が俺の手を取り、アソコに持っていった。
俺は分からないままアソコを触りまくった。
女の人が、「こっち」と言って俺の指をアソコに突き刺した。
童貞の俺にはアソコの位置がよく分かっていなかった。
指を上下すると、「もっと速くぅ」と言う。
クュチャクチャと玄関にいやらしい音が響く。

「あぁぁ!」

女の人は一際大きな声で悶えた瞬間、大人しくなった。
はぁはぁ言いながら、「も、もう指出して・・・」と言う。
イッたことが俺には分からなかったのだ。

指を抜くと、何か気まずくなって、「お金もらえます?早く帰らないと」と言った。
男は、「お兄ちゃん、童貞?」とニヤニヤしながら聞いてくる。
俺は、「まぁ」と答えた。
すると男が、「おい、やってやれよ」と女の人に言った。

「え?でも困ってるよね?」

俺に聞いてくる。

「まあ、早く帰らないと」と言った瞬間、ズボンの上から触られた。

もう気持ちよくて、どうでもよくなって無言のまま任せていたら、チャックを下ろされた。

「大きいのね」と言いながら、焦らされるようにしごかれた。

「彼女、いるの?」

「はい、一応・・・」

「彼女とはまだなんだ?彼女はこんな事してくれないの?」

女が言いながら口の中に俺の息子が!
裏筋を舐められ、奥まで含んで激しく前後してくれて気持ちいい。

「い、イキそうです・・」

「イッていいよ」

俺はそのまま、女の人の口の中で果てた。
オナニーではこんなに気持ちよくなれなかった。
俺が呆然と立っていると、横から5000円札が出てきた。
男が、「おつりはいいよ」と言うので、「いや、困ります」と言ったら、「この事は内緒な。少ないけど取っといて」と言うので、お金を受け取って逃げるようにして外に出た。

店に帰り、先輩がどうだったか尋ねてくるので、「何もなかった」と言うと、「嘘だろ?」って驚いている。
聞けば、あの家のカップルは露出が趣味らしく、過去には最後までヤッた人もいるらしい。

今でもあの時のことを思い浮かべてオナニーしている。
10年経った今でも、あの女の人のフェラより気持ちいいフェラには出会ってない。