癒やし系の見た目とは裏腹に超ヤリマンだった元カノ

この体験談は約 4 分で読めます。

今から10年前、私が30代後半の5年間を暮らした賃貸マンションの後ろの棟に、大学時代の恋人を見つけました。
大学の2年後輩で、スタイルのいい優しい癒やし系の女で初音と言います。
私の5歳年下の妻は由希といい、初音よりは小柄で美形ではありますが垢抜けない感じです。
妻のほうが若いですが、客観的には初音の方がイイ女に映ると思います。

大学3年のときに、サークルの1年生の初音が同じアパートだったこともあって急接近しました。
若い女が若い男のアパートに上がりこんだりして仲良く過ごすうち、日替わりで夕食を作って一緒に食べるようになりました。
どちらから告白したと言うわけでもないのにすっかり恋人気分で6月に結ばれました。
初音は生娘でした。
少しずつセックスに慣れてくると大胆になり、アソコを広げて見せたり、週末に1日中素っ裸でじゃれあってみたりするようになりました。
もちろん初音はセックスが気持ちいいと知ると、誘えば断ることをしなくなり、毎日私の性欲を受け止めてくれていました。

「アアーーーン、アアン、アンアンアアーーーーーン」

結構大きい声で啼くので、後輩に新聞受けから聞かれたり覗かれたりしたこともありました。

「先輩、初音ちゃんって大人しそうな顔して騒がしいんですね」

「お前、覗いたな!」

「覗かなくても聞こえますよ」

若い頃の初音を思い出していました。
やっぱり忘れられないのは、私が卒業する時の別れです。
いつも騒がしい鳴き声の初音が、すすり泣いた最後のセックスを思い出すと胸が締め付けられます。

「さようなら。元気で頑張れよ」

「2年間、幸せでした。先輩、楽しい時間をありがとうございました」

初音がペコリとお辞儀をして、顔を上げた時には新幹線のドアが閉まっていました。
最後のキスをし損なったのを思い出しました。
手を振る初音があっという間に見えなくなり、私は涙が収まるまで座席に座らず、壁にもたれてドアの外を眺めていました。

そんな初音を12年ぶりに見つけて、私は懐かしさを味わっていました。
当時、私が35歳でしたから、初音は33歳でした。
こっそり300ミリの望遠レンズで部屋を覗いたこともありました。
真面目そうなご主人と幼稚園の男の子と幸せそうに暮らしていました。
学生時代に愛した初音があのご主人に抱かれていることを想像したら、なぜか嫉妬してしまいました。

私は初音に声を掛けることはせず、1年、2年と時は流れ、いつしか初音の子供も小学校に上がったある日、家族が次々と感染していったインフルエンザに最後に罹患し、出勤を停止されていました。
熱も下がり治りかけた頃、望遠レンズで初音の様子を窺っていたら、レースのカーテンがソファーに引っ掛かって部屋の中が見えていました。
そこでは初音が見知らぬ若い男とまぐわっているのが見えました。
大きく足を広げてアソコを弄られ、快感に身を捩っていました。
やがて男の性器を受け入れ、様々な体位で男の性欲に対応していました。
初音は男の精液を浴びて放心状態でしたが、男はそそくさと立ち去って行きました。
初音は自分で精液の処理をして部屋を出て行きました。
優しくて真面目な癒やし系の初音が、自宅に男を招き入れて浮気していたとはショックでした。
それ以来、初音に対する興味が薄れていきました。

そんな時、私に転勤の内示が出ました。
引越しの準備が始まりました。
事務引継ぎのために出張した次の赴任先から帰ると、駅で初音とバッタリ会いました。

「先輩、ご無沙汰してます。せっかくまた会えたのに、お引越しなんですね」

「久しぶりだね。元気だった?」

「先輩、時々覗いてたから、私が浮気するほど元気なの知ってますよね?」

体が凍りつきました。
フリーズした私の腕を引いて初音は私を車に乗せました。

「先輩、ちょっと付き合ってください」

ラブホテルで17年ぶりに初音の素肌に触れました。
初音は私の性器を見つめ・・・。

「私の処女膜を破った懐かしいおちんちん・・・先輩と別れた後、私、100人くらいと寝たの。それで妊娠しちゃって結婚したの」

悲しそうな目をしながら大きく脚を広げてアソコを私に見せました。
そこは癒やし系美人に相応しくないほど真っ黒で、マンタのように伸びていました。

「凄いでしょう?昼間抱かれた彼氏とは違う彼氏と夜を過ごして、次の日はまた違う彼氏に抱かれるなんて・・・。最大で5股のときもあったわ。もう依存症ね」

初音の膣は、まるで別の生き物のようにうねっていました。
激しくするとすぐに抜かれそうでした。

「ウアアアアアーーーーーーーウガーウガウガガーーーーアヒィアヒィアヒィィィィィィーーー」

それは喘ぎではなく咆哮でした。
初音は激しく身を捩り昇天しました。
私はこのままだと膣内で抜かれそうだったので、抱きつく初音を振り払い、初音の胸元に射精しました。

「・・・中に貰おうと思ったのに、断られちゃった・・・」

「バ、バカなことを言うな。妊娠したらどうするんだ」

「先輩の子供、産みたかったんだ・・・」

私は初音を優しく抱き締めてやりました。
私は学生時代、間違いなく初音を愛していました。
愛したまま別れたので、そのときも愛は残っていました。

「こんなことしておいて何だが、お前、浮気はやめろよ」

「そうね。私に気付いていながら、こうなることを恐れて先輩は声を掛けなかったんだものね・・・。でも、二度目のさようならの前に、もう一度先輩に抱かれて嬉しかった。ありがとうございました」

初音はまた癒やし系の顔に戻って、私を途中まで送ってくれました。

引越しの日、妻と子供達が車に乗ったあと、運転席に乗る前に初音の部屋の窓に向かって手を振りました。
レースのカーテンが少し揺れていました。

『さようなら、初音。俺達はもう二度と巡り会わないほうがいい・・・』

そう心の中で呟きました。