いつもは恥ずかしがり屋の女友達に責められて

この体験談は約 2 分で読めます。

私が13歳くらいの時。
その頃はみんな大人びていて、セックスという言葉くらいは知っていました。
でも、詳しくは知っていません。
みんな興味を持ち、AVを数人で観たこともありました。
でもヤる気はないので、みんなはたぶんオナニーで済ませていたのだと思います。

そんなある日。
私たちは、休み時間にセックスの話をしていました。
(ちなみにみんな女子)

A「セックスって気持ちいいのかな」

B「やればいいじゃんか」

A「やぁよぉ。相手いないしさぁ」

C「女同士でも道具使えばできるよー」

そのCの言葉で、使えそうな道具を手に女子トイレに行きました。

A「さあ、ヤるかぁ」

私「え!ヤるのぉ?」

A「あたりまーえ。さ・・・私はCとヤりたい・・・かな」

いつもリーダーのAが顔を赤くして、チャラいCの裾を軽く引っ張ります。
とても可愛かった・・・。

B「じゃあ、うちは夏とだな」(『夏』は私)

私「え?ほんとにやるの?!」

いつも元気で可愛いB。
恥ずかしがり屋で、エロイのが嫌いなBがこんなにノリ気なのが不思議でした。

そして、別れて個室に入りました。
私は、姉的な立場だったので、(私が攻めるのかな・・・)と思っていました。

B「なにぼさっとしてんの!脱げぇ!!」

Bが元気な声で言います。
私が受けるらしいのです。

私「なんでそんなに元気なん?」

B「夏の巨乳が拝めるから」

そう言い、私は服を脱ぎ、ブラだけになりました。
興奮しているのか、Bはほんのり顔が赤く、汗をかいていました。

B「も・・・揉むよ?」

私「OK・・・///」

ゆっくりブラの上から私の胸を揉んでくるB。
いつもオナニーはしていて、胸は感じにくいと思っていたのですが、触られると、「ん・・・」と声が漏れてしまいます。
AとCの方は激しいらしく、「あっあっあっ、あんぅっ」と止まない喘ぎ声が聞こえてきます。
その声を聞いて興奮した私達も激しくなりました。
Bは私のブラを取り、乳首を激しく摘んできます。

私「ぃ・・・あっ・・・はっ」

少しずつ声が漏れ始めました。
ここのトイレは暗く、蒸し蒸ししていたので、誰も来ない安心があり、大きい声で喘いでいました。

B「びちゃびちゃやぁ・・・///」

Bが私のおまんこに無理やり指を入れて抜き挿ししてきます。

私「あぁっ!だめっ!」

私も自分を忘れて喘いでしまいます。
そのうちBは鉛筆を入れてきました。
・・・気持ちよかった。
何回も束の鉛筆を抜き挿しされて、大きな声でイッてしまいました。
そのあと、AとCのセックスを見ながらオナニーをしてしまいました。

今でも、Bと私はたまに・・・。