隠れ巨乳の新人OLに告白された・後編

この体験談は約 7 分で読めます。

さて、ここで複数の選択肢がある。
酔ってる正美を気遣って、駅まで送って帰らせるか、それとも、いいとこを見せるためにタクシー代出してタクシーに乗せて帰らせるか、それとも、自分もタクシー乗って正美の家まで送るか、それともホテルに行くか、俺の家に連れて帰るか・・・。

正美と話した結果、俺の家にした。
理由は俺の家が一番近いから。
酔ってて休みたいという正美に対して最善と思われる選択。
それは最も近い場所、つまりは俺の家に行って休ませること。
タクシー代もそんなかからんし。

そして、家に着いた俺と正美。
家に入ると、正美はソファに横になった。
俺は水を飲ませてあげた。
しばらく特に会話もなくて、眠ったのかな・・・って思って正美を覗き込むと・・・。

「ごめんなさい、人の家に来たのにいきなり寝るとか・・・でも寝てないです、ちょっと休んでます・・・」

これはもういこう!
正美みたいな性格だから、いきなり押し倒したりしたら嫌われるんじゃないかって懸念もあったけど、その時はやけに強気になった。

そして、キスした。
無言の正美。
もう1回、キスした。
やっぱり無言の正美。

(もしかして怒ってる?)

そしたら目を瞑りながらくすっと笑って、それで身体を起こして・・・。

「なんか、緊張しました」

それを聞いた俺はスイッチが入って、一気に正美を抱き寄せた。
そしてキスを繰り返した。
舌も絡めてディープキスをした。
その間、俺の身体に正美の胸が当たる。
当然、服越しなんだけど、その重量感が伝わる。
いつの日か、衝撃を受けたあの正美の隠れながらにして巨大な乳房を自身が感じてる・・・!
興奮が増した。

そしてベッドへと移って、キスしながら正美の服を脱がしていった。
途中、「部屋を暗くして」って言われたんだけど、真っ暗にはせず、オレンジの電球は点けておいた。
正美の身体が見たかったら。
それについては正美は何も言わなかった。

そして正美の上半身を脱がした時、現れた。
巨大な胸が。
これは本気でビビった。
なんでこんな細い身体に巨大な乳房が出来ちゃったんだって感じだった。
身体の他の部分の栄養が胸にだけ集中しちゃったような・・・。
形も、お椀型っていうのかな、垂れてるなんてこともなくて、ちゃんと重力に反発して形も保たれてる。
手で胸を隠そうとする正美だったが、その腕を剥ぎ取って凝視してしまった俺。

「私、変な身体だから・・・」
「胸だけ大きいから・・・」
「コンプレックスっていうか、恥ずかしい」

そう言う正美に対して、「凄い綺麗だよ」と褒め言葉を何度もお見舞いした。

「・・・俺さんは、おっぱい好きですか?」

正美のこういう物言いが、俺を興奮させる。
俺は「好きだよ」と答え、胸を揉んで舐めて顔をうずめて楽しませていただいた。
重量感と柔らかさが、凄かった。

ちなみに正美に後から聞いた話だと、サイズは65のHカップということ。
本人は、「アンダーが細いからカップ数が大きくなってるだけ」とか言っていたけど、よう分からん。
とにかく圧巻のボリュームのHカップの胸を堪能した。

それから正美だけ全裸ってのも変なので、俺も服を脱いで全裸に。
その時、完全勃起していた俺だけど、俺の股間を見た正美が両手で口を覆って、「えっ」って絶句。
目を丸くする、というのはこういう事をいうんだろうな。

俺のはデカい。
長さはもうちょっとで20センチといったところで、そしてやけに太い。
計ったときには亀頭の一番太いところで6センチちょっとあった。
今でも俺のイチモツを見た女性からは、基本驚かれる。
そして、拒否される場合もある・・・という悲しい現実もあるのだが、正美は、驚き、そして、「無理」とか言っちゃうんだろうかと一瞬不安になったんだけど、次に出た言葉は・・・。

「不思議・・・」だった。

「不思議?」

聞き返したけど、それには答えない。
ただ、しばらく俺の亀頭6センチ強のブツを眺めた後、黙って口に咥え始めた。

普段大人しい正美が、突然何も言わずにパクっと咥えて俺のチンコをしゃぶってる・・・。
目の前で繰り広げられているその光景に俺は異様に興奮した。
正美のフェラは上手ってわけでもなかったけど、無言で必死にしゃぶってるところが逆に興奮を加速させる。
それから1回咥えるのをやめて、正美がその小さな両手を使ってしごき始めた。
また無言で。
しごきながら、また咥えてしゃぶってくれる。
テクがあるわけでもないけど、一生懸命な正美の姿に亀頭が破裂しそうなくらいに興奮しちゃってたな。
それで「気持ちいいよ」って言ったら、「私、下手だから」とか言って、またフェラを続ける。
いや、気持ちいいんですけど!

そんな正美のフェラを中断させて、今度は正美の身体中を舐めまくった。
基本、責めるの好きなんで。
首筋から、その巨大な胸を揉む。

柔らかい。
柔らかい。
とにかく柔らかい!

顔をうずめたり、乳首をコロコロと舌で刺激したり。
すると最初は「ん・・・」って感じの反応だったのが、だんだん声が大きくなっていって、クンニし始めたら、「あぁぁぁ・・・!」ってイッたみたいで、「気持ちいい・・・」と、ぼそり。
汁も溢れまくってるし。
案外感じやすい身体なのかな。

これは吹かせられるかもって思って、今度はGスポット刺激しての手マン。
手マンを始めたらすぐにGスポットが膨らんでくるのがわかって、(これ、出そうだな)って思ってたら・・・。

「アッアッアッーーー!」

叫びはじめる正美と、吹き出す潮。
その光景に興奮しちゃいました。

で、ちゃんと家に用意してある大きめサイズのコンドームを装着して、正美のマンコにあてがって、「入れるよ」って言ったら、「でも・・・」って言い始める。

(ん・・・?まさか、ここで拒否されるのか?)

一瞬動揺する俺。

「その大きさ・・・怖い」

ボソボソ言う正美。

「大丈夫大丈夫。ゆっくり入れるから」となだめると、正美はコクリと頷いてくれた。

ようやくOKサインをもらった俺は、破裂しそうに勃起しているチンコを正美の中に入れた。
ゆっくりと痛がらないように。

「うぅぅ・・・おっきい・・・」

我慢しているように見える正美に対して、ここは焦らずゆっくりと・・・が、10人程度の女性経験のある巨根男児の心構え。
いきなり動かしたりせず、ゆっくりゆっくりと侵入していった。
ここで気づいたのだが、正美のアソコの中はかなり浅い。
半分は言い過ぎだけど、全部入りきることなく、まだ十分に余裕のあるところで子宮口に当たったのがわかる。
経験上、子宮口を強く突くのは痛がられる可能性大なので、入り口付近、Gスポットを刺激するような角度でゆっくりと、それからだんだんと速度を増していきながら動かしていった。
手マンの時もだけど、正美はGスポットがかなりの性感帯みたいで、速度を増していく毎に、「あぁぁっ・・・おっきい・・・おっきい・・・凄いっ」と感じまくってた。

正美の中にヌルヌルと愛液が溢れてきているのもわかって、今度は奥に侵入してみた。
相変わらず浅くて、すぐに子宮口に当たる。
子宮口を撫で回すようにして刺激する。
亀頭に触れるコリコリとした感触が気持ちいい・・・。
って思ってたら正美も感じてる。
入り口付近を責め立てていた時よりも断然喘ぐようになって、さらに時折前後に出し入れしながら緩急をつけて子宮口を撫で回し続けると・・・。

「アァ!!!」
「おっきいよっ!」
「なんか変だよっ」
「凄いよ・・・変になるっ」
「ダメ・・・それ凄い・・・ダメェ!!!!!」

はい、イッちゃってました、正美さん。
はぁはぁ息しながら目を瞑って、ぐたーとなってます。
俺、征服感。
少し腰を動かすのを休止した後、正美の巨乳を堪能したくて、騎乗位に体位を変えてみようと正美の身体を抱きかかえながら起こして、俺が仰向けになって、正美が上体を起こした時・・・、この体勢ってかなり奥に突き刺さるんだけど、正美の浅いアソコにはちょっと無理があった。

『グサリっ!』という音が聞こえそうな程に突き刺さり過ぎて、「ひゃぁっ!!」という正美の悲鳴。

正美は身体が動かせなくなってる。
下向いて呼吸整えてて、ちょっと無理あったかなってことで、もっかい正常位に戻そうかなって思ってたら、その時、正美が腰を動かし始めた。
奥に当たり過ぎないように慎重な動かし方だったけど。
激しい動かし方ってわけじゃなかったけど、それでも正美の揺れてる巨乳が堪能できて、俺的には大満足。
けど、「私、下手だから」と、また言う正美。

正常位に戻して、その後は突いて突いて突いて・・・。
で、時折子宮口を撫で回すように刺激してたら、正美は喘ぎまくって、それで俺もイキそうになって、それを言ったら、「・・・はいっ」って正美。
最後はマッハな速度で腰を振りまくって、そして射精した。
大量放出。
快感が俺の身体中を巡ってる・・・。

お互い汗だくになってて息を整えてて、それが一息つくと正美から・・・。

「・・・気持ちよかったです」

褒め言葉、ありがとうございます。

「俺も気持ちよかった」

「でも私、下手だから」

「そんなことないよ」って否定して、「すっごいよかった」って大絶賛して、それでも「私、下手くそです」と謙遜し続ける正美。

前の彼氏と何かあったのかな?
確かにそんなテクニックあるわけじゃなかったけど、かなり気持ちよかったんだけどな。
特にアソコの具合が俺的には抜群によかった。

で、「最初、なんで『不思議』って言ってたの?」と聞いてみる俺。

あまり答えたくなさそうにしてたんだけど・・・。

「今までと全然違う」

「今までって、今までの彼氏とってこと?」

再び聞く俺。

「はい・・・」

さらに質問を重ねていくと・・・。

「今までの彼氏は、もっと・・・なんていうか・・・小さかったです」

さらに経験人数まで聞き出すことに成功して、5人とのこと。
意外に多いな・・・と思ったけど、まあモテるだろうし、こんくらい普通か。

「5人とも形とかは違ったけど、大きさはみんな同じくらいだったから・・・。入ってきたときの感じが全然違いました」

そんな会話をしていたら、また勃起しはじめてきた。
まだ20代、勃起力は衰えていない。
それに気づいた正美はむくっと無言で起き上がって、俺のチンコを握り始めた。
そんな正美の姿にまた興奮しちゃって、再び襲いかかって2発目もやっちゃいました。

その後、正美とはちゃんと付き合うことになりました。
社内恋愛、それも一応上司と部下の関係で、やっぱりそれは色々あって1年くらいで別れたんだけど、付き合ってる時は、毎週末は決まってセックスしてた。

あのHカップの爆乳は凄かった。
今となってはいい思い出です。