ヤンキー女グループに襲われて騎乗位で童貞喪失

この体験談は約 8 分で読めます。

あれは中2の頃だから、もう20年ぐらいも昔の話。
俺は都内の公立の中学校に通ってたのね。
ウチの学校は、周辺の学校に比べるとヤンキーが多くて(と言っても、今から考えれば可愛いもんだが)イジメとかもまぁ割とあった。
イジメというか、暴れ者が何人かいて、気に入らない気分のときにその辺の奴を殴ったり、そんな感じで俺も何度か殴られたことがある。

俺は成績はそこそこ良くって、中学受験を失敗して公立に入ったクチで、成績はクラスのトップか2番、学年でも上位一桁に入るくらいだった。
ただ俺は、小学校高学年の頃から女子に、「キモイ」「変な顔」とか言われて、すげぇ傷ついていて、自分でも自分自身に自信がなかった。

(ブサメンだし、どーせ女子はイケメン男の所に行くんだろ!)って感じで、女とかは縁がなかったのね。

で、ある日の放課後、ヤンキー女が俺の所に来て、「ちょっと来い!」って言われて腕を掴まれて引っ張って行かれた。
何かやられるんじゃないかと思って緊張した。
廊下の方に連れて行かれると、ヤンキー女のグループが、俺の小学校時代からの同級生のY子も連れてきていた。
俺はヤンキー女に腕を押さえられ、Y子もヤンキー女たちに腕を掴まれてる。
その状態で相対している状態。
何をされるんだろう?と思ったら、「ほら、お前らキスしろ!」って、俺とY子は突き飛ばされてぶつけられる。
Y子とぶつかった俺が、「ちょっと待ってよ・・・何するんだよ?」と言うと、「Y子はお前のことが好きなんだろ?だったらキスしちゃえよ」とか言われて、Y子は顔を真っ赤にしている。

このY子っていうのは、凄く大人しくてほとんど口を聞かないような子。
特段可愛いわけでもないが、ブサでもない。
どういった事情でそこに連れてこられてるか知らないけど、そんな事があった。
俺はその時、今から思えばチューしちゃえば良かったんだろうけど、まだお子ちゃまだったんで、どさくさに紛れて逃げ出した。
その後は何もなかった。

数日後だったと思うが、放課後、俺はまたヤンキー女に「ちょっと来い」と言われて、逆らうと何されるか分かんないので素直に従って連れて行かれた。
何されるんだ?と思ったら、校舎裏のプールに。
鍵は掛かっているんだけど柵が低くて、中学生なら簡単に乗り越えられたのね。
そこに連れて行かれて、「中に入れ」と言われ、俺は従ってプールの中へ。
先生に見つかったらどうすんだ?とか、まさかこのままプールに投げ込まれて殺されるんじゃないか・・・とか、かなりビビってた覚えがある。

するとヤンキー女どももプールの敷地に入ってきて、「脱衣場に行け」と言われた。
中学校のプールって小汚い着替え室のプレハブみたいなのがあるでしょ、そこの中ね。
鍵は掛かってなかったんで、その中に入れられた。
そうしたらヤンキー女のグループがY子を連れてきていた。
何をされるんだ?と思ったら、「お前ら好き合ってるんだろ?セックスしろよ」とかいきなり言われる。
Y子は下を向いて俯いてる。

今思えばウハウハの状況なんだけど、やっぱり当時はお子ちゃま、興奮って言うよりも恐怖のほうが先立って、固まって動けなくなった。
俺もY子も固まっていると、ヤンキー女のリーダーが、「何やってんだよ?脱がすぞ?」と言い出し、俺の制服のズボンを脱がしに掛かる。
実は俺は小学校の頃、ズボンやパンツを下ろされるイジメを受けたことがあって、その時はあまりのショックに高熱を出して数日間寝込んだことがあったのね。
その記憶が蘇り、割りと本気で抵抗したんだ。
でも、いくら女とはいえ、グループで襲われ、「暴れると殴るぞオラァ!」とやられると抵抗もできず。
呆気なくパンツを下ろされてチンポ丸出し・・・。

その時点で、性的興奮よりもマジで恐怖でいっぱいで、(とにかくなんとかこの場を無事に乗り切れますように・・・)と心の中で祈りだした。
するとヤンキー女のリーダー(まぁ性的な意味でも一番マセた奴ね)が・・・。

「うわ、すげぇ。立ってんじゃん?」

その時、俺は完全に勃起はしてないけど、半立ちぐらいにはなってた。
エロいことをされた男の性か?
確かに、今でも俺はコンドームはLLサイズを使っている訳で、確かに大きい方だったとは思うけど、男同士で比べたこともないし、セックスなんてもちろん未経験なので、その時はそんな事は分からなかった。

確かヤンキー女グループは4人いて、それにY子と俺の合計6人。
Y子はその時どうしていたか分からないけど、少なくともヤンキー女どもの前でチンポ丸出しな俺・・・。
たぶん、ヤンキー女どもも、Y子と俺をくっつけるのを口実にして、自分たちもセックスに興味ありまくりだったんだろうと思う。
その時はいっぱいいっぱいで、(あぁ、こんな事が先生や親にバレませんように・・・)と思うだけで精一杯だったけどね。

とにかく初めてのそんな状況で詳細は覚えてないんだけど、確かヤンキー女のリーダーがフェラをしてきたんだと思う。
それまでは、『従わなかったら殺すぞオラァ!』という雰囲気だった女どもが急に静かになって、固唾を呑んでその性行為を注視し始めた・・・。
んだったと思う。
スマン、もうテンパってたから余り覚えてない。

しかし、殴られたり殺されたりしなさそうだと分かって妙に安心した俺は、だんだんその状況に興奮したのか、フェラされてギンギンに勃起したのね。
その当時のチンポのサイズは覚えてないけど、でもまぁだいぶデカチンだったのはたぶん間違いないと思う。
勃起した俺のチンポを見て、ヤンキー女のリーダーは思い出したようにY子に向かって、「ほら、入れろ!」と命令した。
しかしY子はもう完全に固まって身動きひとつせず。

後から分かったんだけど、ヤンキー女4人のうち、セックス経験済みはリーダー含めて2人、そしてその場に居合わせた残りの女3人は全員バージンだったのね。

ヤンキー女どもはY子を持ち上げ、無理やりパンツを脱がせて俺の上に跨がらせようと思ったようだけど、Y子は泣き出してしまった。
先生に見つかるとヤバいんで、「声出すな!」とヤンキーが恫喝。
Y子は声を出さずに泣いて固まる。

俺もまた、一時の興奮が収まってまた恐怖に変わったんだけど、そこでヤンキー女のリーダーが、「じゃあアタシがやる。大人しくしてな!」とか言って、自分のパンツを脱いで俺に跨がってきた!

(え、俺の初エッチの相手はこの女か?)

そう思った俺は、「ちょ・・・ごめんなさい、やっぱり良くないよ、ね・・・」と懇願。
なんでこういう時って、とりあえず「ごめんなさい」って言うんだろうね?
まぁ、それはいいとして、ヤンキー女のリーダーは、「うるせぇ!黙ってろ!」と一喝。

俺は覚悟を決める。
俺はその時いっぱいいっぱいで周りの状況まで見る余裕はなかったけど、Y子以外のヤンキー女3人も、興奮して固唾を呑んで見守っていたんだと思う。
リーダー女は制服姿のままパンツだけ脱いで俺に乗ってきて、俺のチンポをマンコに押し当てる。
初めてチンポがマンコに当たった感覚は、(物凄く熱い!)って感じだった。
たぶん濡れまくってたんだろうね。
しかし俺のチンポが太くてなかなか入らなかった。
リーダー女は、「太い・・・ウッ、凄い・・・入んない・・・」とか急に色っぽい声を出してる。
次第に俺のチンポがヤンキー女のマンコに入っていく・・・。
するとヤンキー女は、「あああぁぁ・・・凄い、デカイ、気持ちいいよぅ」・・・とか口走る。

どのくらい時間が経ったか覚えてないけど、俺のチンポが奴のマンコの奥まで突き刺さった時、(あぁ・・・やっちゃった・・・)と諦めのような気持ちと同時に、この状況に異常に興奮してチンポはもう見たことないほどギンギンになってたと思う。
自分のことでいっぱいいっぱいだった俺は気づかなかったけど、ヤンキー女は俺の上でグッタリ動かなくなった。
たぶんイッてたんだと思う。

しばらくして、そのヤンキー女がいきなり俺を平手打ちする。

「馬鹿野郎!気持ちいいじゃねーか!!」と叫ばれる。

そんなこと言われても・・・。
俺はお前らに恐喝されてされるがままだっただけなのに・・・。
しかし、俺はその時、本当に開き直った女は怖いと思った。
なんつーか、カマキリ(♂)の気分・・・。

リーダー女が退いたら、次はヤン女グループのもう1人の非処女が俺の上に。
すでにリーダー女のマンコ汁でヌルヌルになっていた(・・・んだろうね)。
俺のチンポは労なくしてその女のマンコに・・・。
その女は、気持ちいいというよりは俺のデカチンが痛かったらしく、快感よりも苦痛の顔をしていた。
もっともその後、その苦痛が快感に変わって、俺は玩具にされるわけだが・・・。

その女が俺の上に乗っている時、ふとヤンキー女のリーダーが俺にキスしてきた。
舌も入れられた。

(ああ、俺の初エッチも初キスも、こんな女に奪われたのか・・・)

何とも言えない敗北感・・・。
まぁ、その後の細かい描写は省略する(てか、本当にいっぱいいっぱいだったんで、細かいところまで覚えてない)けれども、結局、その場でヤンキー女4人にやられちゃったのよ。
処女の2人はなかなか入らなかったけど、4人目くらいになってくると、すでに俺とやった3人は余裕が出てきて、その処女の女に、「今は痛くてもすぐ気持ちよくなるから我慢しろ」みたいなことを言ったり、俺にキスして唾をどんどん入れて楽しんだり・・・。

結局、ヤンキー女4人(そのうち2人は初貫通)が終わった後、またリーダーが乗ってきて、激しく腰を動かしてきた。
で、俺はそのまま中出ししちゃったのよね・・・。
死ぬほど気持ちよかったけど、一方で、(もしこれで妊娠したら、なんだ、俺はこの女と一生一緒なのか?冗談じゃねぇ!)と泣きたい気分だった。

ヤンキー女に口実として連れてこられていたY子は、何度かヤンキー達に、「お前もやれ」と言われてたようだけど、もう完全に固まって動けず。
結局最後まで、そのまま固まってた。
その日、その後どうやって解散したのかよく覚えてないけど、Y子も俺も、ヤンキー女どもに、「お前ら絶対人に言うなよ!言ったら殺す!」と脅されたのは(ま、お約束ですね)覚えてる。

結局Y子は、元々大人しくてほとんど喋らない性格の上、そんな事もあったし、その後は何もないまま。
ヤンキー女グループとは、その後も5Pとかやらされるんだけど、次第にリーダーの女が俺に惚れたらしく、リーダーの女とだけセックスする(させられる)ことが増えた。
万が一妊娠して、一生コイツと・・・なんて俺としては恐怖でしかないんで、夜中にチャリでこっそり家を抜け出し、誰にも見つからないように自販機でコンドームを買ってきて、万一の時のために準備するようになった。

しかしまぁ女ってのは怖いもんで、そのヤンキー女、俺に惚れて、俺と何回かセックスして次第に快感を貪るようになると、妙にオンナオンナしてきて、フェロモン出しまくってきて、次第にそれに負けるようになった俺・・・。
しかも中学校の廊下とかでも、俺を見つけると抱きついてきたり、人が見てるのにキスしたり・・・。
俺はその時、別に好きな子がいたんだけど、(この状況じゃ絶対ムリ!)と確信した悲しい中3時代だった。

まぁでも、その後、俺は進学校に、そいつはDQNの掃き溜めみたいな公立に進学。
携帯電話なんてなかったんで、高校に進学してかしらばらくは何度かそいつから家に電話があったりしたけど、実は一度だけラブホにも行ったけど、なんとなく疎遠になり、いつしか自然消滅してくれた。

高校生になってから一度だけ行ったラブホでは、とにかくヤツはイキまくって、その後ベッドで俺の腕の中で・・・。

「アタシはお前が好きだ。死ぬほど愛してる。17歳になったら子供作ろう。お前が18歳になったら結婚してやる。お前は頭いいから、きっといい子が生まれるよ・・・アタシもお前のために一生頑張る。だから今は・・・、もっと抱いて・・・」

とかなんとか言われて、その言葉に不本意ながらキュンとして泣きそうになったのは内緒だ。
結局、俺はアイツらのおもちゃに過ぎなかったわけで、高校も2年生の頃にはもう音信不通になってたけどね。

大人になってからの後日談。
つっても、もう10年も前だけど。
地元の駅で降りて家に帰る途中、駅のそばで偶然ヤツに声を掛けられた。
見るからにヤンキーで、やばい人になってた(まぁ中学時代からそうだったけど)。
でも、女度は格段にアップしてて、もうフェロモンを出しまくってた。
水商売かなんかしてる風だった。

「よぉ、元気か?」と声を掛けられたんで、「うん、元気だよ」って言って、そのまま別れた。

以上。