遅漏の俺を1分でフィニッシュさせたアパレルの巨乳OL

この体験談は約 3 分で読めます。

今から3年前、19歳で浪人中だった俺の話。
当時通っていた予備校の近くにCancan系が好きそうなアパレル店があった。
簡単に言うと、俺はそこのお姉さんに片思い中だった。
通りすがりによく顔が見えていたので、どうせ駄目だろうと、思い切ってアドレスを店のレジに手渡す。
恥ずかしくて死ぬかと思った。

しかし、翌々日。
『一度会いましょう』とメールが。
会ってみたら、俺に好意を寄せてくれたのではなく、「彼氏がいる。ちゃんと会って話してみれば、やっぱり合わないかもって思うだろうから」とのこと。
まぁそんなもんだろうと思い、2人で昼食へ。

その女性は当時の俺より7つ上。
見た目は、まぁアパレルにいそうで、身長は低めだが、二の腕とケツが女らしく、乳がデカい女性だった。

せっかく会えたのに勿体無いと思い、「彼女と半年前に別れて、しかも浪人中でいいことがない」みたいに愚痴ってたら、「じゃあ家においで」ということになった。
ラッキー!

彼女の家は都心から少しだけ離れた場所で、彼女は一人暮らしだった。
家に入ると彼氏との写真があって、「突然彼氏が入ってきたらどうしよう」とビクビクしていた。

「いつもどんな風にしてるの?」と聞いてくるから、「責められたい」と訳のわからんことを言ってみた。

するといきなり下を全部を脱がしてきて、まだ半立ちのチンポや陰嚢を長めの指で撫でてきた。

もちろん俺はすぐに勃起。
すると彼女はすぐにしゃぶりついてきた。
その小さい口でするフェらはたまらなかった。

すぐさま彼女を脱がして、お互い全裸に。
彼女はもうすぐ冬ということもあってワキの処理が甘かったが、顔の可愛さと脇毛の反比例にますます興奮。
乳首は大きめだが、乳自体もDくらいはあって、やっぱりデカかった。
マン毛は脇とは対照的にきれいに整っていた。

クリトリスが小さく見つけにくかったけれど、俺はフェラのお礼にクンニをしてあげた。
アパートだというのに彼女は、「ぁああ、はぁああああん!!」と大声。
おいおい大丈夫かと思ったが、こっちも興奮していたのでお構いなし。

彼女はおしっこを我慢していたせいか、イクと同時に大放尿!
(あの透明のやつは、おしっこじゃないらしいですね)

俺も興奮が抑えられず、すぐに挿入。
柔らかくて温かいマンコに入れ出し、当時遅漏だった俺も1分でフィニッシュ!
その後も立ちバックや騎乗位、対面座位と色々やった。
ゴムもせずにwww
ちなみに後日、定期的に俺らはハメ狂った。

しかしある日、彼氏とできちゃった結婚をすることになったらしく、『赤ちゃんが生まれたら見に来て』とメールをくれた。
たぶん、「またハメに来て」という意味でしょうけど(笑)
それにしても俺の子供じゃなければいいんだけど・・・と思った。

気持ちいいというか、ドキドキした体験だった。
そのせいで早稲田大学Aランクだった俺は、直前にEまで落ちた。
でも、ちんこと男としての自信はBくらいにまでは上がったかなwww