エロ女に成長してた同級生と獣のような3P・前編

この体験談は約 5 分で読めます。

大学の1年生の頃、たまたま帰省してきたR子を交えて3人で飲むことになった。
男は俺とB、女はC子、この3人は地元で生活していた。
地元の居酒屋で2時間くらい飲んで、俺の家で家飲み。

R子は高校時代は彼氏もいなく、勉強もそれなりにできて、地方の医療系の大学に行っていた。
後で聞いた話だが、高校時代は処女で、男にあまり興味のないまじめ少女だった。

酔いも回ってC子が先に帰ることになり、残り3人で飲むことになった。
R子も酔いが回ったらしく、壁を背もたれにして体育座りのように座っていた。
俺とBはずっとスカートから覗くR子のパンツを見ていた。
まぁ、覗く言うより、丸見えといった方が適切だった。

R子「どこ見てるのよ?」

俺「だって丸見えだぜ、あそこも」

B「下がはみ出していないかチェック中(笑)」

R子「毛はないよ、だって彼氏の趣味でパイパンだもん」

俺とB「本当かよ!」

テンションがすげぇ上がった。
R子はスカートを直し始めた。
俺とBは場所を移動して、BはR子を後ろから抱き締める配置へ、俺はR子の真ん前に座り直した。
R子は、自分の言ってしまったことにバツの悪い顔をしていたが、BがR子を後ろから軽く抱き締めるようにして、下ネタを話しながらR子の胸を服の上から軽くタッチしていた。
R子は少し嫌がりながらも諦めを感じたのか、Bの好きなようにさせて、顔を上気させながら俺たちの下ネタに付き合ってくれていた。
時々、笑いながら足の方が緩くなり、またパンツが覗いていた。

俺「R子、なんかシミが出てきているぞ」

B「感じてきたのかな?それなら・・・」

Bが服の中に手を突っ込んで生で触り始めた。
R子は本当にまじめで、こんな風に軽々しくエッチできる相手ではないと思っていたから、俺もBも慎重に彼女が嫌がらない程度にエッチに持ち込みたかった。
R子に、「彼氏とどんなエッチしているの?」とか「同級生の◯◯は変態でさ、◯◯なこともするらしいぜ」とかぺらぺらしゃべりながら、Bはいつしか服の下から両手でR子の胸をさっきよりも強く揉んでいた。
俺はR子の表情を見ながら太ももに手を当てて反応を見ていた。
するとBが、「面倒だから上だけでも脱がないか」と多少無理やりに服を脱がし始めた。
R子は、「嫌だよ、恥ずかしいよ、やめてよ」と、満更でもなさそうな感じで軽い抵抗をしている。

すると片方の胸が露わになった。
乳首の色もピンク色で、形のいい胸が俺たちの目の前に現れた。

(こいつ、こんなにきれいな胸をしていたんだ)

さらに興奮は高まった。

俺「おいおい、R子のおっぱい、きれいだな」

B「まじに柔らかいし、きれいだし、揉むにもちょうどいい大きさだし」

俺「両方見せてよ。俺も脱ぐから」

B「俺も脱ぐわ」

とりあえず男2人はパンツ一丁になった。
R子はまた服を直して、「同級生の前で嫌よ、恥ずかしいし」と立ち上がり、せっかく外したブラのホックも直し始めた。
俺はとりあえずR子の肩を押さえて、また座るように催促した。
R子は、やはり満更でもないのか座り直した。

そこで俺とBはちょっと席を外して、2人で相談。
1対1がいいか、2人でやるか?
ああでもないこうでもないと話したが、結論の出ないまま、また一からやり直し。
ただ、こっちももうやることしか考えていないので、さっきより露骨に迫っていった。

まずはパンツ一丁の俺がR子に、「彼氏とどっちが大きい?」と無理やり触らせたり、Bが「俺の尻はきれいなんだぜ」と、ケツを丸出しにしたり、わざとハミチンさせたり、笑いをとるため場を和ませるため、馬鹿なりに努力した。
するとR子は、「少し暑いね」と言い、「でも脱ぐものがないからな」と意味深に投げかけてきた。
俺は、「別にイイじゃん、さっきもうおっぱい見ちゃったし」と明るく返した。

B「R子のおっぱいきれいだから隠すことないだろう」

俺「そうだよ、俺たちもこんな格好しているんだし、恥ずかしがることないよ」

そう言うとBは絶好のタイミングでR子の上半身を裸にした。
問題はここからだ。
俺たちは触りもせず、ただガン見をして、相変わらず警戒心を与えないように下らない話をしていた。
『オイオイ、ここまでしてまだ何もしないのかよ!』って思うだろうが、何しろ同級生だし、これからの付き合いもあるから怒らせたくないし、正直言って先に帰ったC子のことを俺は好きだったからさ。

それから数分経った頃、「この状況ってすごくエロいよな」と言いながら、俺はR子の肩に手をやり、おっぱいを触りだした。
さっきBが言っていたように、すごく柔らかくて気持ちがよかった。
R子は何も言わずに触らせてくれていた。
R子は下半身は防御している、けれどもう上半身は自由にさせていてくれた。
ときどき反応もしてくる。
それを見ていたBはR子のスカートの中に手を入れた。

B「すげぇ、パンツがべちょべちょに濡れてるよR子」

R子「気のせいだよ、気のせい」

そう言いながら、吐息は激しくなっていた。

俺「さっきパイパンって言っていたよね。見せてよ。俺、まだパイパンって見たことないんだよ」

B「そうだ、パンツ脱がすぞ」

R子「えっ・・・やだよ、恥ずかしいよ」

B「ほら」

R子のパンツはいとも簡単に脱がされた。
それに対してR子は、抵抗したとは言えなかった。
俺は両足を持って大きく開いた。
俺とBはじっくりと見入ってしまった。
割れ目はすでにぐちょぐちょと言っていいだろう。
透明な液が蛍光灯できらきら光っていた。
俺もBもここまで来たら気が大きくなり、本来のSの血が騒いだんだろう、口調も少し乱暴になっていた。

俺「こんなに濡らしていたらスカートにシミができるぞ」

スカートを脱がして全裸にした。

B「こんなに濡らしちゃって、すけべだなぁ」

R子は目を閉じて、恥ずかしさで気持ちよくなりすぎている感じ。
自分でパイパンのまんこを隠そうとするが、俺とBでその手をどけさせる。
Bがまんこに指を入れた途端、大きな喘ぎ声。
俺は自分のちんぽをR子の口元へ。
するとR子は黙って口の中に導いてくれた。

B「入れていい?」

R子は、もうただ喘いでいた。
Bのちんぽが入った途端、R子は大きな声で言った。

B「ああん、気持ちいい」

R子は喘ぎながらも俺のを咥えたまま離さない。
正直、こんな気持ちいいフェラは初めてだった。
舌を絡ませながらツボを捉えてくる。
Bは腰を振りながら、「あそこの中が熱い」と言っている。

俺は何度もイキそうになるのをこらえていた。
Bに「代わってくれよ」と頼み、代わってもらった。
体位はバックになっていた。
Bのちんぽを一生懸命咥えているR子がエロかった。

俺はというと、とにかくR子のまんこの中が熱い。
そして、これ以上もないほど濡れていた。
BがR子の口の中でイッたのを見て、「俺もイキそう」と言ったら、R子は俺のちんぽを抜いて口の中に出させた。

<続く>