ドMで処女なJKをメールで犯した

この体験談は約 3 分で読めます。

友達と行ったカラオケボックスで女の子2人組をナンパした。
同級生かと思った2人は姉妹だった。
姉は都内の大学生で、妹は静岡県内の高校3年生。
姉の帰省で久しぶりに2人でカラオケに来たということだった。

姉は保育を専攻で、見た目通りの大人しい印象だったが、妹は超ロングヘヤで茶髪、メイクもしていて一見高校生には見えなかった。

彼女たちと一緒にカラオケすることに成功し、その場でメアドと電話番号を交換してその日は終わった。
なぜなら、その日の夜に家族揃って車で姉を送り、その足でディズニーランドに行くと聞かされたからである。

俺の友達は彼女持ちだったので連絡権を譲ってくれた。
どっちにメールするか迷ったが、今後会いやすい妹に的を絞った。
だから、姉を送って静岡に帰る頃を狙ってメールをした。

1月5日の夕方、『DL楽しかった?』のメールに返信があった。

『うん』

たった一言。
でもカラオケのことを覚えていて、メアドも本人のである確認がとれたので、それで十分だった。
その日は夜中の3時までずっとメールをした。
22時頃までは30分に1回の頻度でのやりとりだったが、それ以降は送ればすぐに返信が来た。
カラオケでの印象の通り勝気で、年上の俺に最初からタメ口だったが、メールの文面も変わりなかった。
後半、下ネタ交じりで送信したが、『むり!』とか、『Mなんじゃね?』には、『ちげーよ!』と返信が来た。
見た目と裏腹に堅いなと思ったが、一応必ず返信が来るので継続した。

1月7日、21時。
メル友になり2日目、事態が急転した。
処女であることがわかった。
彼氏がいないことは聞いていたが、やったことはないと言った。
またMであることがわかった。
Sの男が好きだと言ったからだ。
この辺でちょっと強引に責めることにした。
『無理!』『ちげーよ!』に怯まず、押した。

その作戦は見事にはまった。
結局、この子は下ネタ大好きで好奇心旺盛な今時の高3だった。

その夜、メールで犯した。
『メールならいくらでもヤラしてあげる』と言ったからだ。
俺の卑猥な単語や文章に素っ気なく返信してきたが、間違いなくこいつはオナッていると確信した。

『ちょっとだけ話そうよ』と誘い、夜中の2時、電話で話した。

親にばれるからと布団をかぶり小声で話してきたので聞き取りにくかったが、それがまたエロかった。

「お前、今、クリ弄ってたろ?」
「そんなことしねーよ!変態!」

「でも、エロい気分になったろ?」
「まーね、だって縛るとか、まじやばい」

「お前ドMだろ?」
「ドは余計だよ・・・」

「てかさ、濡れてんだろ?」
「濡れてません」

「なあ、俺、めっちゃ立ってん」
「まじか」

「うん。やばい」
「やれば、1人でするやつ」

「なに?それ」
「あほ、知らん」

「オナニーだろ?男のやり方知ってる?」
「握る。あははははは」

「今握ってる。このままするから、お前手伝ってよ」
「何でウチが!手伝うってどうやって。無理!」

「こんなになってんだぞ!死ぬ」
「あは、死ぬって!(笑)どーなってんの?」

「なあ、明日会えん?どーなってるか見せたる」
「まじか」

「さっきメールでしたこと、やってやるよ」
「えー、恥ずかしい」

「いいじゃん、俺んち来いよ、近いんだし」
「えー、行くだけならいいよ」

「わかった、家出るときメールして」
「わかった」

「なあ、もう1回聞くけどさ、さっき濡れた?」
「・・・今もやばい・・・」

「うは、じゃ明日な!」
「うん」

もう4時だった。

次の日の16時にメールが来た。

『着いたよ』

1月8日、16時40分。
俺はこいつにフェラチオを教え、クンニで泣かせた。
俺がイクまで30分くらい、言われるがままにずっとしゃぶった。
こいつは細くて胸はまったくなし。
乳首だけは立派に発達していて、ビン起ちだった。
おまけにマンコはビッチョビチョ。
舐めたら口がネバネバで満たされた。
クリが大きくて、まさに豆だった。
ゆっくり1時間以上、舐めたり指で転がした。
入れるのを怖がったし、フェラでイッていたので貫通は次回にした。

こいつ、やっぱりドMだった。
これ以来、俺の言いなり。
デパートのトイレでも、どこでもしゃぶった。
その都度、びっちょり濡らして。

1月10日に初貫通させて、13日までで8回入れた。
手コキのやり方も教えて、精子が出るところも見せてやった。
やるたびに好奇心が強くなり、昨日は学校帰りに俺の部屋に来て、目の前でマジイキのオナニーを披露してくれた。
しばらくは大人しく弄っていたが、目の前にチンコを出して咥えさせたら、あっという間にイッた。

まだ2週間だが、今、俺の興味はすでにこいつの姉の方に向かっている。