三重人格の彼女の中のひとりと奴隷契約しています

この体験談は約 4 分で読めます。

私は19歳の大学生、Yです。
彼女は24歳の社会人。
付き合いだしてから、もう4年になります。

彼女は解離性同一性障害者です。
一気に話が胡散臭くなったとは思いますし、実際俺も彼女が精神分裂を起こして3年にもなるというのに、未だに信じ切れてないところがあるというのも現実です。
信じてもらえるもらえないは別として、話を進めます。

彼女の数ある人格の中で、普段の人格が『K』。
俺の姉的な性格をしている『T』。
そして俺と奴隷契約をしている『U』。
この3人が彼女を主に構成している人格です。

Uがなぜ俺と奴隷としての契約をしているかというと、本人が、俺に嫌われないためならなんでもする、自分は他の人には出来ないことをしたい、そう言って聞かないもので、とりあえず了解してしまったのです。
本人はさほど変態的なプレイに興味はないどころか、その手のプレイが苦手なタイプです。
ですので俺もまあなんだかんだで普通に暮らそうと、飯を作ってもらったりすればそれでいいやと、そう思っていたのです。

しかし、いざ奴隷として契約してみると、どんどん自分の中のどす黒い部分が見えてきました。
最初はちょっとした羞恥プレイ(ノーブラで買い物に行く程度)で満足していたんですが、気付けば自分でも度を過ぎたように感じることをさせていました。

ここで自分のやらせたことを反省を込めて素直に書くと・・・。
足やアナルを舐めさせる。
本格派の人からすればごく普通なんでしょうが、Uには過酷だったであろう恥辱行為。
男友達の家に下着をつけずに泊めに行かせるという危険極まりない行為。
満員とまではいかずとも、混んだ電車で俺なり他のその辺の男なりに痴漢(痴女って言うんでしょうか?)させる。
風呂場で、吐くまでイラマチオ。
トイレについてこさせて、小便した後で舐めさせる。
・・・などです。

改めて自分で見てても嫌気がさすような行為ばかりです。
当時の俺の性癖として、恥辱行為や、他の人間と絡ませることに興奮を覚える傾向があったことも書かせていただきます。

普段の人格であるKとは普通に楽しく生活をし、デートなども楽しくできています。
姉のようなTと家でぼーっとしているのもすごく幸せだだけど、俺はなぜ、Uとこんなことをしてしまっているのだろう。
俺は悩みに悩み、ついにTに打ち明けてみました。
すると彼女は俺の頭を優しく撫でながら・・・。

「Uは、それでもきっと、Yが喜んでくれるなら幸せだよ」

そう言って微笑んでくれます。
実際、U本人は一言も弱音を吐かずにその全てをこなし、終えた後の俺との普通の暮らしをすごく楽しんでくれます。
たまに俺にくれる手紙でも、『辛いことも多いけど、それ以上に幸せでいっぱい』だという旨が毎回書いてありました。

だからと言ってそれでいいんだろうか?
俺を好きでいてくれるのを理由に無茶苦茶してるだけじゃないか?
こんなので俺はほんとにこいつを好きって言えるんだろうか?
そう悩む自分と、次にUが出てきたらどんな変態的なことをさせようかと考えてしまう、クソのような自分との格闘の日々でした。

ある日、ついに俺はやってしまいました。
Uに、他の男性とのセックスをさせてしまったのです。

最初は深夜に元彼を呼び出して、公園でセックスさせました。
セックスの内容も、相手が来たらすぐにキス→脱がせて胸舐め→フェラチオ→立ちバック→相手に任せるという内容で指定しました。
ゴムは付けさせましたが、3発ほど立て続けにやられたようで、漏れてないか少し心配になりました。
その後で部屋に帰って寝ていたとき、Uが泣いていたのを覚えています。

しかし何かが狂ってしまっていた俺は、それからも強要しました。
別の元彼との似たようなセックス。
ホームレスに病気がうつらないように最初からゴムをつけさせてセックス。
電車でナンパさせてセックス。
秋葉原でいかにも童貞のような男を誘ってセックス。
そんな日々でした。

ある日、俺がいつものように遊びに行くと、Kが泣きながら抱きついてきました。
どうかしたのかと問うと、「自分の中からUが消えた」と言います。
俺は、(ああ、やってしまった)と思いました。
そしてものすごい喪失感を得たのです。

俺は元から、好きな女には本当に好きでいてくれるか色々と試したがる人間です。

「奴隷になりたい」とまで言ってきたUと、ほんとにどこまで一緒にいたいのかを試したかったのでしょう。

だけど・・・、ああ、俺は調子に乗りすぎた。
なんてことをしてしまったんだろう。
一緒にゲームしてる時、一緒に買い物してる時、一緒に映画を観てる時、一緒に飯を食ってる時。
いつも一番楽しかったのはUなのは分かっていました。
その一瞬をすごく愛してくれていることも。
それなのに、ああ、分かりきったことなのに。
俺はなんてことをしていたのだろう。

呆然としてる俺に、いつの間にかTに変わった彼女が手紙を渡してきました。
Uが最後に書いたものだと言います。
そこには、思いつく限りの幸せな思い出が書いてあり、最後にこう書いてありました。

『貴方の傍にいられることの大切さ以上に、一瞬でも他の誰かのものになるのが耐え切れなくなっちゃった。ごめんね』

俺は声が出なくなるまで泣きながら叫んで、その後Tと2人でベッドでずっと抱き合ってました。
今までにも俺は浮気など酷いことをしてきました。
そんな俺と、なんでここまでして一緒にいてくれるんだろう?
ほんとにそんなに俺がいいんだろうか?
そんなことを考えながら抱き締めていると、胸の中でTが、「Uの分まで幸せにしてね。私達は何があってもYのこと大好きだよ」と言ってきました。
もう何も言えずに、ただただ抱き締めていました。

その後、Uの後釜になるのかは知りませんが、新しい人格である『M』が生まれました。
Uに俺がした数々のことを知っており、事あるごとに俺に色々なことを言ってきます。
自分がしたことの酷さであるとか、独善的思考について・・・。
でも、言い訳する気などこれっぽっちもありません。
むしろ、責めてくれる人がいることで楽になれる気すらします。

だけど、それでもなんでも俺の傍にいてくれる。
それがきっと他の何よりも好きだってことの証明なんだよな、と思うようになりました。
これだけずっと傍にいてくれる女を疑う必要なんてどこにあるんだ。
こんなに素晴らしい彼女を持って、俺はこれ以上何を望むんだ。
早く、こいつらに見合えるくらいの男にならないと。
早くこいつらを幸せにできるように、しっかり学校を卒業しなきゃ。

今はそう思いながら過ごしています。