別れた彼にパイパンにされてた細身な25歳

この体験談は約 5 分で読めます。

彼女とは出会い系で知り合った。
会うまでは顔はわからない。
会う前に電話はしたが、凄いサバサバしてた。
時おり見せる照れ笑いの声は可愛かった。

いざ会う日、お互いの服装を目印にしてた。
年齢はわかっていたが、顔はわからない。
ドキドキだ。

俺が携帯を弄って下を見ていたら・・・。

「すみません、◯◯(俺)さんですか?」

顔をあげると、なかなかキレイな人だ。
年は25歳。
今思うと、水川あさみに似てるかな。
(というこで、名前は『あさみ』で)
身長166センチで細身だ。

心の中でよかったと思い、顔は笑顔だったと思う。
まずは、酒を飲みに行く。
2杯ぐらい飲んだところであさみは結構酔っ払い始めて、自分から色々話し始めた。

彼氏がいたが、別れることになって出会い系に書き込みをしたこと。
待ち合わせの時間より少し早めに来て、どんな奴が来るか確かめてたとのこと。
それは以前、好みではない人が来て困ったからだそうだ。

さらに酒は進んで下ネタ話へ。
あさみの元カレはSMに興味があり、ちょっと変わったプレイをしてきたこと。
バイブを使うようになってからは、バイブ以外ではイケなくなったこと
あと、パイパンにされたこと。
今でもパイパンなのか聞くと「生え始めて、かゆい感じ」と照れ笑い。
この照れ笑いが、なかなか可愛い。
あと、ちょっと気づいたのがトイレに行く回数がちょっと多い感じがした。
この理由は、後で分かることになる。

そこそこ飲んでいたらあさみは目がトロンとしてきた。
本当に酒に弱いようだ。
店を出るとあさみは足がおぼつかなくなってた。
仕方なく、途中でコンビニに寄って飲み物を買い、近くの公園で休憩をした。

あさみは、俺の膝の上でウトウトしてしまった。
俺はもちろん暇。
だからやることは、お触りくらいしかない(笑)
まずは胸を軽くつっついた。
反応がない。
今度は乳首めがけてつっついた。

「んんっ」と息が漏れる。

なんだか面白くなってきた。
スカートの中にも手を入れたいが、たまに人が通るのでそれはできない。
仕方なく、服の上から乳首を交互に触ってた。

「んんっ」と息が漏れるとすぐに止めるの繰り返し。
だんだんと身体の動きが大きくなり始め、これ以上やったらやばいと思った瞬間、目が合った。

あさみ「ゴメン。寝ちゃった。でも胸を触ってたからよかったでしょ?w」

俺「知ってたの?いつから?」

あさみ「わかったのは最後の方」

俺「もう帰るのめんどくさいから泊まってく?」

あさみ「どこに?」

俺「近くのホテル」

あさみ「えー、どーしようかな・・・」

俺「イヤなら仕方ないけど」

あさみ「いいよ」

俺「なんで一旦断ったの?」

あさみ「女の子は一度断った方がいいかなと思ってw」

こんな感じの会話をしてラブホへ。
ラブホに着いて「一緒にお風呂入ろ?」って聞いたら、やんわり断られる。
シャワーの音が聞こえてちょっとしてから、酔っ払ってるふりして入ってみた。

あさみ「イヤッ、ちょっと!聞いてない!!」

俺「トイレと間違えた(笑)」

あさみ「じゃ、なんで裸なの!?」

俺「うんこする時って俺、全裸なんだ」

あさみ「そーなんだ」

あさみが笑った。
お互い、目が合ったところでキス。
結構な時間してたと思う。
キスをし終わった後、「体洗いたいから、外で待ってて」と言われ、渋々了承。
俺は体を拭きパンツだけ穿いた。

少し経ち、あさみがホテルの部屋着姿で登場。
俺はベッドで待ってた。
あさみがベッドに来て、「暗くしよっ」と明かるさ調節。
俺はその最中にあさみの足を愛撫し始めた。

あさみ「くすぐったい。でもちょっと気持ちいいかも」

舌を絡めてのキス。
唇が柔らかく、ふっくらしてて気持ちいい。
あさみも積極的に舌を絡めてくれる。

「ハァー」と息を漏らす。

部屋着を脱がすと、あさみはパンツだけ穿いてた。
おっぱいはCカップ。
バランスがとれていてキレイだ。
そのオッパイを舐める。

あかり「あぁー、おっぱい気持ちいい・・・」

俺「こっちは?」

パンツの上から触る。

あかり「んー、もっと気持ちいいw」

俺はしばらくパンツの上から触っていた。
だんだんパンツが湿ってく。

あかり「アァッ、パンツ汚れちゃうから脱ぎたい」

パンツを脱がせる。
思わず見入ってしまう。
パイパンに毛が生え始めていた。
これにはちょっと興奮。

あさみ「恥ずかしいからあんまり見ないで」

かまわず俺は生え始めた毛で遊び、クリトリスを触る。

あさみ「ンンッ、アッ、ハァ」

声は小さめだが、小刻みに息が漏れてきた。
かなり濡れてきたところで、キスをしながらマンコを舐めた。

「あぁぁ」と一瞬声を荒げたが、また小刻みな息が漏れ始めた。

あさみ「ねぇ、気もちいぃよ、ハァー」

俺「指も入れてみる?」

あさみ「入れて!」

舐めながら指を入れて動かす。

あさみ「ハァァァー、アァァー」

あさみの声が大きくなる。
舐めながら指を動かすと汁がさらに溢れ出す。

あさみ「ホント・・・気もちいぃよ、ハァァー」

俺はさらに続ける。

あさみ「なんか、ハァー、イクかも、イッちゃうぅぅ」

あさみは声をあげてイッてしまった。

あさみ「おもちゃ以外で久しぶりにイッちゃった」

俺「よかった」

俺はすぐさま中指と薬指の2本をマンコに入れ、上の方を擦り上げた。

あさみ「アァ!ハァッ、イヤッ!ダメ」

あさみは潮を吹いた。
あさみはすぐさま起き上がり、「何?何?なんか出たよね?」と。

俺「潮吹いたね」

あさみ「潮?初めて。シーツがビチョビチョだねw」

俺「俺もパンツが我慢汁で濡れてるよ」

あさみ「大変!見せて」

俺が仰向けになると、あさみはパンツの上から指先でチンチンを触る。

あさみ「ほんとに濡れてるねwパンツ脱ごうね」

パンツ脱がされた。
あさみは「大きいねw」と言って咥えた。
ねっとりとしたフェラが気持ちいい。
裏筋もきちんと舐めてくれる。

俺「気持ちいい」

あさみ「うれしい」

しばらくあさみの舌技に浸っていた。

あさみ「入れたな、いい?」

正常意で挿入した。

あさみ「キュッて入れて」

この発言は意味が判らなかったので、一気に突っ込んだ。

あさみ「ハァッ、アァアッ。アッ」

俺「どんな格好が好き?」

あさみ「バックが、アァッ、いい!」

リクエスト通りバックへ。

あさみ「奥に当たるぅー、気持ちいぃぃー、あぁ」

俺は突き続けた。

あさみ「アッ!凄い動く・・・ね。ハァ!」

5分以上は動いていたと思う。
そして騎乗位へ。
あさみは、カリの気持ちいいところに当たるようにゆっくりと動いてくれる。

俺「出し入れしてるの丸見えだよ」

あさみ「ハァァー、ほんとだぁー、いやらしい」

その言葉に興奮する俺。
でも酒が入ってるせいかなかなかイカない。
たぶん挿入してから15分ぐらい経過してたと思う。
そして正常位へ移動。
俺は、覆いかぶさるようにして腰を振っていた。
するとあさみが、「なかなかイカないね?」と耳元で囁く。
その吐息まじりの声に興奮して俺は気持ちよくなってきた。
するとあさみは俺の耳を舐め始めた。

俺「気持ちいいかも」

あさみ「変態wこれがいいの?ねぇ?」

耳を舐めるピチャピチャする音がエロい。

俺「ああ・・・もう出る」

あさみ「あぁぁ、出していいよ。はぁー!!」

あさみのお腹で射精した。

その後、しばらくお話。
飲んでたときにトイレ行く回数が多かったことの話へ。
あさみは女友達と実況してたというw

「今回は当たり!お持ち帰りされてもいいかも?」みたいなことを話してたらしい。

正直嬉しかった。

後日談だが、それから何度か会い、付き合うことになった。
2年半くらい続いたかな。
でも当時、俺はいい年してバイト生活。
あさみも結婚を考えはじめ、今のままじゃ無理だ愛想をつかされた。
最後に言われた言葉。

「◯◯(俺)は容姿はいいんだけどなー・・・」

それって結局、中身が無いって事だよなw
その言葉が悔しくて、それから俺はある国家資格をとり、今は自営業をしている。
仕事が軌道に乗り始めた頃、あさみが結婚したことを知った。
やっぱり、ちょっと切なかった。

長々と書いてしまいました。
読んでくれた方、ありがとう。