取引先の課長が連れてきたエロい20代

この体験談は約 9 分で読めます。

取引先の課長に飲みに行こうと誘われて、担当の女子社員と課長と私の3人で飲みに行くことになりました。
6時に駅の近くの小洒落た飲み屋で集合。
しばらくは仕事の話や他愛ない話をしていたんですが、課長が突然あるところに電話。

<登場人物>
課長:40代既婚
A子:女子社員、30代既婚、150センチくらい、ぽっちゃりめ。
B子:20代後半、独身、165センチくらい、細いのに胸とお尻はボリューム感たっぷり。
Z:私。

課長が電話したのは、1ヶ月前に退社したB子。
私が関わっている仕事の元担当者です。
今はA子が担当なのですが、課長とA子は仕事上、今でもB子と連絡を取り合っているようで、夜もよく一緒に飲んでいるそうです。

程なくB子登場で場は一気に盛り上がってきました。
課長がいても、女の子が2人いると大抵は仕事の愚痴が始まります。
私は他の会社の人間なのであまり攻撃されませんが、課長はA子とB子から集中砲火。
人間関係やシステムの問題など、もうここぞとばかりに・・・。
まあ普段もよく飲んでいるようなので、私の前で改めてということなんでしょうか。

大体2時間くらい飲んだでしょうか。
4人ともほろ酔い加減になり、元気のいいB子が、「カラオケに行きたい~」と言うと、A子も「よし、行こう行こう」と煽り、カラオケのある飲み屋に移動することに。
お客はうちらだけでした。
どうやらよく来るスナックらしく、みんな顔馴染でした。

歌が始まると音がうるさいので自然と顔をくっつけて話さないと会話が出来ないんですね。
課長も嫌いではないらしく大体デュエットを歌うので、必然的に聞いている時は、残ったA子かB子と話すことになります。
するとA子が旦那の愚痴を言い出しました。

A子「女も30代になるとダメなのかしら?」

俺「どうしたの?」

A「最近旦那がちっともかまってくれないの」

キターーー。
ここはチャンス。
今日は久々にご馳走にありつけるか?

でもA子は年上だし、本当はB子の方が好みなんだけどなとか思いつつ、俺は一生懸命にA子を持ち上げます。
カラオケのデュエットをママに頼んでA子と2人で歌い、曲は忘れたけど歌いながらA子と見つめ合い、これは間違いないと俺暴走気味。
しかし、ここは慌てずにゆっくり飲まそうと、曲が終わってからさらにお酒を勧めます。
だんだんA子がブツブツと愚痴を言い出しました。

(ん、あんまり飲ませすぎるとやばいか?)

しかし、俺も焼酎ロックで飲んでるんで結構効いてます。
トイレに立ってもフラフラして足元がおぼつかないし。
で、頭くらくらするなーと思って席に戻ると、A子がいません。
よく見ると課長とカラオケしてました。
すると今度はB子が近づいてきて・・・。

B「キャー、Zさんおかえりー。大丈夫?ふらふらしてるよー。はい、ここ座って」

B子の横へ座りました。

B「Zさん車でしょう。大丈夫?車置いて帰ったほうがいいんじゃない?」

俺「うーん、そうしたいけど、明日も朝から取引先に行かなきゃいけないから置いていけないんだよ。朝、家からここまで来るのはめんどいしさ」

B「じゃあ、前みたいにデニーズでコーヒー?」

以前に飲んだときもしこたま酔って、デニーズで2時間ほど酔いを覚ましてから帰ったことがあったんで、その話です。

俺「そうだよう。B子も付き合う?大変なんだよ、1人でファミレス2時間いるのはさ」

B「じゃあ、付き合ってあげようかな。奢ってね(はあと)」

む、なんだその微笑みは。
こっちに神が降りたのか?
急遽方向転換してB子にロックオン。
そこから課長とA子が続けて歌っていたので、B子と親密に話ができました。
すると酔った勢いなのか、課長とA子には見えないように、こっそり手を繋いできたり体をすり寄せてきたり、妙にスキンシップが増えてきました。
これは完全に神降臨だと確信。

俺「じゃあ、このあと一緒にコーヒータイムだね」

B「うん(はあと)」

(むー、こいつ可愛いかも)

しかし、B子酒が強い。
焼酎の水割りをグイグイ飲みます。
俺はロックなのでちびちびですが、しかし本当にやばい感じで飲みました。
トイレに行くのもどっかに掴まりながらの歩行です。
こいつ、わかってて俺に飲ませてるなと感じながらも、断れずに泥酔していく俺。

すると、「そろそろ帰ろうか?」と課長の声。

A子も相当酔ってますが、負けじと泥酔の俺。
A子は課長が送って行くとのことで、心置きなくB子と帰ることになりました。
しかし本気で泥酔していたので、B子をどうこうするよりも酔い覚ますのにコーヒーくらいでは無理っぽいと判断。
どうしようかと悩んでいると・・・。

B「Zさん大丈夫ですか?デニーズ行ける?」

俺「うーん、まじ危険な状態かも。コーヒーくらいじゃ酔い覚めなさそう」

B「えー、どうすればいい?」

この時点でB子と俺は密着状態。
腕に胸の感触が・・・。

(あなたは俺を誘ってるんですか?それとも潰そうとしてるんですか?)

そこで、ちょっと勝負に出てみました。

俺「たぶん、このままじゃ帰れないからさ、風呂とか入りたいんだけど・・・。どっか風呂入れるところないかな?」

B「えー、お風呂?うーん、この辺サウナとかないしなあ~」

そんなに悪い反応ではないと判断した俺はさらにプッシュ。

俺「えー、どこでもいいから風呂に入る。B子も酔い覚ますの付き合うって言ったよねー」

B「ふふふ、言ったけどさー。あとお風呂って言ったら・・・」

B子もわかってる模様。
そこの土地にはまったく明るくない俺はB子に連れて行ってもらうしかなかったんで、B子をその気にさせるしか方法はなかったんです。

俺「お風呂って言ったら?」

見つめる俺。
するとB子がいきなりキスしてきやがりました。

神キターーーーーーーーーーーーーーーーー。

もう、いきなりベロチューかましてやりましたよ、俺。
キスが終わって・・・。

俺「じゃあ、お風呂のあるところ行こうか?」

B「えー、行くのー・・・」

この場に及んで、まだ多少駄々こねてます。

俺「行くの!そうしないと帰れないしさ」

B「・・・わかった(ニコッ)」

そして、またキス。
B子はキスが大好きなようで、そこからはちょっと歩いてはキス、キス、キスの嵐でした。

しかし、ここからお風呂のある場所までは距離があると言う。
知らないところで人に連れて行かれるのは結構不安ですね。
まあ時間にすれば10分くらいなんですが、ちょっと怖かったりもしました。
でも無事お風呂のある場所、まあいわゆるラブホに到着。
部屋に入ってもすぐにベロチューしてくるB子。
俺も応戦しますが、ちょっと意地悪してやろうと口を離すと・・・。

B「あん、どうしたの?」

俺「いや、ほらお風呂入らないとさw」

B「そ、そうだよね。酔い覚ましに来たんだもんね」

俺「そそ、お風呂入れてよ」

B「うん、待っててね(はあと)」

(うーん、こいつやっぱ可愛いな)

B子がお風呂を入れに行きました。
お風呂入れている間に歯磨きをし終わると、いよいよバスタイムです。

俺「うーん、脱げないようー」

甘えてみましたw

「しょうがないなあ、ほら」と言って、俺の服を脱がしてくれました。

が・・・やっぱ俺の息子元気なさそうです。
B子がパンツを下げてくれた時も反応が悪く、エネルギー充填30%くらいです。
いつもなら60%くらいはいくはずなんですが・・・。

俺「じゃ、B子も脱ごっか。はいー、ばんざーい」

B「きゃー、私もなの~?いやーん」

俺「そうそう、一緒に酔い覚まさないとさ」

逃げ出すB子を捕まえて裸にさせようと。
しかし下着姿まではさせてくれましたが、その先はストップさせられて自分で脱ぐと。
まあ、そこは諦めて風呂に先に行きました。
いちゃいちゃしている間にエネルギー充填率50%くらいにはなりましたが、このままでは無理っぽい感じでした。

しかーし、そこへB子登場。
胸とあそこを手で隠しながら入ってきました。
めちゃくちゃ萌えました。
胸はCかDカップくらい。
ウエストは締まっていて、でもお尻が大きく、俺好みの体です。
心臓が急にドキドキしてきて、これはいけるかもと。

B「あんまり、見ないでぇ~」

可愛いことを言いますが顔は嬉しそう。
いや、俺のほうが嬉しそう、というか相当すけべな顔していたでしょう。
あとで散々、「Zさんてすごくエッチですね」と言われました。
自分では普通だと思うんですがw

浴槽に手招きして、向かい合うようにバスタブに入りました。
バスタブに入ってきても胸を隠しているので、ゆっくりと手を剥がして胸を鑑賞。

「B子の胸、綺麗だねー」とか言いながらお湯を掛けて優しく撫でます。

B「あーん、だめ(はあと)」

B子が俺の手を摘みます。
こいつはどうしてそんな可愛い反応するかなぁと、ひとり興奮する俺。
嬉しくなって、つい胸に吸い付きました。
そうするとB子は俺の頭をギュッときつく抱き締めて、「ん・・あ・・・」と可愛い喘ぎ声。
気が付くとエネルギー充填80%くらいにはなりました。
よっしゃよっしゃとやる気が漲ってきました。

胸を愛撫していると、腰がずれてマイサンがB子のまんまんにちょうど当たる位置にきていました。
そうすると腰が勝手に動くんですかね。
絶妙のタイミングでマイサンがB子に。

B「あ・・・。ま、待ってZさん・・・ちょっと・・・痛いかも」

俺「あ、ごめん。入っちゃった?」

入れるつもりはなかったんですが、たまたま入ってしまい、十分に濡れていなかったB子は痛かったようです。
慌てて腰をずらしてマイサンを抜きました。

B「もうビックリした、いきなりなんだもん(はあと)」

俺「いや、俺もビックリしたよ」

B「この悪戯小僧が」

マイサンを摘まれました。
う、そんな刺激を・・・。
そこからはお互いの体を流し、綺麗にして風呂を出ました。

でも、この時点でも俺はまだまだ酒が抜けていなかったんですね。
風呂を出ると、猛烈に立ち眩みをしてしまい、へたり込んでしまいました。
体を拭いてくれたB子が立ち上がると、目の前にちょうどB子のお股w
毛は多くも少なくもなく普通といった感じ。
腰の肉付きはよく、触るとプニプニして触り心地も最高です。

ベッドに連れて行ってもらい、「お水頂戴」と言うと、B子は口移しで飲ませてきます。
そのまま第2ラウンド開始です。
ベロチューに移行してB子を下にしました。
キスしながら柔らかい胸を愛撫するとB子が苦しそうに声を漏らします。

B「ん・・・あん・・・Zさん・・・」

すでに火がついていたのか反応がすごくいいので、すかさず下半身に手を持って行くと、そこはすでに大洪水。
まんまんの周りも多少毛が生えていて、毛を掻き分けクリちゃんに刺激を与えると、俺の手をB子は掴んできます。
でもその力は弱く、形だけの抵抗です。
クリを触りながら指を中に入れると、「く・・・いやー・・・」と可愛い声w
乳首もプクッと立っているので、軽く甘噛みしてあげました。
そうすると俺の頭をきつく抱き締めて・・・。

B「Zくん・・・Zくん・・・お願い・・・」

なんか俺、お願いされてます。
どうやら我慢できないようなので入れてあげることに。
しかし俺のマイサン。
この状況でやはりというか85%ほど。
うーん、大丈夫かな?と思いながら腰をずらして突入。
B子の中は大洪水ですんなりスムースイン。

B「はう・・・うーー・・・Zくん、大きぃ・・・」

いや、俺そんな大きくないんですが・・・。
でも、そう言われると男としては嬉しいですね。
張り切って腰を振っちゃいました。

B「ん・・・あう・・・Bくん・・・」

俺の腰の動きに合わせてB子が喘いでくれます。
ちょっと疲れてきたのでB子を抱きかかえて起こし、俺がそのまま後ろに倒れて女性上位へ。
腰を掴んで下からB子を突き上げてあげます。
いっぱい突いてあげるとB子はガクガクしながら倒れてきて俺にキスを求めてきます。
ベロチューしてあげると・・・。

B「はう・・・B子イッちゃうよー・・・Zくん、Zくんは?」

俺「いいよ、B子。イッてごらん」

B「だめ・・・一緒。一緒がいいの・・・あん・・・」

とりあえずイカせようと腰を掴んでフル加速。
パンパンパン、グチュグチュグチュといやらしい音が部屋に響きます。

B「だめだめだめーーー。B子イッちゃうのー・・・」

B子はガクガクくしながらイッてしまいました。

(やばい、俺、今日はダメかも・・・)

そう思いながらラウンド2終了。
しばらくするとB子が顔を上げて、なんか怒ってます。

B「Zくん、イッてない(プンプン)」

俺「へ、ははは。まだまだこれからでしょ」

B「一緒がいいって言ったのに」

俺「わかったわかった。次は一緒にいこうね。それに生だから中にイッちゃまずいでしょ」

B「うん、お腹に出してね」

そう言いながらマイサンをニギニギしてきました。
おいおい、早いな。
やる気満々ですか、B子さん。
じゃあ俺も頑張ってイクかなと思い、B子をうつ伏せに。

B「あん、何?」

俺「いいからいいから、後ろからは嫌い?」

B「えー、わかんなーい(はあと)」

君のその笑顔はなんですか?
かまわず腰を高く上げさせて第3ラウンド開始。
まだまだ大洪水なB子のまんまん。
にゅるっと簡単に俺のマイサンを飲み込みます。
体位を変えたせいか、ぐじゅぐじゅっといやらしい音が響きます。

B「ん・・・Zくん・・・やっぱり大きい・・・キツいよー」

俺「うー、気持ちいいよB子、大丈夫?」

B「うん、大丈夫。いっぱいいっぱい入ってくる・・・」

どうやらB子はまんまんあんまり大きくないようです。
バックからガシガシ突いてあげると、一層B子は喘いでいます。
B子がキスを求めて顔を捻るのが苦しそうなので正常位に戻し、キスしながら腰を振ってあげるとまたもやB子はこみ上げてる模様。

B「あ、あーー・・・Zくん。お願い・・・イッて、一緒に・・・」

俺「うん、わかった。B子・・・イクよ・・・」

俺、腰が抜けるんではないかというほど動かします。

B「はあ・・・はあ・・・Zくんもうだめ、B子またイッちゃうよ、Zくんは?Zくんは?」

俺、やはり今日はダメです。
腰を振れば振るほど疲れてきてイケそうにないです。

B「あーん、1人じゃイヤーーー・・・ああ・・・う・・・」

腰は疲れましたけど、頑張ってB子をイカせました。

はあ・・・やっぱ飲みすぎはイカンです。
エネルギー充填90%くらいまでは行きますが、波動砲発射まではいけません。
B子がぐったりしている横で俺はタバコを吸いつつ少し反省しました。