処女の従妹に誘われて風呂場で童貞喪失

この体験談は約 3 分で読めます。

夏のある日。
親戚が遊びに来て、その中に従姉妹のカナエ(中2)がいた。
カナエとはよく、山や近くの野原とかで遊んでいた。
そうしてこの日も遊び、夕方になった。

クタクタになった俺はカナエと別れて風呂に入ることにした。
着替えを持って脱衣所に入ったときだった。
下着姿のカナエがこっちを向いて立っていた。
俺は驚いてしまった。

「何してんの?」

「クスクス。ねぇ?ヤらない?」

俺は耳を疑った。
けれど下着姿のカナエの意外な一面に魅了されてしまって、俺は黙ったまま頷いた。

「えへへ、じゃあ、あそこ舐めるよ」

ズボンを下ろされ、そのまま舌でレロレロと先を舐め始めた。
その後、カナエは不器用ながらも口に咥えて上下にしゃぶった。

「くっ・・・」

くちゅくちゅと音を立てながら、カナエが上目遣いで俺を見てくる。

「うあ、出る」

俺はそのまま口の中に出してしまった。

「ひゃあっ」

カナエが驚きながらもレロっと俺の精液を指でかき混ぜた。
そしてお得意の顔で言った。

「クスクス。ねぇ、次は何がしたい?」

そう言うとカナエは下着を脱いで全裸になった。
俺も全裸になった。

「カナエと繋がりたい」

俺の言葉にカナエはまたクスクスと笑った。

「いいよ。早くヤろ!」

俺はカナエを長椅子に寝かせ、正常位にさせてゆっくりと入れた。

「ふわっ」

カナエが甘い喘ぎ声を出した。
カナエのあそこは愛液でいっぱいだ。

ちゅっちゅ、ちゅっちゅ・・・。

奥に突き入れるたびにいやらしい音がした。
さらに奥に入れると、処女膜に当たった。

「破るよ」

俺はカナエに言った。

「あぁあん、う、うん。でも優しくね」

「わかったよ」

俺はゆっくりと奥に入れた。
これでカナエも処女卒業だ!
と、そのとき、外でガラッと音がした。

(えっ!?誰か来た!)

俺は焦った。
こんなことがバレたらマズい。
なんとかせねば!
俺はすぐさまカナエと繋がったまま風呂場に逃げ、シャワーをひねった。
なんとかカナエと寝転がって隠れることができた。
だが、ガラッと扉が開いた。

「ねぇ、帰ったの?」

(あ、姉貴~!?)

俺は戸惑った。
カナエと繋がっているせいで、まともに話せるか心配だった。
カナエもそうだ。
喘ぎ声が高いので、俺はともかく先にカナエがバレちまう。

(どうしよう・・・)

俺はうつ伏せのカナエを仰向けに寝かせ、左手でカナエの口を塞いだ。
これで大丈夫だろう。
そう思ったときだ。
こんな状況の中、カナエが腰を動かし始めた!

(な、何しやがる!)

カナエが喘ぐ。

「あぁぁ・・・ふぅん・・・はぁ・・・が、我慢できないよぉ・・・ぁぁぁ」

カナエは快感を確かめるようにゆっくり腰を動かしている。
気付けば処女膜は破れていた。

(お、おい、や、やめろ!)

「うあ!」

「どうしたの?」

姉貴がドア1枚隔てて心配そうに尋ねてくる。
や、やばい、だんだん気持ちよくなってきた。
シャワーの跳ねる音に、いやらしい、くちゅくちゅという音が混ざる。

「いや、目にシャンプーが入っただけだよ、大丈夫」

必死にそう言った。
頼む姉貴、早く出てってくれ!

「ねぇ、姉貴。大丈夫だから、本当に」

「そう、わかった。じゃあごゆっくり」

やっと出ていった。
それをカナエも確認したのだろう。

「ねぇ、早く・・・早く」

俺は溜めていた感情を爆発させた。
思いっきり突き上げた。
カナエが激しく喘ぐ。

くちゅくちゅ、ちゃっちゃ・・・。

淫らな水音が鳴り響く。
俺は体勢を正常位に変えてむちゃくちゃに腰を動かした。

「あぁ・・・イク!」

俺はそのまま中出ししてしまった。
そしてカナエもイッた。
こうして俺たちは処女と童貞を失った。

後日、カナエが帰る日。
俺は前から一度、潮吹きが見たいと思っていたので、風呂場で何度もカナエをイカせた。
カナエは中2にして、激しく吹いた。
俺はカナエのイッた直後のマンコに入れて、さらにめちゃくちゃにしてやった。
何度も何度も喘ぐカナエに俺はずっと腰を振り続けた。

そしてカナエは帰っていった。
カナエが帰った後、俺はずっと右手を眺めていた。
また、来年できることを楽しみにしながら。