仲の良かった幼馴染と久しぶりに再会して

この体験談は約 3 分で読めます。

僕には幼稚園の頃からの女の子の幼馴染がいます。
とても仲が良くて、昔はよく遊んでいました。
仲が良すぎるくらいでしたが・・・。

たとえば温泉などに行っても僕たちはどちらも男湯に入りました。
なので裸など見慣れたものです。
くすぐり合いなどもよくしました。
それも小学生まででしたが。

その子は高校の時に遠くへ引っ越して行ったので、それっきり会わなくなってしまいました。
高校生の間はなんだか悶々として、彼女のことを想像して自慰行為をしました。

それからしばらくして僕が大学生になったときのことです。
夏休みにいつものように僕がバイトをしていると、何だかすごく彼女に似ている女性がお客として来ました。
人当たりの良いその人はとても好印象でした。
普通に接客をして、その時はただ見送りました。
あとで僕が1人でレジ閉めをしていると、さっきの女性が僕の所へ戻ってきました。
もしや?と思いながらも、僕はあくまでお客さまとしてて対応しようとしました。
(クレームという可能性もあるので)

すると、その女性は第一声、「◯◯(僕の名前)だよね?」と言いました。
僕の疑問は確信に変わりました。

「やっぱり□□だよね?久しぶり!」

「本当に久しぶり!」

「もうすぐ閉め終わるから待ってて」

そう言うと彼女は「いいよ」と言って待ってくれました。
全て終わってから、僕は彼女と一緒に帰りました。
大学は地元なので帰って来ていたそうでした。
家は前に住んでいた所だそうです。

「◯◯の家に行きたいな」

急に彼女が言いました。
幸い部屋は片付いているし、親は寝ているし、明日は誰も家にいません。
なので僕は了承して、部屋に彼女を招き入れました。
幼稚園の頃から一度も変わらない僕の部屋を見て彼女は懐かしそうにしていました。

僕たちは色んなことを話しました。
昔のことや今のこと。
そして僕はついに意を決しました。
昔から彼女が好きでたまらなかったことを告白すると、彼女は照れながらも「私も」と言ってくれました。

そこからは流れるようでした。
僕は彼女にキスをして、服を脱がせていきました。
大学生とは思えないほどの未発達な胸でした。
でも高校が体育科だったせいか、お腹はスッキリしていてくびれが美しかったです。
しかもマンコには毛が生えていませんでした。

彼女に一通り愛撫すると、彼女は甲高い声で喘ぎました。
僕は興奮してしまいました。
彼女は起き上がって僕の服を脱がしました。
勃起したおちんちんがブルンと現れると、彼女は僕の玉を指でなぞり、先っぽを舌でペロペロと舐めました。
そのあとのフェラチオは想像を絶するほど上手かったです。

代わりに僕も彼女のマンコにおちんちんを挿し込みました。
僕は中学時代からなかなか大きなおちんちんを持っていたので、大学生になった僕のおちんちんは相当大きかったです。
さすがに中出しはまずいので、彼女の口の中で射精しました。
彼女はそれをゴクゴクと飲み干してくれました。

そのあとは僕が駅弁を10分ほど続けていると、彼女はおしっこを漏らしてしまいました。
あまりに可愛かったので、彼女のお尻の穴を舐めました。

それからは週に一度は会ってエッチしました。
たまにですが、カメラを回したりして興奮度を高めたりしていました。
なんにしてもとても良い彼女を持ったと思っています。

今でも3日に1度はエッチしています。