初めての不倫相手は娘の家庭教師の大学生

この体験談は約 3 分で読めます。

結婚して15年、35歳の主婦です。
夫と14歳の娘と3人暮らしです。
若くして人妻となったおかげで、私は夫以外の男を知りませんでした。
でも、ついに私、不倫しちゃったんです。
それも生まれて初めて、自分から誘惑しちゃったお相手は娘の家庭教師で、21歳の大学生です。

夫婦生活には満足していたので、不倫なんてする必要はありませんでした。
彼が特別素敵だったわけでもありません。
なのに、あんなことになるなんて・・・。
私の中に、こんなエッチでスケベな自分がいたことを、生まれて初めて知ったのです。

その日・・・。
夫は出張、娘は修学旅行で、家には私1人でした。
久しぶりの1人きりの家。
私はのんびりとまったりしていました。
そんなときに彼、娘の家庭教師が現れたのです。

彼は娘が修学旅行でいないことを忘れていたと言っていました。
ちょっとドジなところがある彼。
私は好感を持っていました。
だから、この機会にゆっくりお話したいと思い、家にあげて一緒にお茶をしました。

話題は彼の恋愛話になりました。
どうやら彼は失恋したばかりだったのです。
原因は性の不一致だとか。
なんだか離婚した夫婦の言い訳みたいです。
もっと突っ込んで聞いてみたら、どうやら彼はセックスに自信がないみたいなのです。

「なんていうか・・・その・・・アレが・・・小さいみたいなんですよね」

「アレ?アレって何かしら?人としての器とか?」

私、知ってて、わからないふりしちゃいました。

「もう・・・わかってるくせに・・・ひどいな」

「え~、わかんない。ちゃんと言ってくれなきゃ。言ってよ。言いなさい」

「・・・おちんちん」

彼ったら照れちゃって・・・可愛い。

「やっぱり女の人は、大きいほうがいいんでしょ?」

「そうねぇ・・・どうかしら?」

「旦那さんは大きいんですか?」

「あら?それは内緒よ」

実は、かなりの巨根です。
そこに惚れちゃった感じかな。

「ねえ、どのくらいの大きさなのか見せてよ」

「え?だって・・・まずいでしょ」

「何を考えてるの?ただの検査よ。もう!エッチなこと考えちゃって!」

ずいぶんと躊躇った彼ですが、からかう時間はたっぷりありました。
ですから最後には強引に見せてもらいました。
私の手でファスナーを下ろし、パンツを下ろし、おちんちんを見せてもらったのです。

「ど・・・どうですか?」

「う~ん・・・そうねえ・・・」

私、夫以外に男を知りません。
夫が巨根というのも夫の自己申告です。
だから、どうですかと言われても・・・。
夫より小さいけれど、驚くほど小さいわけではありませんでした。

「ねえ、勃起させてみてよ」

「ええ?」

「そうしなきゃ、真のサイズとは言えないでしょ?」

「でも・・・」

「もう!焦れったい子ね」

私は彼のおちんちんを摘みました。
指先で、てっぺんを刺激してあげます。
そして握り締め、擦ってあげたのです。

「ああぁぁ、ダメです・・・お母さん・・・」

「うふふ。硬くなってきたわ。気持ちいいのかな?」

「はい。とっても・・・ああぁぁ・・・」

手の中で脈打つほど大きく勃起したのです。

「どうですか?僕のおちんちん」

「ん~普通だと思うけどなぁ。ちょっと味見させてね」

私はそのおちんちんを舌先で舐めあげました。
ああぁ、なんだか、若いエキスの香りがする。
すごく刺激的・・・。

「ダメです・・・やめてください・・・」

「え~、こんなに勃起させて、やめちゃっていいの?」

「そ・・・それは・・・」

「本当はどうしたいの?」

「お母さんはどうしたいんですか?」

「私があなたに聞いているの?どうなの?言いなさい」

私はおちんちんを弄りながら、彼の方から「エッチしたい」と言わせたくてたまりませんでした。
彼はいつまでもウジウジしています。
この辺りかな、ふられた原因は?

「早く言わないと、このままイッちゃうんじゃない?」

「ああ、でも・・・」

「早く言いなさいよ!早く、早く!」

「ああ、もう、ダメですったら!」

焦れったくなった私は彼を強く抱き締め、ソファに押し倒したんです。
そして、キス・・・。
胸を揉まれ、彼がパンティの中に手を入れてきて・・・。

「ねえ、ねえ、ちょっと待って」

彼は素直に動きを止めました。
素直すぎでしょ?

「続きはベッドでしましょう」

「はい」

私たちは寝室に移動しました。
そして激しいセックスに没頭しました。
彼は決してエッチが上手ではなかったけれど、若々しくて激しいエッチはとても素敵でした。