上司のおもちゃにされていた彼女

この体験談は約 3 分で読めます。

昨日のことです。
仕事が終わった後に彼女と遊ぼうと思って電話したのですが、「ごめーん。今日は無理!家にお母さんが来るんだ」と言って断られました。

彼女は一人暮らしで、お母さんはよく来ますが、先週も来たばかりです。
ちょっとおかしいと思ったので、僕は合鍵を使って彼女の家に入りました。
まだ彼女は帰っていないようでしたので、隠れる場所を探して待っていると、外から話し声が聞こえてきたので、とっさにクローゼットの布団の隙間に入り込みました。

ドキドキしながら隠れていると、やはり相手はお母さんではなく、渋い男の声でした。
話を聞いていると、どうやら彼女が働いている会社の上司のようでした。
僕は彼女には尻に敷かれているのですが、上司と会話している彼女は別人で、上司は常に命令口調でした。
その上司はチンピラみたいな話し方をしています。
彼女の仕事は金融関係のテレアポなので、社内には強面の人も多いと言っていました。

すると男は部屋に入って5分もしないうちに、「おい、しゃぶれ!」と言い出しました。
いつもの彼女ならそんな言い方されたら怒るはずですが、「えっ、うん、分かった」と大人しく言う通りにしています。
男は、「もっと奥まで入れろ、おらっ」とかなり強気な口調です。
彼女も嫌ではない反応みたいでした。

すると男は、「お前みたいな変態のドM女はもう濡れてんだろ?」と言いました。

僕は「ドM」と聞いてビックリしてしまいました。
いつも強気な彼女は、実はドMだったらしいのです。
男が、「もういいからマンコ出せ」と言うと彼女は、「はい」と言って自分で服を脱いでいるようでした。

「今日は彼氏どうした?」と男が聞くと、「用があるからって断ったの」と彼女は言っています。

上司「用ってなんだよ、おマンコ触って欲しいんだろ?そう彼氏にはっきり言えよ」

彼女「そんなー、無理よ」

上司「俺のチンポの方が好きだろ?」

彼女「うん、好き」

上司「彼氏のとどっちがデカい?」

彼女「全然こっち」

上司「じゃあ自分で入れろ」

彼女「うん、ゴム持って来る」

上司「ふざけんな、生しかしねーよ」

彼女「えー、でも・・・」

上司「さっさと入れろ」

彼女「はい・・・」

彼女は僕との時は絶対ゴムを付けるのに、この男には逆らいませんでした。
そして彼女の大きな声が響いてきました。
彼女は騎乗位で自分から動いているようでした・・・。
男は常に怒鳴るように言葉責めをしています。

上司「お前濡れすぎだろ、変態女!股ぐらベチャベチャじゃねーかよ!彼氏に謝れよ淫乱女!」

そんなことを言われる度に彼女は喜んでいるようでした。
そして彼女は自分で腰を振りながら、「あああん、あん、あん、駄目、イキそう、駄目、イク」と叫んでイッてしまいました。
男は、「勝手にイッてんじゃねーよ」と言いながら彼女をビンタしているようでした。

その後、体位を入れ替えたような動きがあってすぐ、「ああああん、すごい、これ、駄目、いやあああああ、すごい、奥に、奥に来る、いやあああ、すごい、いい!」と彼女が叫んで、あっと言う間にイッてしまいました。
男は関係なくピストンを続けました。

上司「出すぞ、いいか、イクぞ!!!」

彼女「イッて、出して、中に出して、いい、出してえええええええええええ」

彼女は叫びながら一緒にイッていました。
僕はショックでしたが、自分でやりながら2回もイッてしまいました。

いつも強気な彼女が、実は粗末に扱われるのが好きなドM女だったことが発覚した一日でした。
そして僕に寝取られ属性があったことも・・・。