一流女子大出の若妻を2人のホストに抱かせて撮影会

この体験談は約 4 分で読めます。

一昨日、私のお客さんである若妻の愛さん(31歳、秋吉久美子風の美女)から会いたいと携帯にメールが着信。
最近、他に見つけた若妻さんに中出しして調教中のため、無駄な射精はするまいと思っていたが、この奥さんがお客を紹介してくれるって言うんで、ピンッときた私はこのお誘いを快諾しました。
そう、この秋吉久美子似の奥さんをビデオ撮影しようと考えたのです。
(後々便利ですから)
それで待ち合わせのホテルにあらかじめ出張ホストを2人呼んで、3Pさせてこの酒池肉林の変態地獄を撮影しようと思いつきました。

そうとは知らぬ奥さん、車で迎えに行くとスリットの入った白いスーツを身にまとい、普段在宅している時とは打って変わってオシャレに決めて現れました。
車に乗せると長い足を組み、「久しぶりね」と早くもネッチョリ口調で期待しているようです。

「今日はボクの知り合いも来てるから楽しくやりましょう」と言うと不安な顔つきになりましたが、「用事が済んだら2人っきりになれるよ」と言うと、ゴクッと唾を飲んで頬を赤らめました。

ホテルへ着くなりチェックイン。
打ち合わせと称してホスト2人に撮影を了承してもらい、隣室で待つ奥さんと4人で乾杯。
このホスト達、若くて格好良く会話も上手!
奥さんワインも入ったせいか、すぐに打ち解けていい雰囲気に。

そして彼女がトイレに入った隙にワインへ媚薬を混入。
30~40分経過してトロ~ンとした目つきになったところでホスト達がじゃれあいながら愛さんをベッドに運んで優しくキス。

「もうダメ、ヤメテん、うふふっ」

悪い感じではありません。
部屋のカーテンを閉めて薄暗くしてから私も加わりました。
熱いキスを交わすとネットリと舌を絡ませてきます。
白いスーツのスカートから伸びた脚に沿って徐々にアソコへ指を這わせると・・・。

「アァッ、ダメよ、見られるでしょう、ハァッン」

「彼らは口が堅いから大丈夫だよ、君が良かったら愛してもらいなさい」

そう言った瞬間、奥さんはガクガク脚を震わせました。
私は身を引きホスト達にバトンタッチ。
もう彼らは絶妙の呼吸で愛さんを愛撫しまくります。
そして1枚1枚優しく服を脱がせると、奥さんはなんの躊躇いもなくホスト達に身を任せ、「アァッ、ハァァツ感じるわぁ」と積極的です。

ここから私はビデオをセットし、角度を合わせてスイッチを入れました。
やがてホスト達は全裸になり奥さんにペニスを見せつけます。
2人の若くそして逞しいペニスに奥さん驚きの表情がだんだんといやらしいメス猫のように変化していきます。

片方のホストが奥さんのパンティに手を入れ、クチュッ、クチュッと音を立てながら愛撫すると、「アァァッ、イィィィッ、ハァァッ」と唸り、もう1人が奥さんの顔へペニスを近づけると、もう夢中になって奥さんの手首ほどの太さのペニスをしゃぶります。

「はぁぁっ、凄い大きいぃ」

「奥さん、もうすぐその大きいのがアソコに入りますよ」

もう狂った野獣のように叫び声を上げまくります。
私はホストに奥さんの喉の奥までペニスを入れるよう指示を出してカメラをアップに調整しました。

「ゲゲゲホッ、オオォォッェッ」

清楚で可憐な奥さんがヨダレを垂らして巨大チンポを吐き出します。
奥さん、もう1人のホストに犬のようなスタイルにさせられて2本指でオマンコをかき混ぜられます。

「アァァッ、ダメダメ、もうダメ、私っ、おかしくなっちゃう!ヒィィィッ~ッ」

奥さんは頭を振り乱しました。
私がホストにWフェラを指示すると、奥さんはもう巨大ペニスに顔をベトベト光らせています。
すかさず巨大バイブを奥さんに挿入。
あっと言う間に激しく痙攣し、奥さんは狼のような雄叫びをあげて絶頂に達しました。

しかし撮影はまだ本番。
中出しショーが残っています。
もうシーツは奥さんの愛液が迸りビショ濡れです。
そしてついにホストとの3Pが始りました。

「あぁぁっ凄い凄い、イッちゃいそうよもうダメ」

「奥さん、もっと感じて楽しんで下さい」

ホスト達、怒涛のピストン攻撃です。
バックで絶頂、足を高く上げてはまたイキっぱなし・・・。
もう奥さんはただの獣です。
代わる代わるペニスを入れられる中、ホストが目で合図をくれました。

「よーしっ、中に思い切り出して下さい」

「あぁっ、ダメダメ、中はダメよぉ!」

奥さんは悶えながら抵抗するものの、「あぁっっっl」とホストが発射。
声にならない唸りを上げて奥さん果ててしまいました。
続けざまにもう1人のホストが奥さんを後ろから貫きます。

「ヒヒヒィィィィッ~ッ!もう死んじゃう死んじゃぅ」

奥さんは叫び続け、やがてもう1人のホストが中出しフィニッシュ。
一部始終をビデオに納めた私も大満足です。
謝礼をホストに渡すと2人は帰っていきました。

奥さんは、もう全身が痺れて動けません。
秋吉久美子似の美人な奥さんは完全に色に溺れた淫乱な浮気妻と化してしまいました。

「奥さん、もうご主人とはエッチできませんねぇ、どうしましょう?」

「剛士さん(私)がいるから、私を好きにして」

「そう、奥さんにはボクがいるから大丈夫、これからもっと気持ちいいことしてあげるからね」

とか言いつつ心の中では悪魔笑いです。
さーてこのビデオ、早速自宅で編集し、何かの時に使おうと保存しときます。
ホント人妻って困ったもんです。
やってもやってもまだ足りないみたいで、もう飽きちゃいました。
しかし、一流女子大を出て一流企業の旦那さんと幸せに暮らしてまだ不満だなんて・・・。