中出し後に精液まみれのアソコをクンニする白人のセフレ

この体験談は約 3 分で読めます。

私の自慢は白人のイケメン外国人のセックスフレンドがいることです。
この白人の男友達とは、たまに会って、ひたすらエッチだけ楽しむ大人の関係です。
彼は結婚していて、奥さんは日本人です。
つい4日前にも会って2時間ばかり激しくセックスしてきたので報告します。

いつも通り奥さんが仕事に行った後、彼の家を訪れたら待ちきれなかったみたいで、いきなり夫婦の寝室に連れて行かれて服を全部脱がされました。
私がクンニが大好きなのを彼は知ってるので、すぐにベッドに四つん這いにされて、お尻を突き出すようなすごくいやらしい恰好でクンニ開始。
彼は今まで知ってる中でも一番クンニが上手いんです。
もう隅々まですごい丁寧に時間をかけて、私のアソコをゆっくり舐めたり吸ったり。
何度も何度も絶頂させられて、アソコから愛液が溢れ出てくるのを感じます。

昼間の明るい部屋の中で、名前と住所しか知らないような男の人に一番いやらしいところを舐められながら声をあげてる私の姿がベッドの横の鏡に映って余計に感じちゃうんです。
仰向けにされて両足を大きく広げて、彼がヌルヌルになった私のオマンコに顔を埋めているのを足の間からじっと見るのも大好き。
私のエッチなお汁で口の周りを光らせながら、すごく美味しそうに食べてくれるんです。

私も自分のオマンコを指で開いてクリトリスを剥き出しにして、「ここ、吸って」とおねだりしちゃったり。
私はアソコの毛をほとんど剃ってパイパンにしているので、彼の舌がコリコリに硬くなった私のクリトリスを左右に舐め上げていくのが最高によく見えるんです。
彼の手が私のビクビクしている腰を押さえるので、忙しい時は自分で自分のおっぱいを触ってみることも。
男の人って、女がこうやって淫乱に振る舞うのを見るのが大好きみたいで、彼も私のオマンコを舐めながら、「すごく可愛いよ」と誉めてくれるのです。
すごく長い時間かけて丁寧にクンニをされると必ず何度もイクんですけど、その時の私は彼の髪の毛を掴んで、グイグイあそこに押し付けながら叫んでるそうです。

そうやって何度も絶頂させられた後、やっと挿入。
彼の太くて硬い極太ペニスが入ってくると、クンニとはまた違った気持ち良さで声が止まらなくなっちゃいます。
外人のはやっぱり大きいのか、体の奥の方まで入ってきて、時々痛いくらいです。
体位を変えながら散々突かれて、大体最後は私の胸にたっぷり出してくれます。

私はピルを飲んでるので、中出しもしょっちゅうです。
中で出された後、トローって彼のが出てくるのが分かるんだけど、この人のすごいところは、自分で中出しした後、すぐにクンニをしてくれるところ。
私のお汁と彼のザーメンでグチョグチョになったアソコを、彼はとても丁寧にナメナメしてくれるのです。
イッたばかりのぼーっとする頭でクンニされてる時って本当にくつろげて幸せを感じます。

彼との会話はもちろん英語なので、海外の洋物ポルノに出てくるような言葉で彼に色々おねだりしちゃいます。
普段はおしとやかで上品に見える私が裸になって、「Fuck my pussy」とか言ってるのを聞くと余計に興奮すると彼が言ってくれたので、いつもそういうことを多く言うようにしてます。

この間はついにオナニーするところまで見せちゃいました。
彼が、「女の人が自分のオマンコを片手で広げながら、もう片方の手で男のモノを導くのが見たい」と言うので、それもしてあげたし。

たまにしか会えない白人のセフレですけど、アダルトな関係がもう1年以上も続いています。

タイトルとURLをコピーしました