控えめ女子をマンションの壁に手をつけせて突きまくった

この体験談は約 5 分で読めます。

これはオレが高1の時の話です。
あれは確か9月くらいだったような気がします。
当時、彼女と別れて2ヶ月くらい経ち、そろそろ彼女が欲しいなぁ~と思っていたところ、友人が「俺の彼女とその友達となんだけど飲みに行く?」と聞いてくるので、二つ返事でOKしました。

男:オレ、友人、その他1名。
女:友人の彼女、他2名。
計6人で飲みに行くことになりました。

その日は土曜日だったこともあり、行く店行く店で「いっぱいです」とか「未成年者はお断りです」とか言われ途方に暮れていると、「じゃー酒買って外で飲もうぜ!」と友人が言ってきました。
みんなもそれに賛成し、とりあえず酒屋でビールやチューハイなどのお酒と食い物を買って、近くの野球場(みたいな公園)に行きました。
それまでも何度かはお酒を飲んだりしていましたが、外で飲むのは初めてだったので、なんだか遠足みたいな気分で凄く楽しかったことを覚えています。

思い思いのお酒を手に取り、みんなで乾杯した後、1人ずつ自己紹介が始まった。
A子は目鼻立ちも良く、綺麗系の子だったのですが、友人の彼女だったので特に気にも留めませんでした。
B子はおっとりとした顔立ちでスタイルが良く、とてもよく笑う子でした。
C子はかなりヤンキーちっくで細身、あまり喋らない子でした。
オレ的には特に誰狙いというわけでもなく、とりあえずその場を楽しんでいました。

時間も酒も進み、みんなかなり出来上がってきたところで飲み物がなくなり買出しに行くことになった。
じゃんけんで負けた友人とその他1名で買出しに行くこととなり、その場は女の子3人とオレという構図になってしまった。

するとB子が、「◯◯君は彼女いないのですか?」と質問をしてきた。
オレは、「いないよ、ちょっと前に別れちゃった」と答えた。
内心(あれ?もしかしてB子はオレに気がある?)などとスゲー勘違いしつつ、「B子はいるの?」と逆に質問を返した。
するとB子は、「彼氏はいないよ、只今募集中♪」とのこと。
オレはクリスチャンでもないのに(神様ありがとう)と思い、付き合う話も出てないのにまた脳内でイッてしまった。

その後もB子と会話が進み、かなりいい感じになったところで、ふとC子が気になった。
そういえばまだ一言も話してないし、誰か(女の子意外)と話をしている様子もなかった。
買出し班が帰ってきたのをきっかけにオレはC子に話し掛けてみた。

オレ「何飲む?」

C子「レモンのやつ・・・」

あんまり元気がない。

オレ「どうしたの?元気ないじゃん」

C子「人に話しかけるのが苦手でずーっとお酒飲んでたから酔っちゃったのかな?」

オレ「それなら向こうで少し休もうか?」

C子「うん・・・」

オレは自分ビールとレモンサワーを持ってちょっと離れたベンチに向った。
しばらく無言でベンチに座っていると、小さな声で「ありがとう」と聞こえた。
オレは、「ごめんなぁ、気付いてあげられなくて・・・」となぜか謝っている。
なんとなく1人にさせてしまったことに対する罪悪感みたいなものがあったのかもしれない。

そこから2人は少しずつお互いのことを話し始めた。
学校のこと、友達のこと、恋愛のこと、etc・・・。
そのうちBOOWYの話になって2人の気持ちが繋がった。
やっとC子の顔に笑顔が出てき始めた。
決して大きくは笑わないが、はにかむような笑顔がとても愛くるしく思えた。
友人の「お前ら何してんだよ~」の声に2人はみんなのところに戻っていった。
何か少し吹っ切れたようなC子がそこにいた。

「あれ?もうビールねえの?」と聞くと、「そんなのとっくにねーよー、今度は◯◯(オレ)が買ってこいよー」と言われ、渋々買い出しに行くことにした。

するとC子が「私も行こうか?」と言うので、2人で行くことにした。
みんなが見えなくなる頃、2人は自然に手を繋いで歩いていた。

しばらくして酒屋には着いたが店は閉まっていた。
周りを見渡すとコンビニがあるのに気付いた。
しかし、そこにはお酒は売っていなかった。
呆然と立ち尽くしどうしようか考えている時に、C子が「自動販売機はやってるよ」と言うので、そのコンビニで食べ物を買って両替をし自動販売機で酒を買うことにした。

無事お酒も買え、2人はまた手を繋いで歩き始めた。
オレは来た道よりも少しだけ遠回りの道を選んだ。
C子とオレの距離は確実に近づいていた。
街灯の明かりだけが無言で歩く2人を照らしていた。

不意に横を見るとC子もオレを見ている。
そのままオレは顔を近づけた。
C子はそっと目を閉じた。
2人の唇が重なった。
通行人がいるにも関わらず、お互い唇を離すことが出来なかった。
どれくらいの時間が経ったのだろう。
しばらくして顔を離した。
C子を見ると瞳が潤んでいた。

オレはそのまま手を引っ張り、薄暗く人通りの殆んど無いマンションの影に向った。
そこについた途端、激しく抱き合いまたキスをした。
オレは抱いていた手を離しC子の胸を触っていた。
最初は優しく触っていたがだんだん手の動きが激しくなり、いつの間にか服は半分捲れあがって直に揉んでいた。
乳首が硬くなったのがわかり、オレは頭を下げて乳首を舐め回した。
C子の口から吐息が漏れる。
オレはもう抑えることが出来なかった。

そのまま左手をC子の中に滑らせた。
一瞬体をビクッとさせたが、そんな事に反応している余裕などオレにはなかった。
前戯なんて呼べる代物ではなかったと思う。
ただ指を激しく出し入れしているだけであった。
C子の中はビチャビチャと音がするほど溢れていた。
吐息から喘ぎ声に変わった。
オレはもう我慢の限界だった。

「入れてもいい?」

オレが聞くとC子は無言で首を縦に振り、小さな声で「私でいいの?」と聞いてきた。
オレはその言葉に激しく興奮していた。
下着だけ脱がせ、マンションの壁に手をつけせて後ろから突きまっくった。
ほんの2~3分くらいだろう。
激しく興奮しているのと気持ち良さですぐにイッてしまった。
抜く余裕もなかったオレは中出ししてしまった。
C子のアソコから流れ出てくる精子にさらに興奮したオレはそのまま立て続けに突きまくった。
2回目も終わり、少し冷静さを取り戻したオレは「ごめん」と言い、駅前で貰ったポケットティッシュを差し出した。

C子「謝らないで。一緒になれて嬉しかったから・・・」

その言葉を聞いたオレはギュッとC子を抱き締めていた。

その後オレとC子はみんなのところに戻り、当然のごとく、「何してたんだ?」とか「ビールがぬるい」だとか散々言われ、ずーっと酒の肴にされてしまった。
帰り際、オレのTEL番をC子に渡し、後日2人で逢うことを約束してそれぞれ家路に就いた。

その後、オレとC子は付き合いだすものの8ヶ月くらいで別れてしまった。
学校にも居づらくなったC子は退学する羽目になった。
ここにも修羅場的要素があるのだが、スレ違いなので機会があったらどこかに書くと思います。
長文、駄文、すみませんでした。

後日談だが、B子はオレのこと何とも思っていなかったそうです。
(誤爆しなくて良かった・・・)